« 千代松市長が秘書課職員を葬儀に代理出席させている問題を質問 | トップページ | 千代松市長が、2年前に所得税を迂回寄付していたことを忘れない! »

2015年4月 6日 (月)

菅官房長官こそ最悪だ!

Pickh20150406_a0004000101f00001_r5日翁長沖縄県知事と菅官房長官が、初めて会談した。が、菅官房長官のこの間の言動は、最悪で許されないものだ。

会談も高圧的で、翁長知事に対し、辺野古の米軍軍基地を押し付ける内容に終始していた。翁長知事知事の意見を聞こうともしなかった。
結果は、全国、全世界の労働者、民衆の怒りをさらに増幅させた!!

この間の素晴らしい沖縄の労働者、民衆の闘いが、新たな米軍基地建設に反対し、阻止していることに、決定的に追い詰められ、ついに出てきたということだ。翁長知事が当選してから、一度も会おうともしないで、ボーリング調査を「粛々とやっていく」強行してきた。しかし連日の反対闘争に止められてきた。

菅官房長官の極めつき発言は「この期に及んで」と記者会見で述べたことだ。沖縄県を何だと思っているのか!憲法違反であることはもちろん、地方自治も否定する、あきれた暴言だ。

だいたい、右翼ばかりのお友達内閣で、安倍首相、菅官房長官を中心に、戦争政治を進めてきた。安倍首相の「わが軍」答弁にも「何の問題もない」と開き直り、末期症状を呈してきた。

沖縄の闘いは、決定的になった。5月からの安保、戦争関連法案を絶対に許さんぞ!!という労働者、民衆の闘いが大きくなった。がんばりましょう。

|

« 千代松市長が秘書課職員を葬儀に代理出席させている問題を質問 | トップページ | 千代松市長が、2年前に所得税を迂回寄付していたことを忘れない! »

「戦争反対」カテゴリの記事

コメント

「資本と闘っている労働組合は、民族や言葉の違いをすぐに乗り越えて、理解しあえるということです」そのことは私も賛同できます。
そういう人達が、かの国でも勝利できることを祈念いたします。
テレビやネットでよく見かけられた、他国の労働者の立場・気持ちを考えず、無分別に暴動を働く輩とは理解するつもりもないです。かつての麻原率いるオウム真理教信者と何ら変わらないと思います。

投稿: プルート | 2015年4月12日 (日) 21時01分

日本人は和を以て貴しですが外国は自分の正当性が少しでもあれば強引に主張し続けます。反日であれば不当な暴動でも正義になり国家の英雄なるのです。日本人の謙譲や和の精神は世界でも希有な思考です。そう思います。日本人はすぐ謝りますが外国は自己主張をし論議してきます。中国の歴史の中ではそうして生き残ったのが勝利者です。

投稿: 国賀ファン | 2015年4月12日 (日) 07時51分

プルートさんへ

中国については、交流のある労働組合はごく一部なので、まだよくわかりません。
ネットで見ると、中国全土で毎日のように争議が起こり、工場占拠や暴動が起きているようです。中国共産党は、すごい反革命の体制なので、おそらくこの体制を倒す労働組合や組織が生まれていると思います。
私が確信を持っていることは、資本と闘っている労働組合は、民族や言葉の違いをすぐに乗り越えて、理解しあえるということです。

投稿: 国賀 | 2015年4月11日 (土) 11時45分

日本政府に対して反感を持っていて、首相の写真や日の丸を焼いて見せたり、大使館を囲んで壁や門扉に生卵をぶつけたりするのは、まだわかります。
しかし、日本料理店や日系百貨店・スーパーを破壊し略奪する行為は、やはり虐げられる労働者の立場を鑑みても容易には納得できかねる行為です。個人商店を襲撃した例もあるようです。果たしてそれらの商店・会社は中国人労働者(従業員及び消費者)から搾取していたのでしょうか?かの地で額に汗かき働いていた日本人労働者が生命の危機に晒されながら、働き場が暴動によって閉鎖され、労働する権利を奪われていたことは忘れられません。
まずは、彼ら自身がかの国の現政権を倒して、他国を貶めるプロパガンダを排除する自浄力を発揮してからの、国境を越えた労働者の連帯ではないでしょうか?

投稿: プルート | 2015年4月11日 (土) 01時24分

丁寧なご説明のお返事ありがとうございます。労働者の連帯で戦争をなくす事は分かりました。しかし、中国は着実に南シナ海東シナ海で軍事力を強めて、琉球が中国の属国であった中山王の時代のように沖縄を盗りにきます。中国は国家の上に中国共産党があります。うかうかすると日本ですらチベット自治区のように日本自治区にしかねません。太平洋をアメリカと中国で二分して支配する考えのように思います。戦争はしてはいけませんが現実には地上から戦争は消えていません。ヨーロッパでも中東でも戦争が続き、人間の欲望が有史以来争いを続けています。先生の言うように民族の違いを超えて相互理解と連帯を強めるしか方法が無いのでしょう。だけど自国の独立と平和はそれだけで守りきれるでしょうか。やられ放しでは国民は困りませんか。

投稿: 国賀ファン | 2015年4月10日 (金) 13時50分

国賀ファン さんへ

日本の政府に対する反感=反日感情はあると思います。しかし、労働者のレベルの連帯とは違うと考えています。

私は、韓国の労働組合=民主労総と交流があり、労働争議の支援などにも参加したことがあります。60万人を組織する労働組合で、労働争議を全国でやっています。4月23日には朴政権打倒のゼネストを準備しています。

行ったり来たりする中で、考え方、感じ方がガラッと変わりました。
言葉や民族が違っても、すぐに理解しあえ、連帯できる、同じ労働者の仲間という感じです。今や企業は世界中に会社を作り、どこの国の労働者も同じ立場ですぐに打ち解けるのです。中国も同じです。敵は、同じ資本家なのです。

国が戦争をやるといっても、戦場に動員されるのは、青年労働者です。国会議員が行くわけではありません。そして労働者同士が戦場で殺し合いをさせられるのです。本来、味方同士が殺し合いをさせられるのです。だから、逆に労働者同士が国境を越えて連帯すれば戦争はできなくなります。

実際は簡単ではありませんが、そういう世界を目指さない限り、地球上から戦争はなくならないと考えるからです。

投稿: 国賀 | 2015年4月10日 (金) 12時38分

中国と韓国は根強い反日を持っているので連帯とは言っても無理ではありませんか。尖閣問題や中華思想もあり中国は自分こそが正しいと思っているのでは。革命のあった中国は格差社会です。国賀先生のいう平等な社会は実現出来そうにありませんが。力が有る人間が弱者を食い物にする、武力を持つ国が弱い国を支配する不変の理屈に思えます。自分の命と自分の国は自分で守る力は必要に思います。

投稿: 国賀ファン | 2015年4月 9日 (木) 09時34分

プルートさんへ

確かに、沖縄独立論を言う人もおります。しかし大半の県民はそうは言っていないと思います。

私の考えは、「労働者には国境はない」民族と言葉は違っても、みんな同じ仲間です。資本家をぶっ倒して、労働者が動かす社会を建設するということです。

だから、韓国、中国の労働者とも連携して、国を変える革命をやり、労働者が動かす、平等な社会を作るということです。

国という単位で考えると、支配―被支配の関係が出てきます。根本的に解決する考え方は、「国」をなくすことだと考えています。マルクスが言う共産主義の考え方です。

投稿: 国賀 | 2015年4月 8日 (水) 14時01分

私は沖縄問題のことはあまり知らないので、素人感覚で申し上げて誠に申し訳ないのですが…。
地方自治ではなく、独立した方が良いのではないだろうか?
理論上は地方自治体と国は同格とはなっているはずだが、法令で定められた権利を沖縄県が実質行使できない状況や、個人の権利を保障するために設けられた行政不服申し立てを国がするなど、日本国憲法を侮辱するばかりか、とても法治国家の体をなしていないではないか。
ならば、独立して沖縄とアメリカと日本と三者で対等に国家交渉をしたら良いのではないだろうか?もちろん、中国や韓国なども強く関わってくるだろうが。
歴史的に見ても、もはや沖縄の人達が「日本」のためにこれ以上犠牲になる必要はないのでは?


知ったかぶりのコメントで失礼しました。

投稿: プルート | 2015年4月 8日 (水) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/59558576

この記事へのトラックバック一覧です: 菅官房長官こそ最悪だ!:

« 千代松市長が秘書課職員を葬儀に代理出席させている問題を質問 | トップページ | 千代松市長が、2年前に所得税を迂回寄付していたことを忘れない! »