« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月28日 (土)

ゴーヤ

1207282jpg裏庭に植えたゴーヤ2本が今年もしげり、グリーンカーテンになってくれています。
ゴーヤもいっぱい実がなってきましたよ( ̄ー ̄)ニヤリ もう10数個もなっているよ。写真は見にくいが、手前だけではなしに、奥の方がもっと実がなっているよhappy01note 
よそのゴーヤはもう収穫したという話を聞いたので、うちも早く食べたいと、待ちに待っていたところでした。

1207281

そこで、早速ゴーヤチャンプルーを作りました(o^-^o) うまそうsign03 
ゴーヤと、豆腐、ポークランチョンミート、その上に溶き卵、うまくできたsign03 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

反原発集会に17万人!

120716116日、東京代々木公園で「さよなら原発10万人集会」が開かれ、主催者発表で17万人が全国から参加しました。私も仲間と一緒に前夜から来るまで行ってきました。
NHKの横の代々木公園はとても広いのですが、メイン会場のサッカー場は満杯、第2会場の野外音楽堂も満杯、陸上競技場も満杯、公園も道路も人、人、人でいっぱいになりました。私の感覚では、30万人くらい集まっていると感じました。北海道から沖縄まで、全国から「大飯原発再稼働反対!原発の廃止!」を訴えに来た人たちがこんなにも大勢集まったことに感動しました!
集まったのは、大飯原発再稼働に怒る労働者、民衆です。「子どもたちの未来のために!」「野田政権に失望した!」「被曝労働を許さないために!」と、中高年はもちろん、若者や家族連れも多かったのです。
1207163私たちは、午前9時に公園に入ったのですが、もう公園には大勢来ていました。また来る途中の東名高速の海老名SAで関生支部のマイクロバスと会いましたが、関生支部の人たちも「8時半頃に入らないといっぱいになると聞いている」と言っていました。
11時頃には、JR原宿駅から会場入り口まで途絶えることなく、人びとがびっしりと続いていました。JR渋谷駅方向からも、ケヤキ並木通りを道路いっぱいに参加者が途切れることなく集まって来ました。
 

メインの第1ステージでは、オープニングコンサートに続き12時50分から集会が始まりました。呼びかけ人など発言者が壇上に勢揃いし、会場は緊張感と興奮に包まれました。司会の講談師・神田香織さんの開会あいさつで始まりました。つぎに呼びかけ人の人たちが次々に発言しました。
作家の大江健三郎さんは「750万を超える署名を持って首相官邸に行ったが、それに対する答えは大飯原発の再稼働だった。私たちは政府に侮辱されている。私たちは次の原発の大爆発によって侮辱の中で死ぬほかないのか。そういうことが起きてはならない。私たちは政府のもくろみをうち倒さなければならない。そしてそれは確実にうち倒せるし、われわれは原発の恐怖と侮辱の外に出て自由に生きていくことができると心から信じます。しっかりやり続けましょう」と渾身から訴えた。「そうだ!」の大きな声が会場のあちこちからあがりました。
1207162集会の途中の午後1時半からは、3コースに分かれてデモが出発しました。警察は、主催者との間でデモを2車線・1梯団800人と確認していたにも関わらず、不当にも1車線に規制し、250人ごとに寸断を図ってきました。警官隊がデモ隊の前に立ちはだかるが、おとなしく従う人など誰もいません。デモ隊の中から「警察は弾圧をやめろ!」の抗議の声が次つぎに飛んだ!
 原発いらない福島の女たちを中心とする福島の部隊は、「怒 福島隊」ののぼりを立て、原宿コースの先頭を進みました。私たちは
NAZENの大部隊に入り、原宿コースをデモしました。迫力ある姿に沿道からも注目が集まりました。 

原発再稼働を強行した野田政権は絶対に許せない!ぐらぐらの民主党政権を倒して原発を止めよう! 次は8・6広島だ!

 

 

 

メインの第1ステージでは、オープニングコンサートに続き12時50分から集会が始まった。呼びかけ人など発言者が壇上に勢揃いし、会場は緊張感と興奮に包まれた。司会の講談師・神田香織さんの開会あいさつに続き、呼びかけ人の人たちが次々に発言した。
メインの第1ステージでは、オープニングコンサートに続き12時50分から集会が始まった。呼びかけ人など発言者が壇上に勢揃いし、会場は緊張感と興奮に包まれた。司会の講談師・神田香織さんの開会あいさつに続き、呼びかけ人の人たちが次々に発言した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

観光協会総会

10日、泉佐野市観光協会総会があり、出席してきました。以前は、「観光で町おこしを!」とか「観光で雇用の創出を!」と、意気込んでいた時期もあったのですが、世界恐慌情勢をもろに受けて、観光行政もしぼんできています。

そういう情勢を反映してか、総会出席者は約20人で年々減ってきています。会長が市長から東條仁哲・犬鳴山七宝瀧寺管長に代わって5年、民間主導で会員も増えるのかと思ったが、逆に減っている現状でした。会員は、114人。

予算規模は、1377万円、事業計画は従来のイベントがほとんどで、新しい事業は商工会議所との共同事業で「IZUMISANO Paseo」で、スタンプラリー、探検ラリーでクーポン券や商品が当たる企画だ。期間は8月1日~31日、これでどれくらい来客集が増えるのか、未定だが。

討議では、私が口火を切って質問と意見を述べた。りんくうタウンの客や外国人旅行者を市内へ誘導する方策、観光情報センターの活用策、会員の拡大と観光協会のの活性化、総会出席者を増やせないか、と言いました。

すると東條会長が、日頃思っていること、会員拡大策などを勢いよく説明された。み奈美亭の南さん、布田議員が意見を述べた。活発な議論ができた総会になったと思う。後で感謝された。

観光協会には、できていないことが多い。南海泉佐野駅高架下に観光情報センターができたのに、活用できていない。観光ボランティア協会に委託していて、観光案内と店番をやってもらっている。できればプロパーの正職員を雇用して企画、宣伝、案内などをやれば相当変わってくるように思う。

犬鳴山観光を活発にする研究も必要だ。温泉街の駐車場から七宝瀧寺まで歩いて30分、川に沿った景色は抜群だ。七宝瀧寺の収容人数は多くはないが、小グループのリピーターを増やすことはできると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 7日 (土)

「こども園」パブコメに750人も

千代松市長が出している「こども園構想」に反対が強まっています。6月29日までパブリックコメントがありましたが、約750人の方から意見が、こども部に寄せられました。ほとんどが反対意見で、これはものすごく多い数です。

泉佐野市がやったパブコメで、750人happy01も集まった例はありません。私が調べたところ、これまでで最も多かったのは、3年前の「財政健全化計画素案」で18人でした。その他は0件~数件というのがほとんどでした。だから、今回がいかに多いかがわかると思います。

「こども園構想」は、昨年12月に突然、市長が提案してきたもので、公立保育所6園と公立幼稚園4園の10園を、3つのこども園に減らすというもので、保育士や保護者らが怒るのは当たり前です。遠くなるが送迎はどうなるのか、保育料はどうなるのか、詰め込みにならないか、4~5歳児は幼稚園と保育所を無理やり合併させるような形でうまくいくのか、将来は民営化されないのか、などなど不安の声がいっぱいありました。

そういう問題を解決しないまま、庁内議論もそこそこに、あわてて4月に「こども部」を作り、財政健全化実施計画にもない「こども園」を2年後に作るなど、無茶苦茶です。だから保護者や職員への説明会も計画を決めてから、予算も計上してから行うというアリバイ的なやり方なのです。市長は「どうせ反対する者は反対するだろう」と、10万市民に責任を持とうとする姿勢など全く見られません。だから説明会にも出ていかないのです。

保護者らが怒るのは当たり前です。それが今回のような圧倒的に多い750人ものパブコメ意見になったのです。この声を力に、そして「こども園」を止める力に、転化していくことこそが求められています。

私の意見は、前に何回も書いたとおり、国が考えている「こども園」の目的は、保育所民営化と公務員を減らすことです。子育てのためではありません。民営化して、民間会社に子育て市場を開放して、もうけさせるためです。

新自由主義は、民間市場が縮小するなかで、公共の仕事を民間に渡し、短期間でも生き延びようとしているのです。そもそも民間市場が縮小したのは、資本主義が利潤追求を目的に、労働者を搾取しまくり、過剰資本状態を作り、恐慌を起こしたからではありませんか。だから公共の仕事を民間に差し出し、失業者と低賃金労働者、非正規労働者を拡大していく、生産と消費の縮小、そして人口の縮小、その先は社会体制の崩壊か、革命か、そこに向かって突き進んでいるのです。

本来、子育て支援のためなら、公立保育所をもっと増やし、保育士をもっと増やし、配置基準も保育士を増やし、安全な子育て環境を保証するべきです。そんなことは現代資本主義はやりません。対立はとことん激しくなるしかないところに向かっているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

7.1関空反対全国集会に160人

12070117月1日に、関空反対全国集会に160人が参加しました。始まりは雨だったのですが、だんだん晴れてきて、末広公園コミュニテイ広場は熱気に包まれる集会になりました。
地元住民を中心に、関西から東京の代表が参加しました。労働組合交流センターは、入江代表があいさつしました。関西労組交流センター代表は富田さんがあいさつしました。全国連西郡支部、婦人民主クラブから連帯のあいさつがありました。

基調報告を国賀がやりました。決意表明は、泉州住民の会、自治体労働者、八尾北労組、関合労泉州支部、全学連がやりました。集会の後、りんくうタウンまでデモしました。

基調報告では、7月1日は関空ー伊丹経営統合の日であり、大飯原発再稼働を強行すると言っている日であることを全参加者で弾劾しました。そして、経営統合とは、関空と伊丹空港で働く労働者の解雇攻撃であり、外注化と非正規化攻撃である、と本質を批判しました。そして、関空労働者、伊丹空港労働者を組織する方針を訴えました。

次に、千代松市長1207012を根底的に批判し、打倒を呼びかけました。泉佐野市で起きていることは、全部関空問題です。「市の名前を売ります」「飼い犬税」「震災不燃がれき受入」「子ども園構想」「市職員給与削減」などなど、関空借金で破綻している市財政を再建するために、全部住民と市職員に押しつけようとしているのです。関空と住民、市職員、民間労働者は絶対に相容れません。

問題の本質は、資本主義の末期的なやり方であり、それを新自由主義の考え方と政策で、1%の資本家と金持ちのもうけを補修するために、99%の労働者、住民から利益を搾り取るやり方です。このやり方は、長続きしません。「市の名前」いったいいくらで売れますか? 飼い犬にまで税金かけて、住民は黙っていますか? 99%の労働者、住民が貧困になって、生産した商品が売れますか? 子どもを生み、育てられなくなって、減って言っているが未来はありますか? もう先が見えています。必ず99%は起ち上がって革命を起こします!

また、7月1日大飯原発を再稼働を許さない。国=資本主義を延命させるために、展望のない絶望的なことをやっているのです。首相官邸前に20万人も再稼働に反対する人たちが集まりました。すごーいことですsign03 日本でもエジプトのようなことが起き始めているのかもしれません。

関空島まで働く労働者は、1万3千人いますが、あまりにひどい労働条件、低賃金、解雇に怒る人たちが増えています。必ず反乱が起きるでしょう。

泉佐野市役所で働く労働者の我慢も限界に来ています。関空で大企業をもうけさせて借金を作り、職員に押しつけてくる千代松市長のやり方、橋下のやり方にもう我慢できない。必ず闘いは起こるでしょう。
みなさん、これからがおもしろくなりますよsign03 一緒に闘いましょうsign03 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »