« 宣伝カー | トップページ | 宣伝カーで回っています »

2013年1月 9日 (水)

市教委が拒否した!千代松市長に学テの結果

8日に泉佐野市教育委員会があり、今年4月に実施する全国学力テストの学校別成績の結果を、千代松市長に報告しないことを決めたということです。千代松市長の無茶苦茶な攻撃に一矢報いたということでしょうか。 

130109029千代松市長は、昨年10月に大阪府の学力テストの各校別成績の結果を市のHPに公表しました。全国で初めてで、橋下大阪市長の「先を行く」愚かな決断でした。府教委、市教委は反対しましたが、「私の得た情報を、私の責任で公表する」と強行したのです。
攻撃の矛先は、教員組合であり、教師であり、校長であるのです。
10月の校園長会に乗り込んで「来年の学テの目標を出せ。政策を持ってきたら予算をつけてやる」と脅したそうです。
それに反論する校長には「君たちは危機感が足りないのだ。だから成績が悪いのだ」と怒鳴ったといいます。
教育行政のへの介入を超え、教育行政を市長のいいなりして、民営化していこうという意図が見えます。
 

教師らの反対が強く、ついに市教委も「学テの学校別平均正答率は提供しない」と教育委員会で決めたということでしょう。

ただし最後に「各学校が、保護者や地域住民に対して説明責任を果たすため、事項の結果を公表することについては、それぞれの判断に委ねる」と書いていることは問題です。市教委の責任を回避して、各校に押し付けています。各校の正答率を各校別に集めて、公表すれば同じことになってしまうからです。

千代松市長は「情報公開請求して入手する」と、子供の喧嘩のようなコメントを記者にしている。あくまで「公表する」と言っているだから、市教委も最後まで責任を取るべきです。

私は、国語と数学(算数)の2教科で行う全国学力テストに反対してきました。学テは、特に今の新自由主義の時代には、1%のエリート(奴隷頭)を選ぶためにやるもので、99%を非正規職に叩き落とすことが目的です。小泉以来の規制緩和ー競争社会の激化で新自由主義を強めてきて、どうなったのか、よく考えてみれば一目瞭然です。ワーキングプアーの拡大ー夢を奪われた若者たちの増大、一部の金持ちが富をますます増やし貧富の差を拡大し、社会を壊滅するまでに壊していっているではありませんか。

こんなやり方、こんな社会に未来はない!! 未来は我々が変えて築いていく!!

 

|

« 宣伝カー | トップページ | 宣伝カーで回っています »

「議員活動」カテゴリの記事

コメント

この話は、読売新聞(朝刊)で目を通しましたo(^-^)o

そして、昨年からこの話知ってますo(^-^)o

この話は、まるで個人情報の様なもので千代松が計画している事は、本当に許しません(-_-#) ピクッ

投稿: がばい | 2013年1月10日 (木) 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/48667024

この記事へのトラックバック一覧です: 市教委が拒否した!千代松市長に学テの結果:

« 宣伝カー | トップページ | 宣伝カーで回っています »