« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月20日 (日)

決して忘れないぞ! ひっくり返すぞ!

9・19強行採決! 何の正義性も示せず、説得する気もなく、独裁的に押し切った安倍自民党!

こんなでたらめが認められるか、断じて許せない!! 国会で憲法違反をやった! 数の力で法治主義を自ら壊した! もうこんな政府の言うことなど従う必要はない! 

全国に、全世代の人に、怒りが燃え上がった! お前たちに、俺らの未来を決められてたまるか! 時間がたてば忘れると思ったら大間違いだぞ! 

みんなの顔が怒っている、あきらめてはいない、これから絶対にひっくり返すぞ! と顔が言っている。 

安倍自民党は、国民にかつてな怒りを引き起こした。未来に向けての革命の始まりだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月18日 (金)

強行採決はでたらめ!自民党は死んだ!

20150917昨日の参議院特別委員会の強行採決は、デタラメ、無効だ!
自民党のひげ佐藤議員が民主党議員を殴っている!暴力行為で傷害罪じゃないか!これこそ破産した暴力的な強行採決の象徴だ! 安倍自民党は死んだ!

ニュースを見ていたら、審議をまともにやらず、総括質疑もやめるため、自民党議員連中が合図で鴻池委員長席に殺到し、野党議員の壁になって、採決を強行しようとした。
ところが、マイクがなくなって、委員長の声が聞こえない。何を言っているのかわからない中で、動議が採決され、集団的自衛権や他の関連法案が採決されたという。議事録もでっち上げにしかならない!

国会の外には、冷たい雨が降りしきる中、何万人もの人が必死に訴えている!! 労働組合、市民団体、学者、高齢者、大学生、高校生、ママたち、俳優まで来ていた。みんな必死に思っていた気持ちを行動に現し始めたsign03 これはすごいことだsun 

20150917_2安倍はこの運動に恐怖して、強行採決をやったのだ。「連休に入ったら、もっとデモが大きくなる」と、我々の闘いが日々広がっていることに恐怖を募らせているのだ!
だから警察がデモ隊を弾圧して、不当逮捕した。
参加者はみんな言っている。闘いは終わらない。今日のことは決して忘れない。こんな国会のありよう、政治を社会を根本から変えないといけない、と。

これからすごい運動に拡大していく。安倍のやったこと、自民党のやったことは、全階層の人たちを怒らせ、闘いに立ち上がった。安倍自民党の命取りになろうとしている。安倍ノミクスも破産している。闘いの秋が来た!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月15日 (火)

戦争法の強行採決を絶対に阻止しよう!

国会前に、毎日4~6万人が集まって、戦争法案に反対する抗議の声を上げています。すごいことです!
戦争体験者から、中高年、大学生から高校生まで、全世代の人たち、労働組合が、立ち上
Photo_3がっています。 

150904私はすぐに国会に行けないので、泉佐野駅前で宣伝と署名活動をやっています。何人もスタッフが来てくれています。署名は通行する人が、どんどんやてくれます。やっぱり全国情勢です。 

採決が伸びて、「連休に入ったら反対運動が高まる」(自民党)と危機感丸出し!どんどん追いつめているsign03 

昨日の国会答弁sign01 安倍首相も中谷防衛相の答弁が、矛盾だらけでしどろもどろsign02 憲法違反に対し説明できないし、何の歯止めもない、自衛隊を米軍がおこした戦争に参戦させること、しかも地球の裏までも行かせるのが目的であることが、ますますはっきりしてきた。核兵器まで運ぶし、攻撃機給油する後方支援という参戦sign03 中国に対抗する戦力を目標にするというdown 安倍首相ら取り巻き連中は戦争をしたい連中ばかり(怒) 戦争の実相を知っているのか。第2次大戦では、日本軍は補給できない南方の島やビルマに兵隊を送り込み、戦死した軍人240万人のうち、140万人以上が餓死したのだぞsign03 怒りなしに語れない!! 

いま茨城県、宮城県、福島県などで台風水害が起き、阿蘇山の噴火が起きている大変な時に、国会は安保審議より、やらなければいけない大事なことがあるだろう。強行採決している時ではないだろう(怒) 

大阪はじめ、全国で反対集会とデモが行われています。反対している人が増え、黙っていられないと、危機感をもって行動しています。
反対するのは人、団体は、憲法学者ら学者から子育て中のママさん団体、高校生などが増え、従来の労働組合や市民団体より、はるかに広い国民的な運動になっています。
私が知っている55年前の1960年安保闘争の状況と似ていると思います。これからすごい闘争になるでしょう。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »