« 「君が代」 | トップページ | 2・3橋下打倒集会 »

2012年2月 1日 (水)

視察

12013121月31日、総務産業委員会で泉大津市と柏原市に視察に行ってきました。目的は、「防災」についてです。

泉大津市は、「広域連携を図るネットワーク型災害協定」を昨年6月に全国15自治体間で結んでいる、防災に熱心な市でした。一府県に1自治体の参加で、その後も拡大して18自治体になっているそうです。

また自主防災組織については、世帯数で81%も加入しているとのことで、自治会加入率61%より高いのには、驚きました。

泉大津市は山がなく、面積が小さい自治体なので、津波予想では全市の3分の2が被害を受けるとされているので、毎年津波避難訓練をやっているそうです。沿岸部を2つに分けて隔年ごとにやっているそうで、昨年は東日本大震災の影響があって、例年の3倍くらいの参加者があったそうです。

柏原市は、自主防災組織加入率は86%で非常に高い自治体でした。危機管理課職員4人と元消防長の非常勤嘱託員1人の5人体制でやっているそうです。元消防長の嘱託員が各自治会を熱心に回って、自主防災組織の立ち上げを組織しているとのことで、今年度は10自治会も加入したそうです。

柏原市は、奈良のとなりなので、津波の心配はなく、市内を流れる大和川の氾濫と、山崩れ対策に力を入れているようでした。

私の感想は、自主防災組織への勧誘は、強引なような印象を持ちました。名前だけ加入しても、実際に災害時にどれほど効果があるのか、そこまでは聞けませんでしたが、疑問が残りました。

|

« 「君が代」 | トップページ | 2・3橋下打倒集会 »

「議員活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/44021191

この記事へのトラックバック一覧です: 視察:

« 「君が代」 | トップページ | 2・3橋下打倒集会 »