« 宣伝カー | トップページ | 臨時議会 »

2015年1月25日 (日)

1・20誘拐事件の本質は何か!

1月20日、イスラム武装組織「イスラム国」が日本人男性2人を拘束し、日本政府に72時間以内に2億㌦(約236億円)を支払わなければ2人を殺害すると警告するビデオ声明を、インターネット上に公開した。 

 この事件は、安倍首相が銀行や商社、ゼネコンなど46社の大企業の幹部を引き連れて、エジプトやイスラエルなど中東を歴訪しているさなかに、それを狙いすまして引き起こされた。「イスラム国」はビデオ声明の中で、安倍が17日にエジプトで「イスラム国」壊滅作戦に2億㌦拠出すると表明したことを取り上げ、この2億㌦は空爆作戦で女性と子どもたちを殺し、イスラム教徒の住居を破壊するために使われ、さらに「有志連合」の軍隊の訓練のために使われるのだと非難している。

これに対し、安倍首相は20日にイスラエルで記者会見し、「2億㌦は人道支援だ」「脅迫は許しがたいテロ行為」「断固としてテロに屈しない」と語った。日本のテレビ・新聞はいっせいにこの安倍の発言を擁護し、「金目当ての許しがたい蛮行」「脅迫者の批判は筋違い」と一大キャンペーンを張っている。
安倍政権は口先では「人命尊重」などと言いながら、実際には2人を積極的に犠牲にし、それを逆に日帝の中東侵略、集団的自衛権行使=侵略戦争参戦のテコにしようとしている。

 フランスの1・7週刊新聞「シャルリー・エブド」襲撃事件に続くこの事件は、世界大恐慌の激化・深化と新自由主義の総破綻のもとで、帝国主義の世界体制が累積した矛盾を極限的に爆発させ、大恐慌が侵略戦争―世界戦争へと激しく転化し始めていることを示している。今こそ階級的労働運動と国際連帯の闘いを全面的に発展させ、反帝国主義・反スターリン主義世界革命に総決起すべき情勢の到来を告げている。

今こそ万国の労働者は団結しよう!
世界戦争情勢と真っ向から対決し、階級的労働運動と国際連帯の力で、大恐慌と戦争をプロレタリア世界革命へ、反帝国主義・反スターリン主義世界革命へと転化するために、全力で総決起し闘おう。
 

 今日のイスラム武装勢力の思想・路線・行動では、断じて世界の労働者階級人民の解放と、帝国主義の根底的打倒は実現できないということである。 

 そもそもアルカイダや「イスラム国」などのイスラム武装勢力は、一方での帝国主義の歴史的な支配・抑圧と侵略戦争、他方での戦後体制形成期以来のソ連スターリン主義の裏切りと反動性への怒り、絶望の中から、きわめてゆがんだ形で生み出されてきた存在だ。直接的にもアルカイダや「イスラム国」は、米帝やサウジアラビアなどの反動的支配層が、中東分断支配のために育成してきた反革命勢力なのだ。 

そういうものとして彼らは、中東の戦闘的労働者や労働運動、クルド民族などを無差別襲撃することも辞さない武装反革命といえる存在であり、同時に米帝や中東の反動的支配層の先兵ともなってきたのだ。彼らは労働者階級の団結を信頼せず、団結を破壊する。労働者国際連帯にも敵対しそれを解体する。 

こうしたイスラム武装勢力と対決し、求められているものは、マルクス主義であり、労働者階級自己解放の思想、理論、路線である。反帝・反スターリン主義プロレタリア世界革命である。中東で不屈に闘う労働者階級と連帯し、階級的労働運動と国際連帯を強固に発展させよう。労働者を分断する排外主義と対決し、帝国主義の侵略戦争を粉砕し、大恐慌と戦争を革命へ転化しよう。

 

 

|

« 宣伝カー | トップページ | 臨時議会 »

「戦争反対」カテゴリの記事

コメント

プルートさんへ
そうですね。昨日、今日の安倍首相らの発言や国会の様子を見ていると、彼らは「後藤さんが殺された方がいい」と思っているように見えます。
もともとそういう陰謀で中東に行ったということでしょう。
そうすれば、ナショナリズムをあおって、自民党は「邦人救出のために自衛隊を派兵すべきだ」とか「武器使用を認めよう」「集団的自衛権が必要」というだろう。安保関連法案に、民主党や野党も反対できなくしようとしているようだ。日本は中東の戦争に参戦したいのだ。
しかし、われわれ労働者、民衆は騙されないだろう!!

投稿: 国賀 | 2015年1月31日 (土) 16時01分

「中東のために尽力してきた日本人が誘拐・殺害されても、救出作戦を展開することも、報復攻撃もできないのが現状でしょ?だから改憲して、日本国軍が世界の平和のために悪を懲らしめるべきでしょ?」と、安部は言いたいってことですか?

投稿: プルート | 2015年1月27日 (火) 22時06分

お返事ありがとうございます。よく分かりました。

投稿: 国賀ファン | 2015年1月27日 (火) 17時15分

国賀ファンさんへ
この誘拐事件を引き起こしたのは安倍首相。誘拐され、身代金を要求されていることを安倍政権はよく知っていた。それにも関わらず有志連合に2億ドルを援助すると言ったのは、参戦すると言ったのと同義語。
他方、イスラム国も支持しない。イスラム国は、武装反革命。イラクやトルコの労働組合を襲撃しているし、クルド人も襲撃しているから。私は、万国の労働者(シリア、イラク、トルコなども)が国際連帯して、帝国主義を打倒するという路線です。

もう一つ大事なことは、一連の事件を引き金に、世界戦争が始まる情勢に入ったということです。石油と市場を巡る争闘選が激しくなっている。中東への戦争がいつ、帝国主義間戦争になるかもしれない情勢にはいたと考えています。

投稿: 国賀 | 2015年1月27日 (火) 15時52分

申し訳ないが記事は少し難しい単語が並び過ぎて凡人には理解しづらいです。もっと分かり易く噛み砕いて教えて頂ければありがたいのですが。
 のこのこシリアに出かけた人間がアホなのか。殺した人間の理屈はどうなの。政治家のやってる動きはどう見るの。そこら辺が知りたいです。よろしかったらお返事のコメントください。

投稿: 国賀ファン | 2015年1月27日 (火) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/58723624

この記事へのトラックバック一覧です: 1・20誘拐事件の本質は何か!:

« 宣伝カー | トップページ | 臨時議会 »