« 橋下市長と維新の会が負けた! | トップページ | 宣伝カー »

2015年5月22日 (金)

不当労働行為を認定、千代松泉佐野市長に改善命令!

21日、大阪府労働委員会が千代松泉佐野市長に対し、不当労働行為を認定し、市職労への謝罪と、団体交渉への誠実な対応を命じましたsign03 

これは労働組合法第7条2号で、団体交渉を拒んではいけない、と、同条第3号で、労働組合への不当な支配・介入してはいけない、に違反する不当労働行為と認定され、謝罪と改善命令が出されたものです。 

この事件は、千代松市長が、労働組合事務所の使用料を一方的に決めて、団交にも応じず、「払わなかったら出て行け」とする処分に対する、違法認定と改善命令です。 

1月13日府労委命令に続いて、千代松市長は2連敗です。労働組合を敵視し、資本家をもうけさせるために民営化や非正規職化、を強引にやる千代松市長の不正義性が明らかになったのです。

この事件は、昨年3月、労働組合事務所の使用料を一方的に決め、団体交渉要求に応じなかった。千代松市長は事務所使用問題は「市長の管理運営事項」だとして、団体交渉にも応じず、処分を決定した。「管理運営事項」と橋下市長と千代松市長はつっぱっていますが、労働委員会と裁判で認められたことはありません。 

橋下大阪市長も労働委員会で5連敗しています。労働組合の団結権は、憲法第28条でしっかりと規定されている。労働組合の役割は、労働者の生存権を保証するのに必須不可欠な団結です。労働組合と労働者の権利は、長い長い闘いで、勝ち取ってきた生存権です。給与、労働条件、解雇などなど、ブラック企業が横行する今の時代にこそ必要です。 

さらに、戦前に戦争を止められなかった痛苦な反省として、労働組合の団結権を明記しました。戦争に向かうときは、時の権力は労働組合の団結を破壊しにきました。非合法化し、大政翼賛会を作って戦争動員体制を作りました。労働組合が健全で、反戦運動をやれば、戦争はできないからです。 

だから、安倍政権は戦争法を通すために、労働組合への攻撃を強めています。法律を作っても、労働組合と住民運動、市民運動が、しっかり闘って運動していれば、戦争はできません。 

だからみなさん、労働組合を守って、闘う労働組合に変えて、盛り上げて闘いましょう!

|

« 橋下市長と維新の会が負けた! | トップページ | 宣伝カー »

労働運動」カテゴリの記事

コメント

雲雀さんへ

日本維新の会は、橋下市長の個人商店のような政党で、綱領もなければ、組織もありません。橋下の言うことが、すべてで、ころころ変わりました。
橋下市長が、住民投票で職員と市民に敗北し、辞任したら、分裂、解散するしかないでしょう。

ひょっとしたら、安倍が利用するのかもしれませんが、いったん終わった橋下に、大衆は従わないでしょう。

投稿: 国賀 | 2015年5月23日 (土) 16時57分

大阪維新の橋下改革は日教組と自治体労組つぶし住民サービス切り捨てにあります。公務員は税金に群がる蟻としか見ていません。違法と分かっていて職員攻撃、賃金合理化不当労働行為を繰り返しています。千代松さんは橋下さんのコピー商品です。維新議員の事務所では残業代未払いパワハラ問題が起きています。不法行為を何とも思わない人達です。本会議にも出ない上西。高学歴だけど仕事に就けなくて橋下人気にぶら下がり議員政治家でもやろうかと言う人達が目につきます。いつまでも続けられないと思います。市長ひとりで市役所業務はできないと思いますが。

投稿: 雲雀 | 2015年5月23日 (土) 07時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/60095749

この記事へのトラックバック一覧です: 不当労働行為を認定、千代松泉佐野市長に改善命令!:

« 橋下市長と維新の会が負けた! | トップページ | 宣伝カー »