« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

ドラスティックに職員を減らす

26日本会議場で、布田議員の質問に千代松市長が答えた。内容にみんなびっくりした!

「市役所の組織をピラミッド型から、フラット型に変えていきたい。定員適正化計画では、かなりドラスティックな提案をする。ピラミッド型の底辺の仕事を公務員がやる必要はない。民間でやればよい。たとえば窓口業務は民間でやってもらう。新人職員は取らない。一から育てる事はしない。社会で経験した総合力を発揮してもらうようにしていく」等々と答えた。

市職員は現在約600人、ピーク時は1100人いた。約半分にまで減らされ、仕事をこなすのが大変になっている。それをさらに「ドラスティック」に「減らす」という。まだ半分以上減らすのかsign02 

新規採用しないで減らすと、高齢化するばかりで活力はなくなる。

「ピラミッドの底辺の仕事」というのが何を指すのかはっきりしないが、そのまま理解すると「主任、係員がやっている仕事」ということになる。係長まではいるのかもしれない。そうすると、「実際に仕事をしている職員はいなくなる」ことになる。

市長の言葉は、「底辺の仕事」がどんな仕事か知らない人間の言う言葉だ! 税務、保険、介護などなど、毎日忙しくやっている仕事は、係長、主任、係員が毎日必死にやっている仕事で、経験がないとできない仕事です。「民間」と言うが、いわゆる非正規職で短期で代わる人がやれるような仕事ではない。

私の判断では、これは市役所という地域社会の要を壊す所行に他ならない! これは究極の新自由主義政策で、社会も地域も壊れてもかまわないsign03 しかし金もうけはしっかりやる、というやり方だ。自分で自分の首を絞める自滅的なやり方だ。こんなやり方が長続きするわけがない。

住民や職員が、いつまでもおとなしくしている思ったら大間違いだsign03 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年6月29日 (土)

6月議会

定例議会が27日に終わりました。

一般質問では、①相対評価、②子ども園 について質問しました。橋下維新の会が全国で最初に作った職員基本条例、泉佐野市は大阪府、大阪市に次いで3番目に作りました。昨年12月議会でしたが、私は最も強く反対し、一般質問でも取り上げてやり合ってきました。

(国賀) 相対評価を発表したのは、泉佐野市が全国ではじめて。最低評価1が多い。「まじめに働いているのに、失格と言われたようで腹が立つし、やる気をなくした」と怒っている職員が多かった。相対評価の目的は、やる気をなくさせ、辞めさせるのが目的か。最後は分限免職するのか。

(総務部長) 絶対評価では評価が上位にかたよるので、意欲を高める動機付けにはならない。最下位になっても能力、意欲を高める機会が与えられている。

このように答弁し、競争をあおり、同僚をけ落とし、上司にごまをすれと、言うような答弁をしました。結局、職場の団結を壊し、厳しい競争社会を市役所の中に作りだすための手段なのです。

「職員基本条例」と命名していますが、実態は「職員の首切り条例」です。「相対評価制度」を入れて、「2年以上継続して最下位評価で、勤務実績がよくないと認められる場合」に分限免職できる、規定にしています。地公法では28条で「勤務実績がよくない場合」と抽象的に規定しています。これで分限免職にされた公務員はいないとおみます。職員基本条例は、相対評価を入れて、必ず最低評価1を作って(0~5%)、簡単に分限免職できる規定にしたところに意味があります。

12月議会で総務部長答弁は「分限免職が目的ではない。能力や意欲を高めるのが目的」とごまかしてきました。しかし泉佐野市が、大阪府、大阪市より早く、今回はじめて5月に相対評価を発表しました。本人にも5月中に通知したようです。

「相対評価」を通知されて最低の「1」評価された職員は23人もいました。みんな怒っていますし、やる気をなくしています。「私は無断欠勤していないし、まじめに仕事をしています。どうして1なんですか」と泣いて抗議した職員もいたと聞きました。人事課の評価基準を聞いて、「まじめに自己評価したら、1にされた」という抗議の声が最も多かったのです。

