« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月23日 (火)

民営化する市民課窓口に行列

Dsc_054522日から市民課窓口の7月民営化に向けて、プレ業務が始まった。午前中から、窓口に行列ができ始めた。20人くらい並んでいる。
市職員がやっていた昨日までは並ぶことはなかったのにhappy02
案内受付に苦情が殺到したようだ。
 

千代松市長の方針で、7月1日から、富士ゼロックスに窓口業務を委託すると決めた。20人ほど来てやっているが、窓口は2人、後ろにいっぱい民間職員がいるが、できないので不安そうな顔をしている。ほとんどの申請が住民票と印鑑証明で、簡単な仕事なのだがsign02 

市職員も横でアドバイスしているが、業務をできないので、みんないらいらと不安の顔、顔、顔。民間の職員は非正規職で、みんなやったこともない仕事なので、できないし、失敗するのだ。
民間職員も市職員も、かわいそうで、やっぱり民営化が一番悪い。千代松市長の方針「民間にできるものは民間で」が原因であることです。
やっぱり闘う労働組合が必要。それがないから、労働者はみんな分断され、困り果てている。
 

民営化は、公務員を減らすことが目的。7800万円で民間委託するが、市職員とパートでやっていた時より、1500万円も経費が多くいる。経費削減どころか、逆に多くいる。なぜか? 

東京都足立区で問題になった戸籍民営化は違法、偽装請負は違法の問題がある。それで戸籍関係や住基ネットや住民登録関係は、公務員でなければできない仕事なので、最初は直営職員は8人と言っていたが、14人必要となった。それでも「仕事を全部はできない」と担当職員は言っている。でたらめだ。 

民営化すると、余計に委託料がかかるし、業務は混乱するし、市民の待ち時間は増えるし、何もよいことはない!! 

Dsc_0548今日は少し落ち着いているが、市民の申請が増える10~11時ころには、すぐに7~8人並ぶ状態だ。これから慢性的にこういう状態になるだろう。
受付窓口は2人でやる契約なので、どうしようもない。
市の職員も7月1日からは、偽装請負になるので、仕事を助けられないし、アドバイスもできないからだ。
やっぱり民営化は失敗するsign03

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年6月18日 (木)

宣伝カー

Dsc_0539_3宣伝カーで市内を回って、戦争法案に反対しよう!と訴えてきました。

国会では、安倍首相が追い詰められて、ついになんと!「従来の憲法解釈に固執するのは政治家としての責任放棄」と開き直りましたsign03

集団的自衛権は「憲法違反である」と憲法学者らに批判され、国会周辺には、多くの労働者、市民が連日抗議する闘いに追い詰められ、ついに決定的な失言をしたsign03 
集団的自衛権を「合憲」と言ってきた論理が破産したので、今度は開き直って「政治家の責任」で「集団的自衛権を行使する」と言ったのだから、決定的な宣言だ!!
 

この論理を通用させたなら、時の内閣=権力によって、憲法の解釈はどのようにも変えられるということになるsign03 
いくらでも憲法違反をできる、と言っているのだ。憲法は、国家権力を縛る、という立憲主義の根本を否Dsc_0533定して、独裁政権に道を開くことになる。
戦争法案に反対する有識者、団体が日に日に増えている。瀬戸内寂聴(93)さんが、国会前に来て「戦争にどんどん近づいている」と、廃案を求めるスピーチを行った。反対集会は、北海道から沖縄まで、全国で行われている。55年前の安保闘争の情勢にだんだん似てきている。

安倍首相は、追い詰められて、ついにここまで破産的なことを言ったということだ。絶対に打倒できるsign03

私たちは、7月12日に末広公園で、戦争法反対、関空反対集会を開きます国会周辺や、全国で闘っている労働者、民衆とともに闘いを爆発させていきます。戦争法案を止める核心は、多くの労働者、民衆が決起することです。全国で労働組合がゼネストに起ち上がれば、戦争などできるはずがありません。ともに闘いましょう。

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »