« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月28日 (土)

12月議会ー学童民営化と自衛隊研修

26日、本会議で一般質問しました。質問は、2点です。1、民営化について、2、自衛隊への体験研修について、です。

1、民営化については、千代松視聴が「職員を100人位が目標」と、これから500人を削減すると明言したことについて、私は「そんなことをしたら、JR北海道のようにしたいのか。安全性と公共サービスはどうなってもいいのか」と、聞きました。そして職員削減して民営化するのではなく、職員を新規採用して、市役所を充実させることがシの役割であると、述べました。
そして15年度から学童保育を民営化するという方針に反対しました。

答弁は、道下市長公室長がやりました。「公務員でなければできない業務だけ残して、民間にできる仕事は民間に委託する方針である」と開き直り答弁。学童については「民間に委ねられることは民間に、という方針でいく。勤務時間の関係もある」と。

私は、市長が学童まで競争原理を持ち込んで「学習塾」のようにしようとしていることに反対する観点から、「学童は、非正規職員82人で一生懸命にやってくれている。直営で充実すべき」と。公室長は、民営化が目的だから、経費が高くついてもやると答弁しました。
今の民営化は、本質は「民間企業にこうけさせること」が目的だから、こういうことをやるのです。逆に、もうからなくなったら撤退するのも民間企業です。教育や福祉は、もうけが目的ではないのだから、直営で子供たちのために運営しないと、無茶苦茶になることも明らかです。

2、自衛隊への体験研修については、市報12月号の表紙写真に、市職員が自衛隊に入隊体験して研修をやっている写真が出て、驚いた市民も多かったと思いますので取り上げました。
課長代理級9名が業務命令で参加したそうです。「災害研修」と言いますが、自衛隊は戦争が主な任務で、災害救助は緊急時に遺体収容とか、捜索、がれき撤去が主な任務で、市や自治体の仕事とは全く違う性格ものであることを指摘しました。

そのうえで、研修の目的は、「軍隊の規律を教え込み、市長の命令通りに動く幹部職員を作るためではないのか」「特定秘密保護法を強行採決したように、徴兵したり戦争動員する公務員を養成するためではないのか」と質問しました。

岡本総務部長が答弁しましたが、はぐらかすような答弁を延々とやり、時間切れで再質問できないような卑怯なやり方をしました。市長が長い答弁を指示したようで、安倍政権の特定秘密保護法や国家安全保障会議の設置と相まって、その手先なる公務員をつくるたくらみを誤魔化そうとする意図が丸見えです。

しかし、国会包囲した4万人はじめ、全国で戦争に反対する民衆が膨大に増えましたから、闘いはこれからますます大きくなるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月24日 (火)

銃弾の韓国軍への提供に抗議する

昨夜のTVニュースを聞いて、怒りがこみ上げてきたannoy

安倍首相は、持ち回り閣議で「スーダンの韓国軍に、自衛隊から1万発の鉄砲銃弾を提供する」と発表し、昨日中に提供していることだ! なんだ!!これは。議論も説明もなく、突然、首相の決定によって、戦争を始めたようなもんだpunchannoythunder

憲法第9条に完全に違反しているし、これまでの政府見解にも違反している。PKO国会答弁でも、「武器弾薬は提供しない」と言ってきたのに(≧ヘ≦) 

秘密保護法に続いて、安倍政権の大暴走のスピードが加速した。選挙で多数を取ったら、なんでもできるのか! 全国の皆さん、この暴走こそ、民衆を目覚めさせる事件ではないのでしょうかsign03 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

12月議会

12月議会が終わった。
犬税の検討委員会と調査予算が通った(怒) 反対したのは、国賀と共産党2人の3人。 賛成したのは、公明党4人、共生会3人、中村、布田、向江議員の10人。正道の会と泉新の会の3人が退席した。

犬フンの放置が激減している中、犬税はまったく必要ない。多くの市民も反対している。抗議の電話もよくかかってくるし、宣伝カーで回った時も反対する住民が出てきて応援してくれた。ほとんどの市民はフンを持って帰っている。そんな市民が「なぜ税金取られるのか」と怒っている。千代松市長は、何でも金を取ることが政治だと思っている。新自由主義の政治家はみんなそうだ。金持ちを優遇して、貧困層から金を取る、こんなやり方が長続きすると思ったら、大間違いだpunchannoysign03

特に、税金を取るために、誰が何匹飼っているのか、調べる調査費5111万円もかけることに、私は強~く反対した。本当に、5000万円もあったら、もっと有効な雇用対策や市民福祉ができる。税金の無駄遣いもいいとこだ!!

だいたい犬税かけても500万から1000万円だ。これを取るために、毎年50000万円もかけて犬の調査をやるのか?! どの家が何匹飼っているか、確定しないと課税できないからだ。車のように登録しないし、死亡したり、子犬を買ったり、変動が大きいからだ。税金よりも経費の方が遙かに多い。 こんなおかしな税金があるのか。

新聞は「苦情が多いので、犬税をかけることになった」と書いているが、とんでもないことだ。来年になったら、アンケートが始まるので、市民の反対はもっともっと強くなると思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月14日 (土)

秘密保護法を廃止させよう

6日、安倍自公政権は特定秘密保護法を強行採決したが、反対する民衆の声は小さくなるどころか、大きくなっている。採決前夜、と当日には国会周辺に万の民衆が集まり、反対闘争を繰り広げた。

13日公布したが、山本太郎参議院議員も参加して、議員会館前で抗議集会が開かれ、シュプレヒコールが響き渡った。

特定秘密保護法は、国家安全保障会議(日本版NSC)設置法と一体の恐るべき戦争法だ。集団的自衛権の行使から憲法第9条改憲を目指す戦争国家化攻撃である。

その核心は、「秘密の保護」ではなく、国家権力に集中する「特定秘密」を恣意的に拡大し、その保護を口実に社会の隅々にまで監視網を張りめぐらすことにある。何よりも公務員労働者に「適正評価」とその回答を強制し、処罰の脅しをかけることにある。これをすべての労働者、労働組合に拡大することにある。戦前は、公務員労働者、教育労働者が戦争に協力させられたから、戦争体制ができ、労働者・農民を戦争に動員できたのである。

しかし、法律が決まったからといって、すぐに戦争を担う公務員労働者、民間労働者が出てくるわけではない。反対する労働組合が闘えば、戦争なんかできることはない。労働組合を破壊し、反対する労働者を弾圧して、やっと戦争動員できるようになるわけで、闘いはこれから職場、現場になるのだ。

泉佐野市は、千代松市長が11月に課長代理級9人を自衛隊に入隊研修させた。「災害研修」の形をとったが、実際は、敬礼や整列や行軍の訓練が主だった。首相や市長の命令に従う公務員を作るために、幹部候補生に研修をやらせたのだ。これが戦争攻撃だ。

闘いが広がっている。安倍政権は基盤もないのに、強引に攻撃を激化している。99%の労働者、民衆が立ち上がる時が近づいている!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月12日 (木)

犬税に反対!

千代松市長は、来年度に犬税を導入するために、12月議会に関連予算を出してきた。私は、断固反対した。

12月議会に出てきた補正予算は、「犬税を導入するための検討委員会」予算23万3千円と、「犬と猫の飼育頭数を把握するためのアンケート調査費」予算5111万円が出てきた。

犬税をかけるために、4万4千世帯の全戸を回って、犬と猫の飼育頭数を調べて回るとは、何と言うことか!!しかもその費用が、アルバイト調査員70人以上を雇って短期間でやるので、何と5111万円とは!!こんな税金の無駄遣いはない!!(国府の補助金とはいえ、われわれの税金だ)

私は、総務産業委員会で精一杯反対した。だいたい、犬の糞は、ピーク時の今年1月に1700カ所あったのが、イエローカードを設置するようになってから、どんどん減っていって、今は約200カ所になっている。90%も減っているのだ。市民はだいたい協力している。

それなのに、税金を取ってやる必要があるのか。

議会では、反対したのは、国賀と山下議員。 退席したのが、辻野議員。 賛成したのは、辻中、岡田、中藤、中林、向江の5議員。

アンケート調査費5111万円もあったら、どれだけ有効に使えるか。まったくあきれる!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »