« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月26日 (木)

高濃度汚染水をたれ流し 菅官房長官「コントロールされている」大ウソつき

0012昨日25日のニュースで福島第一原発2号機の屋上から、高濃度の放射性汚染水が排水路から、外洋に垂れ流されていたことが放送された。 

放射性物質は、セシウム137が1リットル当たり2万3000ベクレル、セシウム134が6400ベクレル、ベータ線という放射線を出す放射性物質が5万2000ベクレルも含まれていた。ものすごく高濃度の汚染水だ。近づいたら人が死ぬような高濃度だ。屋上にたまっていて、雨が降るたびに、排水路に流れ出ていた。

排水路は原発の港湾内ではなく港湾の外の海につながっていて、2号機の屋上にたまった汚染水が雨のたびに排水路を通じて海に流れ出していた。東京電力は昨年4月に知っていながら、隠していた。

もっと大きな問題は、菅官房長官の記者会見だsign03 「港湾への汚染水の影響は完全にブロックされている。状況はコントロールされているという認識に変わりない」と、大ウソを言ったことだsign02 外洋に垂れ流していて、どこにコントロールされているのか!! 大ウソつき!! そして記者の質問も受け付けずに、次の会見に移ったことだ!! こんなことが許されるのか!! 

おそらく、もっと他にも汚染水の垂れ流しがあるのだろう。地下水だって、山のほうから大量に流れてきているのだから。海に汚染された水が大量に流れ出ているはずだ。

安倍首相は、一年半前にオリンピックを誘致するときに「汚染水は完全にコントロールされている」と、大うそを言って世界中をだました。時間がたつにつれて、そのウソがばれている。こんなウソがいつまで許されると思っているのか。

また、こういう状況なのに、再稼働など許されるはずがない!事故処理もまだまだ終わっていない。毎日7000人もの労働者が働いているし、労災事故死も起きている。
被災者はまだ仮説住宅に住んでいるのだぞ!

我々は、安倍首相と菅官房長官の大ウソを絶対に許さんぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月23日 (月)

首相のヤジ、市長の暴言

20日、安倍首相は民主党議員の質問に対し、卑劣なヤジを飛ばした。 首相がヤジを飛ばしたsign02 テレビで見たが、首相がこんな低水準なヤジを飛ばす姿を初めて見たsign03 これが日本の国会なんだ。まともに答えずにはぐらかし持論を述べるのみ、議論をしていない、もちろん真剣さは足りないことは言うまでもないdown 

今日、安倍首相は「私の誤解だった。正確性を欠く発言だった」と訂正したが、謝罪はしていない。「日教組はどうなんだ」とヤジったが、労働組合を恐れ、敵視しているから出たヤジだ。政権の危機を感じているから出たのだろう。 

今の日本の政治は、安倍首相、橋下市長、千代松市長と、どの人物も水準の低い政治家ばかりだ。質問にまともに答えない、はぐらかし、持論を述べ立てるのみ。 

千代松市長は、ヤジどころか、暴言の数々sign03 これまで本会議や委員会でヤジと暴言を繰り返してきた。
昨年9月決算委員会では、私の討論の途中に「関係のない討論をするな」と大声でどなってきた(大いに関係のある内容だった)。しかも休憩時間中には「かかってこいや!」と、けんか腰の暴論。議長が厳しく注意しても、謝罪もしない。こんな市長はどこを探してもいない低水準な人間だ。
 

日本の政治状況は、戦争と財政破たんの危機に向かってまっしぐらに突き進んでいるから、こういう状況を生み出しているのだと思う。 

さあ、世界が変わり始めている。これからみんなで闘う団結を作って、世の中を変えていこうsign03

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

関空会社の入札延期!

新関空会社は、運営権を売却するための第1次入札を3か月延長すると発表しました。 

2月16日に設定していた入札期限を直前になって、5月に延期すると、安藤社長が記者会見で発表したのは、異様だった。 

入札日直前、このまま入札を強行すると、1社も来ず、大失敗に終わると判断してのことだろう。 

約1260億円の売り上げ、経常利益が200億円しかない新関空会社。それを2兆2千億円も出して買っても、利益が出ないのは、素人でもわかります。45年間の均等払いにすると、年490億円という。償却前収支をとっても、430億円しかないのに、いったい誰が買うのか? 

そのうえ、南海トラフ地震がくれば、埋立て島の関空島は大きな被害が出ることは素人でもわかります。液状化、不動沈下が予測されますが、そうなればターミナルビルは支柱がないので倒壊の恐れがありますし、滑走路は液状化で割れて、使用できなくなるでしょう。 

コンセッションと騒いだ末が、これだったのです。新関空会社が金儲けだけを追い求めるファンドの言いなりになれば、国際空港という基本が揺らぐことになるし、二進も三進もいかない窮地に追い詰められたのではないのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 9日 (月)

バザー

Dsc_03428日、泉の森ギャラリーで、恒例のバザーをやりました。大勢のお客さんが来てくれて、盛況でした。
バザー品を出してくれる人は30人もいましたし、スタッフも30人来てくれました。毎年協力してくれる支持者ばかりです。ありがとうございました。
長引く不況の中、バザー品が年々少なくなり、売れ筋品も減っています。それでも9万円もの売り上げがありました。本当にありがとうございました。

Dsc_0346_2しかしスタッフも高齢化し、準備や後かたずけなど、だんだん負担が大きくなってきました。来年もやってほしいという要望もありましたが、今年で幕を閉じることとしました。
前の市民会館から始まった『空港反対リサイクルバザー』は、はや25年間も継続してこれました。これも住民の会の役員、会員の皆さんのおかげです。そして大勢の支持者の皆さんのおかげです。

Dsc_0347バザーは、今年で終わりますが、住民の会は、これからも関空による地元住民への財政負担の押しつけや軍事使用に反対し、安倍政権の戦争政策に反対して闘っていきます。そして何よりも「命より金儲け」の千代松市政と闘っていきます。

今後ともご支援よろしくおねがいします。

                                                       
15年バザー
売り上げ 90,475
カンパ 12,000
収入 102,475
会場費 0
ラミネート 2,036
ポスター 4,000
ごみ処理費 3,300
支出 9,336
(会場費は昨年に支払っているので含めませんでした。)
収益 93,139

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »