« 山本太郎さん | トップページ | 大阪都構想の正体がばれた! »

2013年7月30日 (火)

市東さんへの不当判決に抗議

1307291 7月29日、千葉地裁民事第3部で三里塚反対同盟の市東孝雄さんの農地明け渡し裁判の判決があった。
 多見谷寿郎裁判長は、市東孝雄さんの農地裁判において、成田空港会社(NAA)の請求をほぼすべて認めて市東さんに農地の明け渡しと建物の収去を命じる反動判決を言い渡した。
 

 開廷して、多見谷裁判長はこわばった表情のまま、判決主文を早口で読み上げた。
 「①市東さんが求めていた、千葉県知事の農地賃貸借解約許可処分を取り消せという請求を棄却、②市東さんが耕作する南台と天神峰の農地(計7284平方㍍)をNAAに明け渡せ、③天神峰の土地上の物件(出荷場、離れ、ビニールハウスなど)を収去せよ、④仮執行宣言は付さない」という判決であった。
 ただちに法廷は裁判長に対する怒号に満たされた。1分もかからぬ読み上げののち、多見谷は閉廷を宣し即座に逃亡。法廷と連帯し地裁前で待っていた人びとのもとにも第一報がもたらされると、地裁に向けて不当判決徹底弾劾のシュプレヒコールが巻き起こった。
 

 千葉地裁は正義、公正の体裁すらかなぐり捨て、完全に農民殺しの空港建設の手先に成り果てた。
 そして、NAAが求めていた判決確定を待たずに強制執行を行える「仮執行宣言」については、付けることができなかった。
 市東さんと反対同盟顧問弁護団は、ただちに控訴して闘うことを明らかにした。
 一層闘志を燃やす市東さんと反対同盟に連帯して、農地を守る闘いに立ち上がりましょう!
 

1307292千葉市民会館の地下ホールで記者会見と報告集会が開かれた。
 集会では、市東さんが万雷の拍手に迎えられて登壇し、声明文を読み上げた。「控訴して闘います。NAAの不当な請求を認める判決は私から農地を奪うと同時に農民としての誇りを奪い、死ねと言うに等しいものです。私には闘う以外に農民として生きる道がないのです。不当判決には絶対に屈しません。農地の取り上げに体を張って闘う覚悟です」。この揺るぎない姿勢に感動し、全員が三里塚の勝利を確信した。

  動労千葉の田中康宏委員長が連帯発言に立ち、「判決を満腔の怒りで弾劾する。反動判決は敵の強さではなくあせりだ。労働者・農民を支配できなくなった支配者の悲鳴だ。高裁での闘いの勝利に向け、東京へ打って出よう」と呼びかけた。
 全国農民会議共同代表の小川浩さんは、「農地を守り空港を廃港に追い込むために、市東さんとともに闘う」と決意を述べた。

 裁判の先だって、先だって決起集会が開かれた。朝から時おり激しい雨が降る中、千葉市中央公園において午前10時30分から、反対同盟の主催で開かれた。平日にもかかわらず、全国から280人の労農学人民が結集した。

 

|

« 山本太郎さん | トップページ | 大阪都構想の正体がばれた! »

「空港問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/52698258

この記事へのトラックバック一覧です: 市東さんへの不当判決に抗議:

« 山本太郎さん | トップページ | 大阪都構想の正体がばれた! »