« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月27日 (火)

臨時議会

26日、臨時議会が開かれ、千代松市長が大阪府労働委員会から「不当労働行為をやめ、誠実に労働組合と団体交渉するよう」に命令されたことに対し、中央労働委員会に再審査を求めるための議会議決を提案してきた。私と3人が反対した。賛成した議員は、千代松市長の違法行為に手を貸したことになった。

15日、大阪府労働委員会が出した千代松市長に対する「不当労働行為」決定は、全職員が勝ち取った勝利だ。私と関西合同労働組合も共に闘って、勝ち取ったのだ!これは決定的な勝利だsign03 橋下市長も連戦連敗の敗北。千代松市長も同じ。この決定に追い詰められた千代松市長が、再審査を請求してきたということだ。

しかし、千代松市長らのやり方は、ますます市職員や民間労働組合の怒りを深くするだけだ。たたかえば、絶対に勝てることを確信した。
質疑の中で、私は「労働三法を知っているのか」と尋ねたが、千代松市長も松下副市長も知らないようで、質問に答えず、別のことを言った。再度、「労働三法を知っているか」と質問したが、そらして別のことを言った。

労働三法も知らずに、団体交渉をまともにやらずに、憲法と労組法に違反する不当労働行為を重ねていることが明らかになった。労働組合を適し、団結を解体するために、違憲、違法なことを重ねてきたのだ。まったくお粗末な連中だ!

労働三法とは、労働組合法、労働基準法、労働関係調整法で、憲法第28条に基づいて制定された法律で、労働者の生存権を保証する法体系のことだ。最低でもこれくらいのことを知らずに、団体交渉を拒否するなどお粗末すぎるではありませんかsign03

不当労働行為だと労働委員会から断罪されているにもかかわらず、松下副市長は「地方自治法で組合事務所の使用料は取れる。粛々とやっていること」と何の反省もない!!労働委員会の命令は、それが「不当労働行為」だと断罪し、やり直しを命令したのだ。千代松市長も松下副市長も、労働委員会命令の内容がわからない、いや否定している、絶対に許されない!

結局、この勝利をテコに、ますます現場の力強い闘いで、我々の力で、千代松市長を打倒できることが明らかになった!

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2015年1月25日 (日)

1・20誘拐事件の本質は何か!

1月20日、イスラム武装組織「イスラム国」が日本人男性2人を拘束し、日本政府に72時間以内に2億㌦(約236億円)を支払わなければ2人を殺害すると警告するビデオ声明を、インターネット上に公開した。 

 この事件は、安倍首相が銀行や商社、ゼネコンなど46社の大企業の幹部を引き連れて、エジプトやイスラエルなど中東を歴訪しているさなかに、それを狙いすまして引き起こされた。「イスラム国」はビデオ声明の中で、安倍が17日にエジプトで「イスラム国」壊滅作戦に2億㌦拠出すると表明したことを取り上げ、この2億㌦は空爆作戦で女性と子どもたちを殺し、イスラム教徒の住居を破壊するために使われ、さらに「有志連合」の軍隊の訓練のために使われるのだと非難している。

これに対し、安倍首相は20日にイスラエルで記者会見し、「2億㌦は人道支援だ」「脅迫は許しがたいテロ行為」「断固としてテロに屈しない」と語った。日本のテレビ・新聞はいっせいにこの安倍の発言を擁護し、「金目当ての許しがたい蛮行」「脅迫者の批判は筋違い」と一大キャンペーンを張っている。
安倍政権は口先では「人命尊重」などと言いながら、実際には2人を積極的に犠牲にし、それを逆に日帝の中東侵略、集団的自衛権行使=侵略戦争参戦のテコにしようとしている。

 フランスの1・7週刊新聞「シャルリー・エブド」襲撃事件に続くこの事件は、世界大恐慌の激化・深化と新自由主義の総破綻のもとで、帝国主義の世界体制が累積した矛盾を極限的に爆発させ、大恐慌が侵略戦争―世界戦争へと激しく転化し始めていることを示している。今こそ階級的労働運動と国際連帯の闘いを全面的に発展させ、反帝国主義・反スターリン主義世界革命に総決起すべき情勢の到来を告げている。

今こそ万国の労働者は団結しよう!
世界戦争情勢と真っ向から対決し、階級的労働運動と国際連帯の力で、大恐慌と戦争をプロレタリア世界革命へ、反帝国主義・反スターリン主義世界革命へと転化するために、全力で総決起し闘おう。
 

 今日のイスラム武装勢力の思想・路線・行動では、断じて世界の労働者階級人民の解放と、帝国主義の根底的打倒は実現できないということである。 

 そもそもアルカイダや「イスラム国」などのイスラム武装勢力は、一方での帝国主義の歴史的な支配・抑圧と侵略戦争、他方での戦後体制形成期以来のソ連スターリン主義の裏切りと反動性への怒り、絶望の中から、きわめてゆがんだ形で生み出されてきた存在だ。直接的にもアルカイダや「イスラム国」は、米帝やサウジアラビアなどの反動的支配層が、中東分断支配のために育成してきた反革命勢力なのだ。 

そういうものとして彼らは、中東の戦闘的労働者や労働運動、クルド民族などを無差別襲撃することも辞さない武装反革命といえる存在であり、同時に米帝や中東の反動的支配層の先兵ともなってきたのだ。彼らは労働者階級の団結を信頼せず、団結を破壊する。労働者国際連帯にも敵対しそれを解体する。 

こうしたイスラム武装勢力と対決し、求められているものは、マルクス主義であり、労働者階級自己解放の思想、理論、路線である。反帝・反スターリン主義プロレタリア世界革命である。中東で不屈に闘う労働者階級と連帯し、階級的労働運動と国際連帯を強固に発展させよう。労働者を分断する排外主義と対決し、帝国主義の侵略戦争を粉砕し、大恐慌と戦争を革命へ転化しよう。

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日)

宣伝カー

Dsc00585新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
さて、3日より宣伝を始めました。泉佐野駅前から市内を回ってきました。

Dsc00580「戦争と貧困をなくそう」と訴えてきました。安倍政権を強く批判してきました。戦争政治と貧困を増やす政治を批判しました。
また、千代松市長も同じで、戦争と貧困を作る政治、民営化で市役所を壊すことと非正規職を増やしていることを、伝え宣伝してきました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »