労働運動

2015年8月 1日 (土)

府労委で、千代松市長が3連敗!!

30日、府労働委員会は、千代松市長が行った行為を不当労働行為と認定し、救済命令を出した。

千代松市長は、これで3回目の完敗! 千代松市長は、職員に謝罪し、労働組合破壊行為をやめなければいけない!

今回の命令は、1、事務手数料を徴収することなく、チェック・オフを再開すること、2、労働組合がこれまでに組合費集金のために金融機関に支払った振替手数料相当額を支払うこと、3、誓約文の手交、です。千代松市長がやったことが、完全に違法行為と認定され、改善命令が出されたということです。これまでの命令以上の内容です。千代松市長の完敗です!

これは、労働組合を弱体化させるために、団体交渉も拒否して強行した悪質な不当労働行為=労働組合破壊行為です!

チェック・オフとは、組合費を給料から天引きして労働組合に振り込むことで、公務員はもちろん、民間会社も99.9%やっています。

泉佐野市は、全国で初めてチェック・オフに手数料として3%徴収すると、嫌ならやめると、昨年2月に急に労働組合に通告してきた。そして団体交渉にも応じず、6月給料から強行したのだ。話し合いも何もせずに、強行する、これが千代松流で、これが労働組合法第7条に違反する不当労働行為なのだ!!

組合費を徴収するチェック・オフを実質的にやめるというような、露骨な労働組合破壊をやったのは橋下大阪市長だった。千代松市長は2人目だ。橋下市長もチェック・オフをやめて、府労働委員会で不当労働行為と認定された。連敗が続いている。

ともかく千代松市長は、これまで労働組合を敵視し、破壊するために、まず給与を下げ、つぎに組合事務所の賃料を設定し払えなかったら出ていけと強行し、そして昨年チェック・オフの実質的な中止、と3つの悪どい攻撃をやってきたが、ことごとく「不当労働行為」と断罪され、改善命令を出されている!!

こんな法律に違反し、でたらめなことをやる市長はいない。市長や知事は憲法と法律を守る義務がある。それができないのであれば、やめなければならない!

橋下市長は、多くの労働者、市民の闘いで、ついに大阪都構想の住民投票で打倒された。千代松市長も同じ運命をたどるのだろう!

国の方でも、安倍首相の支持率が急落し、不支持がはるかに上回った!7月15日強行採決に、たまりにたまった国民が怒りが爆発した結果だ!そして参議院で戦争法案の審議が始まったが、ますます国民の怒りが高まってきた。開き直りと決めつけの答弁で、乗り切れと思ったら大間違いだ。もういつ打倒されるのか、わからない情勢に入った!! 驕る平家は久しからず!だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月22日 (金)

不当労働行為を認定、千代松泉佐野市長に改善命令!

21日、大阪府労働委員会が千代松泉佐野市長に対し、不当労働行為を認定し、市職労への謝罪と、団体交渉への誠実な対応を命じましたsign03 

これは労働組合法第7条2号で、団体交渉を拒んではいけない、と、同条第3号で、労働組合への不当な支配・介入してはいけない、に違反する不当労働行為と認定され、謝罪と改善命令が出されたものです。 

この事件は、千代松市長が、労働組合事務所の使用料を一方的に決めて、団交にも応じず、「払わなかったら出て行け」とする処分に対する、違法認定と改善命令です。 

1月13日府労委命令に続いて、千代松市長は2連敗です。労働組合を敵視し、資本家をもうけさせるために民営化や非正規職化、を強引にやる千代松市長の不正義性が明らかになったのです。

この事件は、昨年3月、労働組合事務所の使用料を一方的に決め、団体交渉要求に応じなかった。千代松市長は事務所使用問題は「市長の管理運営事項」だとして、団体交渉にも応じず、処分を決定した。「管理運営事項」と橋下市長と千代松市長はつっぱっていますが、労働委員会と裁判で認められたことはありません。 

橋下大阪市長も労働委員会で5連敗しています。労働組合の団結権は、憲法第28条でしっかりと規定されている。労働組合の役割は、労働者の生存権を保証するのに必須不可欠な団結です。労働組合と労働者の権利は、長い長い闘いで、勝ち取ってきた生存権です。給与、労働条件、解雇などなど、ブラック企業が横行する今の時代にこそ必要です。 

さらに、戦前に戦争を止められなかった痛苦な反省として、労働組合の団結権を明記しました。戦争に向かうときは、時の権力は労働組合の団結を破壊しにきました。非合法化し、大政翼賛会を作って戦争動員体制を作りました。労働組合が健全で、反戦運動をやれば、戦争はできないからです。 

だから、安倍政権は戦争法を通すために、労働組合への攻撃を強めています。法律を作っても、労働組合と住民運動、市民運動が、しっかり闘って運動していれば、戦争はできません。 

だからみなさん、労働組合を守って、闘う労働組合に変えて、盛り上げて闘いましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

橋下市長と維新の会が負けた!

住民投票で、大阪市民は「大阪都構想」の反対の意思を示した。橋下維新の会が言う「大阪都」など、都市問題を何一つ解決しない。無駄な事業を一杯やって、市を民営化して、民間の企業をもうけさせるだけだ。  

橋下市長は、一貫して権力闘争をやってきた。そして敗北した!!  

大阪都構想などは、手段であって、最終点ではない。大阪の権力を取り、次は日本の権力を取ろうとした。そのために、労働組合を解体し、民営化し、関経連など資本家の支持を取りつけ、頂点に上ろうとした。 

その前に立ちふさがったのが、大阪市の労働者だ。どんな脅しにも屈せず、職場で団結を拡大し、労働委員会や裁判で、ことごとく勝利した。  

この時点で、橋下政治は破産していたのだ!!市役所の労働者の闘いこそが勝利の核心にある!!  

みなさん、新自由主義は世界中で次々に破綻している。
安倍政権の株価維持政策は、もう限界に来ている。戦争政治、憲法改悪のたくらみも、沖縄から突き破られている。世界情勢は変わりつつある! ともに闘いましょう!!sign03

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年3月27日 (金)

3月議会ー職員の給与を削って商品券を配る

 3月議会が終わった。問題はいっぱいありました。4月に市長選挙があるので、公務員攻撃や高齢者へのバラマキがやられている。

今回は、「高齢者生活支援事業」について書きます。
この事業をひとことで言うと、職員の給与を削って、高齢者に商品を配る、バラマキ事業です。

理由は、次の期の介護保険料が、月に1,353円も上がるので、約2万2千人に、2,000円から1万2,000円の商品券を配るというのです。総額で1億7000万円もかかります。

裕福な市であれば、福祉施策としてできるでしょうが、早期健全化団体から脱却したばかりで、職員の給与も特別職の報酬も議員報酬も削るのに、商品券をばらまくのか。

財源は何か、職員の給与です。4月から4%~9%削る、5年間も。年間1億6千万円。それを全部、商品券にして配るというのです。4月市長選挙があるから、配るのか。

私は、議会本会議場で、反対討論をしました。職員の給料を削って、商品券を配るというやり方があるのか、職員にも生活がある。生活費を無理やり削られて、商品を配るなど、我慢できるのか。民間の労働でも、給料を削られて、社長の交際費に使われたらおこるでしょう。

だいたい、介護保険料がこんなに上がるのは、市長の失政ではないか。3年前に、保険料を抑えたために、3.3億円も赤字を作り、来期に上乗せするから、1353円も上がるのだ。それがなかったら、900円で済んだのに。市長の責任だ。それを職員給与で補うのか。

介護保険料が月6000円以上に上がるの市は全国に3割を超えると報道された。大阪市は6758円にもなる。これは、介護保険制度の問題だ。国の責任だ。消費税で賄うといっていたのに、保険料の25%しか国は負担しない。国保よりも少ない。

ともかく、千代松市長のやり方は、むちゃくちゃだ。皆さん、どう思いますか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

メーデー宣伝

Dsc000641日はメーデー、朝から駅宣伝、市役所で、夕方からは泉佐野駅でビラ配りと宣伝カーで労働者に「団結を取り戻して、共に闘いましょう」と訴えました。

市役所では、千代松市長が妨害に来ました。「やめろ!」といってくる。私は路上で宣伝カーを使ってマイクで訴えているのに、何で止められるのか。一緒に来ていた仲間2人が、千代松市長を止めて、説得した。何かわめいている。が、私は宣伝を続けた。出勤する職員は、みんな注目している。

そのうちに、わめくのをやめて路上でにらんでいるが、一人では何もできないでいる。出勤してくる職員に助けを求めるが、誰も何もしないで見てるだけ。当たり前です!