これは明らかに「相対評価制度」の問題です。評価が中間でも、上から順番に点数を並べていったら、相対評価は下から5~7%が1に評価されたのです。下から免職にしていったら、基準がどんどん上がってくるのです。「そして誰もいなくなった」状態にされるのです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

三里塚緊急署名やりました

130616316日午前中に、JR京橋駅前の繁華街で「三里塚緊急3万人署名」の宣伝をやりました。
泉州住民の会と関西労組交流センターの仲間が、15人集まってくれて、約1時間半やりました。
さすがに京橋駅は、JRと京阪の乗り継ぎ客が多く、大阪で1~2の繁華街です。
結果は、
185筆の署名がありました。 大成功でしたsign03 

宣伝に参加した人は、みんな三里塚闘争を長年闘ってきた同志たちで、市東孝雄さんの農地取り上げに怒っている、熱い思いを持った人たちです。通行人に必死に訴え、30筆も集めた同志が2人もいました。

1306162メキシコの日本人学校で社会科を教える日本人教師が、たまたま帰国していて通りがかり、「成田のことは知っています。どういう問題かわかります。がんばってください」と署名し、カンパもしてくれました。
三里塚闘争を知っている60代男性は「三里塚は、まだがんばっているんやな」と言って激励して署名してくれました。
若い青年は三里塚闘争は知りませんが、TPPに反対している人が多く「TPPのやり方はおかしいと思っています」「農業がなくなるのではないですか」と、署名してくれました。
高校生や中学生は「橋下はだめ」と言って署名してくれました。

1306164このように、街頭に出て宣伝し、話すると、非常に勉強になりました。三里塚闘争を知る人が積極的に協力しくれます。青年達も問題意識を持っています。みなさん、街頭に出ましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

宣伝カー

1306081橋下維新の会が突然言い始めた「オスプレイ大阪受入」に反対する宣伝をやりました。
駅前やスーパー前で力を入れて演説すると、関心が高く、けっこう反応がありました。たいていの人はオスプレイに反対で賛同してくれます。時々、車からにらんで行く中年の男性もいました。こんな情勢でも、まだ橋下を支持する人もいるようで、情けない限りです。

橋下市長が安倍首相に「大阪でオスプレイの訓練」を提案したと報道されました。安倍首相は検討支持したという報道です。選挙目当ての両人が、戦争政治を推進する同じ思想の持ち主であったということがよくわかったsign03 

1306082八尾市民は反対が強いことが伝わってきました。あんな市街地のど真ん中で、戦争訓練に誰が賛成するのかsign02 もし八尾空港に来たら、大阪府は全域訓練空域になるだろうし、奈良、和歌山、京都、兵庫も全域が訓練空域にされてしまいます。
橋下は、参議院選挙で票がほしいたいがために、こんな事までするのか 怒りがこみ上げてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

株が暴落、円が上がる、アベノミクスの正体

5月24日から、株が1100円も下がり、その後も700円、500円と、下がり続けています。今日も518円下がって1万3014円になっています。これからも下がり続けるのでしょう。

円もアメリカ経済の影響で上がり続けています。アベノミクスの実態がばれて、ついに崩壊を始めたと言うべきです。

実体経済はよくなっていません。自動車など一部、輸出企業が生産を増やしただけで、生産工場を海外に移転する企業が増えています。労働者の賃金は上がっていません。逆に輸入品が上がって、ガソリンや食料など物価が上がって生活は苦しくなっています。

私は3月に「ありもしない希望(アベノミクス)にすがるな!絶望せよ。実態を見据えて、根本から変えていこう」と言いました。今、この主張がどれほど正しかったのか、改めて確信します。

国債を発行し続けて、借金を増やし続けて、国の経済がよくなるはずがないのです。こんな事は常識で、経済学でも何でもありません。「経済学者」という連中はウソを言って国民をだましてはいけないsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

「オスプレイの大阪受入れ」発言に抗議する

4日の朝刊に出た、松井大阪府知事の「オスプレイ受入」発言に強く抗議するsign03 

松井知事は橋下市長と話し合って「オスプレイの訓練を大阪で受け入れる」と記者会見で述べた。

候補地は、八尾空港だと言うが、関西空港も念頭に置いているのではないか。

オスプレイの訓練に対し、沖縄では全島を上げて反対している。また飛行訓練が強行されている日本全国の自治体、住民が猛烈に反対している。ものすごい騒音、墜落の危険がある。何ら解決されていない。

そもそもオスプレイを沖縄に配備する目的は、中国、朝鮮半島を想定した、米軍の戦争戦略で必要としていることである。沖縄の労働組合、民衆が反対している最大の理由も「戦争反対sign03」である。

大阪に近い徳島県南部でも、オスプレイが、夜8時に無灯火で山腹を低空飛行訓練している様子が目撃され、猛反対されています。さらに、それ以上にすさまじいのは、ジェット戦闘機の昼夜を問わない低空飛行訓練です。住民からは屋根がもげるかと恐ろしかった、などの怒りの声が上がっています。

橋下市長、松井知事は、人気低下を挽回するためにこのような発言をしているのか。「軍隊慰安婦は必要だった」発言同様、戦争を肯定する「オスプレイ発言」。根は同じ。われわれは、逆にこの件で橋下維新の会の解体を進めていこうではありませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

橋下維新の会は終わった!

公明党の裏切りで、大阪市議会で「橋下市長への問責決議」が可決されなかったのは、非常に残念でした。しかし、こういう決議が出て、実質的に過半数が賛成になるという事態は、橋下維新の会の地盤、票田であった大阪市でも支持がなくなりつつあるという証拠です。

世界中から「なぜあのような人物が市長になったのか」という批判の声が上がっています。当然の批判です。橋下市長は公務員と労働組合を攻撃し、クビにしてのし上がってきました。私たちは最初から橋下市長を批判してきました。昨年から「橋下打倒集会」を大阪市役所前で市職員らと共にやってきました。

れらの闘いがついに橋下維新の会を追いつめ、打倒寸前にまできたのです。実質的にもう終わっています。参院選を前後して分裂か分解かしていくのではないのでしょうか。

大阪市職員はもちろん、泉佐野市職員もものすごく元気になっています。橋下市長、千代松市長など、とんでもない人物がいつまでも自治体を牛耳っていたら、市がつぶされてしまいます。しかし、われわれはいつまでも黙っていません。

橋下人気の幻想にすがって議員になりたがって集まってきた人たちは、どうするのでしょうか。

橋下市長が、参議院選挙に向けて独自性を出すために「軍隊慰安婦は必要だった」と戦争と性奴隷を正当化する会見を行ったことから、情勢は急転しました。当然にも世界中から、厳しい批判が起こりました。とりわけ「慰安婦」を強制された「ナヌムの家」のハルモニ(おばあさん)たちは絶対に許せないと怒りました。橋下発言の根本問題は、戦争を正当化する思想であると、私は考えています。過去の問題ではなく、現在の問題であると。

「軍隊慰安婦」とされた女性は、約20万人もいると言われています。旧植民地の朝鮮などから10代の女性をだまして、あるいは強制的に軍隊に連れて行き、基地内の慰安所で性奴隷にしたのです。軍隊内に慰安所を建設し、軍隊の移動時に連れて行ったというのですから、国と軍が関与していない限り不可能なことです。しかも20万人という、とてつもない人数の女性です。脱走した女性達も多くいたのですが殺されたと言われています。まさに奴隷にしたのです。

このような戦争犯罪が「必要だった」という人物を私は知らない。橋下市長は未だに撤回しない。許されるはずがありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »