« 秘密保護法を廃止させよう | トップページ | 銃弾の韓国軍への提供に抗議する »

2013年12月23日 (月)

12月議会

12月議会が終わった。
犬税の検討委員会と調査予算が通った(怒) 反対したのは、国賀と共産党2人の3人。 賛成したのは、公明党4人、共生会3人、中村、布田、向江議員の10人。正道の会と泉新の会の3人が退席した。

犬フンの放置が激減している中、犬税はまったく必要ない。多くの市民も反対している。抗議の電話もよくかかってくるし、宣伝カーで回った時も反対する住民が出てきて応援してくれた。ほとんどの市民はフンを持って帰っている。そんな市民が「なぜ税金取られるのか」と怒っている。千代松市長は、何でも金を取ることが政治だと思っている。新自由主義の政治家はみんなそうだ。金持ちを優遇して、貧困層から金を取る、こんなやり方が長続きすると思ったら、大間違いだpunchannoysign03

特に、税金を取るために、誰が何匹飼っているのか、調べる調査費5111万円もかけることに、私は強~く反対した。本当に、5000万円もあったら、もっと有効な雇用対策や市民福祉ができる。税金の無駄遣いもいいとこだ!!

だいたい犬税かけても500万から1000万円だ。これを取るために、毎年50000万円もかけて犬の調査をやるのか?! どの家が何匹飼っているか、確定しないと課税できないからだ。車のように登録しないし、死亡したり、子犬を買ったり、変動が大きいからだ。税金よりも経費の方が遙かに多い。 こんなおかしな税金があるのか。

新聞は「苦情が多いので、犬税をかけることになった」と書いているが、とんでもないことだ。来年になったら、アンケートが始まるので、市民の反対はもっともっと強くなると思う。

|

« 秘密保護法を廃止させよう | トップページ | 銃弾の韓国軍への提供に抗議する »

「議員活動」カテゴリの記事

コメント

貴重なご意見ありがとうございます。
なぜ犬に税金をかけるのか、理由もはっきり説明できない。こんな事を認めていたら、次は猫か、鳥か、自転車か、ということになりかねません。
議員と職員、市民がしっかりと連携して、監視していかないと、とんでもない方向に走っています。
がんばりますので、一緒に闘いましょう。

投稿: こくが | 2014年2月 6日 (木) 16時38分

国賀さんのおっしゃってる通りです。環境美化に関する全体的なアンケートならまだしもペットの件に絞ってのアンケートに何故5000万円もの無駄遣いをするのか!何故反対する人が2名しかいないのか!泉佐野市議会議員を一掃して正しい判断ができる常識のある議員を選ばないといけないなとつくづく思いました。警察OBにこだわり天下りを推奨!税金の出所は就労援助の補助金だと聞きましたが、それなら市内の就職に困っている方々の起用が最重視されるべきなのに大阪市内の企業に全面委託したとの事、市民全体に(市報で)きちんと報告して欲しいです。国賀さんのブログで議会決議した時の様子を知る事ができ大変嬉しかったです。そして他の議員のお金の使い方に対しての意識の低さを痛感いたします 私達の税金を無駄にして足りないから消費税UPとか・・・もっと有効に福祉や市民生活の向上のために考えて欲しいものです
国賀さん これからも議会でのおかしいと思った事実をどんどん報告してどんどん反対して下さい。

投稿: 犬税反対の市民1 | 2014年2月 6日 (木) 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/54355432

この記事へのトラックバック一覧です: 12月議会:

« 秘密保護法を廃止させよう | トップページ | 銃弾の韓国軍への提供に抗議する »