夕方の駅前宣伝でも千代松市長と出くわした。人権啓発のティッシュ配りに職員や人権擁護委員がきていた。「はだしのゲンを撤去した市長が、人権とは笑わせる」という人がいた。私もそう思う!大賛成だ!!

ここでも千代松市長が文句を言っていくる。「道路占用許可を取れ」と言っているようだが、憲法で認められている表現や思想信条の自由、団結権の行使を、実際の活動で、宣伝しているのに、道路使用許可など必要ないと考えている。それにこの問題は警察の権限で、市長は関係ない。宣伝している仲間に何度も文句を言って来る。市長にあるまじき行為だ。こんなことをする市長は日本全国探してもいないだろう。恥ずかしい限りだ。

だから皆あきれて、市長に荷担する人間は誰もいない。千代松市長は、がっくりきていた。そして、また何か言ってくるが、はね返される。

そもそも道路使用許可を警察に出しているのは、道路工事で通行を制限する工事業者だ。警察の公安担当が政治活動を妨害するために、40年くらい前から、こんな姑息な手段を使ってきているのだ。

われわれは、みんなで団結して行動している。簡単に千代松市長の妨害をはね返すことができた。他方、市長は一人。誰も味方する者はいない。完全に孤立している。市長や社長が威張っているが、一人になれば力はない。みなさん、団結した力ほど強いものはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

3・9住民集会が大成功!

3・9「許さん!千代松市長」住民集会が大成功

怒りの声 次々上がる!

20140309_140124_1024x576

3月9日、「許さん!千代松市長 取り戻そう誇りと団結を!」住民集会に会場満杯の150人が参加し、感動的な集会になりました。
 千代松市長に対する怒りの声が大きく上がりました。この声は変革を求める10万市民の声でもあります。「労働者としての、人間としての誇りを取り戻して、団結して闘えば、必ず勝てる!」と確信を込めて私は訴えました。〈集会の発言を紹介します〉

20140309_141412_1024x576● 労働者「千代松市長は、選挙に通ったことをいいことに、やりたい放題やっています。市役所にいる600人いる職員を100人にするとか、多数の保護者の反対の声を押しのけて、幼稚園と保育所を一体化させ『こども園』にするとか、市民の考えとはあまりにもかけ離れています。市長の恣意で行政を動かそうとすることは、市長失格じゃないですか」

● 住民「市の幹部職員を自衛隊に行かせ研修させたことは問題だ。千代松は戦争をやりたいからだ」と発言。

● 大阪市の教育労働者は橋下を辞任に追い込んだ現場労働者の闘いの経過を話し、「闘う労働組合をよみがえらせ橋下に最後のトドメを刺す。市議選に勝利し、千代松・橋下を串刺しにして打倒しよう」と訴えました。

 

続きを読む "3・9住民集会が大成功!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

不当労働行為

今日、橋下市長に対し、大阪府労働委員会が不当労働行為の決定を出した!橋下市長のやっていることは、全部、違法な不当労働行為だ!

府労委が出したのは、組合費のチェックオフを大阪市がやめたことが「不当労働行為」との決定が出た。次に、労働組合に事務所から出て行けという追い出しも「不当労働行為」の決定が出た。

橋下市長のやっていることは、労働組合の活動を妨害し、組合つぶしを目的にしているという認定だ。橋下市長は連戦連敗だ。違法行為のオンパレードだ。大阪都構想もでたらめだ。

泉佐野市の千代松市長が最近になって「組合費のチェックオフ手数料を3%出せ」という要求も不当労働行為だ。組合事務所の賃料を出せと言うのも不当労働行為だ。目的がすべて労働組合活動の妨害であるし、組合つぶしであることは明らかだからだ。

さらに労金償還金や駐車場料金にも手数料3%を取るという。これもおそらく法的な問題がありそうな直感がする。全てに貫かれて攻撃の路線は、労働組合つぶしと、労働者バッシングだ。

労働組合は、堂々と闘うべきだ。闘って勝利し、打倒すべきだ!!そのときがきている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

橋下打倒集会に280人

Img_20140202_1428252月2日大阪市立中央会館で、4回目の橋下打倒集会をやりました。

大阪市職員を中心に280人が集まり、意気高い集会になりました。直前に橋下が市長辞職表明したからだ。大阪市職員の粘り強い闘い、橋下の脅しに屈せず、職場で、裁判で闘って広げてきた成果が、市民に広がり、世論となり、議会の動きとなったのだ。

冒頭、司会から「我々の闘いが、ついに橋下を倒した!出直し選挙という茶番をやっても、もう政治生命は終わっている。トドメを刺すまで闘おう」と、熱烈に呼びかけられた。

この日の集会には、市職、大交、市教組が中心になり、関生支部や港合同など民間組合も参加して、官民連帯の陣形で橋下打倒を闘っていくことを連帯あいさつで決意表明した。

も橋下打倒闘争は、大阪市はもちろん、泉佐野市、日本全国で新自由主義と闘う者、共通の課題であることを表明した。そして、東京知事選に立候補している鈴木たつおさんへの支援を訴えた。そして5月泉佐野市で行われる市議選への支援を訴えた。

決意表明では、大阪市職はじめ、豊中市職、奈良市従、草津などから発言がありました。

情勢は年初から激動になっている。猪瀬東京都知事の辞任から知事選に、そして橋下が大阪市長を辞任した。今年は、何が起きてもおかしくない情勢になった。

新自由主義が崩壊しているからだ。みなさん、闘いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

尼崎事故弾劾!全国総決起集会

1304203今日は、8年前のJR尼崎事故を弾劾し、2度と事故を許さない集会に参加してきました。JR西日本は、尼崎事故を起こした資本の責任を取らず、裁判でも山崎前社長と井手初代社長は「日勤教育」を正当化して居直っている。
さらに業務の外注化と職員の非正規職化を進めて、事故の反省をまったくしていない。外注化と非正規職化、労働組合破壊こそが、尼崎事故の原因であったのだ。
動労千葉、動労水戸、動労西日本は、ストライキで外注化に反対している。こういう組合を拡大していこうと訴えられました。

1304202また国が、地方自治体の職員給与を7.8%下げろと言ってきていることに対し、「生活できない」「非正規と同じ給与にするのか」と怒って自治労本部に「4月26日全国統一スト方針」を出させました。全国でストライキに起ち上がる自治労が出てきていることが報告されました。

1304201集会の後、事故現場に向かってデモ行進しました。先頭を動労千葉、関生支部、港合同などの代表がデモしました。デモの後、現場マンションの祭壇に花を持って追悼に行きました。そしてJR資本を許さず、労働者の安全、労働者の闘いを爆発させることを誓いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

卒業式

毎年きていた卒業式への案内状が来ない。他の議員に聞くとみんな来ている。何だこれは?!

教育長に聞くと「条例ができたので、私の判断で案内状を出さないように校長に指示した」と言う。一度も話し合いにこず、こっそりと校長に指示するとは、卑怯千万ではないか!

私は、強く抗議した。声は荒げなかったが……。

条例では、職員と教職員に「君が代」斉唱時に起立を強制しているが、一般市民には強制しないとしていた。当然、来賓にも強制できないのだ。それなのに、招待しないやり方で排除したのだ。

こんな卑怯なやり方で私の思想や生き方を変えられるわけはないのだ。千代松市長や橋下市長らは、規則を強制して排除して、教育の民営化をすすめ、金もうけをしようとしているのだ。

やればやるだけ、化けの皮がはがれ、教育が悪くなり、反対する者が増え、支配が崩壊するだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