« 観光協会総会 | トップページ | ゴーヤ »

2012年7月17日 (火)

反原発集会に17万人!

120716116日、東京代々木公園で「さよなら原発10万人集会」が開かれ、主催者発表で17万人が全国から参加しました。私も仲間と一緒に前夜から来るまで行ってきました。
NHKの横の代々木公園はとても広いのですが、メイン会場のサッカー場は満杯、第2会場の野外音楽堂も満杯、陸上競技場も満杯、公園も道路も人、人、人でいっぱいになりました。私の感覚では、30万人くらい集まっていると感じました。北海道から沖縄まで、全国から「大飯原発再稼働反対!原発の廃止!」を訴えに来た人たちがこんなにも大勢集まったことに感動しました!
集まったのは、大飯原発再稼働に怒る労働者、民衆です。「子どもたちの未来のために!」「野田政権に失望した!」「被曝労働を許さないために!」と、中高年はもちろん、若者や家族連れも多かったのです。
1207163私たちは、午前9時に公園に入ったのですが、もう公園には大勢来ていました。また来る途中の東名高速の海老名SAで関生支部のマイクロバスと会いましたが、関生支部の人たちも「8時半頃に入らないといっぱいになると聞いている」と言っていました。
11時頃には、JR原宿駅から会場入り口まで途絶えることなく、人びとがびっしりと続いていました。JR渋谷駅方向からも、ケヤキ並木通りを道路いっぱいに参加者が途切れることなく集まって来ました。
 

メインの第1ステージでは、オープニングコンサートに続き12時50分から集会が始まりました。呼びかけ人など発言者が壇上に勢揃いし、会場は緊張感と興奮に包まれました。司会の講談師・神田香織さんの開会あいさつで始まりました。つぎに呼びかけ人の人たちが次々に発言しました。
作家の大江健三郎さんは「750万を超える署名を持って首相官邸に行ったが、それに対する答えは大飯原発の再稼働だった。私たちは政府に侮辱されている。私たちは次の原発の大爆発によって侮辱の中で死ぬほかないのか。そういうことが起きてはならない。私たちは政府のもくろみをうち倒さなければならない。そしてそれは確実にうち倒せるし、われわれは原発の恐怖と侮辱の外に出て自由に生きていくことができると心から信じます。しっかりやり続けましょう」と渾身から訴えた。「そうだ!」の大きな声が会場のあちこちからあがりました。
1207162集会の途中の午後1時半からは、3コースに分かれてデモが出発しました。警察は、主催者との間でデモを2車線・1梯団800人と確認していたにも関わらず、不当にも1車線に規制し、250人ごとに寸断を図ってきました。警官隊がデモ隊の前に立ちはだかるが、おとなしく従う人など誰もいません。デモ隊の中から「警察は弾圧をやめろ!」の抗議の声が次つぎに飛んだ!
 原発いらない福島の女たちを中心とする福島の部隊は、「怒 福島隊」ののぼりを立て、原宿コースの先頭を進みました。私たちは
NAZENの大部隊に入り、原宿コースをデモしました。迫力ある姿に沿道からも注目が集まりました。 

原発再稼働を強行した野田政権は絶対に許せない!ぐらぐらの民主党政権を倒して原発を止めよう! 次は8・6広島だ!

 

 

 

メインの第1ステージでは、オープニングコンサートに続き12時50分から集会が始まった。呼びかけ人など発言者が壇上に勢揃いし、会場は緊張感と興奮に包まれた。司会の講談師・神田香織さんの開会あいさつに続き、呼びかけ人の人たちが次々に発言した。
メインの第1ステージでは、オープニングコンサートに続き12時50分から集会が始まった。呼びかけ人など発言者が壇上に勢揃いし、会場は緊張感と興奮に包まれた。司会の講談師・神田香織さんの開会あいさつに続き、呼びかけ人の人たちが次々に発言した。

|

« 観光協会総会 | トップページ | ゴーヤ »

「戦争反対」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/46384220

この記事へのトラックバック一覧です: 反原発集会に17万人!:

« 観光協会総会 | トップページ | ゴーヤ »