« 9月議会ーその1 | トップページ | 9月議会ーその3 泉の森ホールを売る!? »

2015年10月15日 (木)

9月議会ーその2

補正予算にプレミアム商品券の追加発行が出てきた。1億2,118万4千円もだ! 

市民は商品券を1万円で買うが、市が2千円分を負担して、1万2千円分の買い物ができるようになる。つまり、2,118万円が市の単独負担になる。 

7月に発行したプレミアム商品券は、国の政策で全国一斉にやられ、泉佐野市は3万6千セットー3億6千万円を発行した。プレミアム分6千万円は、国補助だったので、市の負担はなかった。 

泉佐野市は、7月1日並んで早いもの順で発売した。ところが、当たらなかった人がいた。不公平だ!という不満の声が上がり、市長や政党、議員に要望が来たようだ。 

それで追加発行になったようだ。委員会での説明は、「地域経済の活性化」のためということであった。地域経済に税金を使っていたら、いくらあっても足りないではありませんか。全国的にも追加発行した自治体はない。

私は、強く反対した!!泉佐野市は、関空事業の失敗で財政赤字に陥り、健全化団体に指定された。やっと脱出したのに、こんな大判ふるまいのバラマキ予算をしていいのか!というのが私の主張だった。いまだに市職員の給与は、4~9%削減されている。議員報酬も10%削減している。これは、必要経費である。 

千代松市長と副市長は「政策予算だ。必要だと判断した」と強硬だ。地域経済にどれだけ必要なのか、どれだけ効果があったのか、丁寧な説明もない。

さらに驚くのは、来年もプレミアムカードを発行するというのだ。キャッシュレス機の導入に合わせるという。泉佐野市はどれだけ裕福になったのか?┐(´д`)┌ヤレヤレ  

職員の人件費や福祉予算のほうは、必要経費で、最優先する予算といえる。それを削って、バラマキに使う政策に、みなさんはどう思いますか? 

こんな予算の使い方をしたら、またまた赤字再建団体に転落する。市長選の公約で、「町会加入促進」のためにごみ袋の無料化、コミュニテイ・バスを10月から無料化する、介護保険が上がる高齢者に商品券を配る、びっくりするような予算である。 

他市から見れば、「泉佐野市は裕福な市になった」としか見えない。こんな税金の使い方をしたら、またまた赤字再建団体に転落する。 

このやり方は、安倍政権と同じだ。国債という借金を毎年増やし続け、今がよければ、先で財政破たんしても、誰も責任を取らないという、新自由主義の破滅的な政策である。私は、断固反対する!

補正予算は、市役所の窓口民営化を進める「債務負担行為」予算も出てきた。国保や介護など5課の窓口をいっぺんに民間委託するという。市民課窓口をやり始めて、大混乱し、経費も余分にかかっているのに、まだ進めるという。こんなでたらめな行政をやっている市はほかにない。

市の業務と組織が崩壊していく恐れが高い!

|

« 9月議会ーその1 | トップページ | 9月議会ーその3 泉の森ホールを売る!? »

「議員活動」カテゴリの記事

コメント

私の町のプレミアム商品券は抽選でした。早い者順は不味かったかな。市長職を守るには人気が一番だから人件費の固定経費はとことん削れる迄削って、バラ撒きの財源にしてますね。幹部職員さんも中々市長さんに反対出来ないでしょう。誰かさんのように職を辞して辞める気構えはそう簡単に出来ませんよ。行政が今では民間企業の儲けの道具になっています。

投稿: おいやん | 2015年10月18日 (日) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/62088189

この記事へのトラックバック一覧です: 9月議会ーその2:

« 9月議会ーその1 | トップページ | 9月議会ーその3 泉の森ホールを売る!? »