« 学校別成績公表に反対する | トップページ | 大阪航空局と大阪府に申し入れ »

2012年10月10日 (水)

教育行政へのひどい介入

昨日昼前、千代松泉佐野市長は、校園長会に乗り込んでいって、ひどい介入をやった。

昨夕のテレビと今日の朝刊に載っている。「来年の学力テストの目標値を定め、達成するための施策」を提出するように要求したという。

また、記者会見で「提出しない学校はやる気がないと判断する」「やる気に応じて予算配分する」と言った。

これは何だsign03 教育委員会への不当な介入じゃないのか!教育行政の内容は教育委員会だし、その予算要求も学校長は教育委員会に出すもので、直接市長に出すものじゃない。これでは、市長が学校長の評価をし、予算判断をすることになる。教育委員会の存在を否定するものだし、戦前と同じような、権力者が思うままの教育をさせることになる。その結果が、戦争への道だった。

また、学校教育を学力テストの成績だけを評価する『学習塾』にでもしようというのかsign02 学校教育は、法律で決めているように、「個人の尊厳を重んじ、真理と正義を希求し、公共の精神を尊び、豊かな人間性と創造性を備えた人間の育成を期する」ためと教育基本法で明確に定めている。
学力テストだけ、しかも国語と算数(数学)だけで評価するとは、何と愚かなことなのか。

地方自治と、教育行政に対する、あまりにも低水準な見識にはあきれて、怒るしかないsign03 

|

« 学校別成績公表に反対する | トップページ | 大阪航空局と大阪府に申し入れ »

「議員活動」カテゴリの記事

コメント

他の評価基準を提示すべきでしょうね。

投稿: えまのん | 2012年10月17日 (水) 09時37分

千代松は、本当に訳のわからない言動をする市長です(-_-#) ピクッ

投稿: がばい | 2012年10月14日 (日) 06時46分

日本国憲法に明記してある、義務教育、法の下の平等、政教分離といったことも、憲法の理念も理解できていないのでしょうね。
司法・立法・行政の三権に関わる人は皆、日本国憲法を正しく理解すべきだと思います。
偏った驕った資本主義国家や独裁性を潜在させている共産主義国家に辟易し、理想の国家を東方の島国の未来に託した、法律家たちが造りあげた究極の理想憲法だと思います。
よくぞ押し付けてくれました。自分たちだけでは、戦後の大きな反省を踏まえても、到底造れなかった優れものだと思います。

投稿: プルート | 2012年10月12日 (金) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/47386955

この記事へのトラックバック一覧です: 教育行政へのひどい介入:

« 学校別成績公表に反対する | トップページ | 大阪航空局と大阪府に申し入れ »