« 安倍首相は任命責任をとれ | トップページ | ネーミングライツのバイキング左近が看板おろした! »

2014年11月29日 (土)

大阪航空局、大阪府に申入れ

Dsc0050428日、大阪航空局と大阪府に、関空問題で申し入れに行ってきました。
来年度予算が決まる前の段階で、毎年申し入れをやっています。

今年は、国土交通省に対し、①集団的自衛権を進めないこと。関空を軍事使用しないこと。関西空港や八尾空港にオスプレイを配備したり、訓練に使わないこと。 ②空港の安全を売り渡す関西空港と大阪空港の運営権売却をやめること。労働者の非正規職化をやめること。LCC拠点空港化を辞めること。 ③「国際医療交流」=「解雇特区}と医療ツーリズムを推進し
Dsc00508ないこと。
の3項目を申し入れました。

大阪航空局からは、橋本・関空大阪空港課長ら4人が出てきました。こちらは、泉州住民の会と関西労組交流センターです。

7月1日集団的自衛権を閣議決定した安倍内閣の下では、関空の軍事使用する情勢は深まりつつあるが、我々は絶対に反対であるので、軍事使用しないように強く申し入れました。
橋下課長は「集団的自衛権は、内閣府が進めるもの」「関空は、新必要な場合を除いて、米軍に軍事使用は自粛するように要請している」と、7・1閣議決定は国土交通省と関係ない、昨年までと同じような回答をしました。

我々は、「閣議決定したから、なおいっそうに戦争と軍事空港化に反対する」と明確に強く申し入れ、闘争を決意していると申し入れました。

Dsc00511大阪府は、政策企画部戦略事業室 空港・広域インフラ課が担当になったと言い、杉谷課長補佐ら3人、ほかに総務課、秘書課、企画課、特区推進課、タウン推進室などから5人、合計8人が出てきました。
杉谷課長補佐は「関空は、定期航空便を使うため、軍事使用しないように要請していると国交省から聞いている」と答え、昨年と同様の回答をしました。
我々は「大阪航空局と内容が違う」「昨年までと同じ回答だが、
Dsc005127・1閣議決定は関係ないのか」と追及しました。
大阪府は「国交省に問い合わせた。慎重に対応するとの回答だった」と繰り返し、開き直っていました。
我々は、強く反対を申し入れ、闘争を決意していることを申し入れました。

そのあと、昼休みに大阪府庁の労働者にビラを配布してきました。

|

« 安倍首相は任命責任をとれ | トップページ | ネーミングライツのバイキング左近が看板おろした! »

「空港問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/58192985

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪航空局、大阪府に申入れ:

« 安倍首相は任命責任をとれ | トップページ | ネーミングライツのバイキング左近が看板おろした! »