« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月27日 (月)

バザー

Dscf2230_2 昨日、バザーをやりました。大勢の方が買い物に来ていただきました。ありがとうございました。スタッフの皆さん、お疲れさまでした。みんなのおかげで今年も大盛況でした。

今年は、品物が多かったのですが、情勢を反映して、食品や大物が少なくなりました。しかし品物の数は多かったので、なんだか100円ショップのような(いやいや50円ショップか)バザーになりました。それでも数が多かったので、売り上げは昨Dscf2231_2年並みに10万円を超えました。

スタッフの皆さんも昨年より増えて、手際よく並べ、値段つけ、販売、レジ、後かたずけ、本当にお疲れ様でした。来年もよろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

橋下のおごり、もろさ

昨日、大阪府労働委員会が橋下市長に、アンケート調査の凍結を求めた。アンケートの内容が、あまりにも労働組合つぶしの意図が露骨で、憲法違反、労働組合法違反、地方公務員法違反などが、明らかだったからだ。申し立ての時点で、勧告したのは異例のことらしい。 

昨日からテレビ、新聞に出てきた市労連弁護団の北本弁護士は「彼らは、労組法や労基法を勉強したことがないのじゃないか。地公法や憲法すらまともに勉強していないのじゃないか」と軽蔑して言っていた。因みに、野村修也弁護士は司法試験を受けていないし、裁判の実務経験もない。大学法学部の教官で5年以上いたら弁護士資格が取れる方の弁護士とのことです。 

橋下市長は、選挙に勝ったら「民意、民意」とおごり、何でもできるかのようにおごってきたが、もう行き詰まった。市労連が1千人集会を開き、労働委員会に提訴した時点で、「凍結する」と野村弁護士が言った。反撃されたら、一撃でノックアウトsign03 あまりのもろさに、こちらの方が肩すかし。橋下知事のやっている新自由主義のやり方は、凶暴だが、破滅的で矛盾だらけ。成功するはずがない!

橋下市長らのやっていることは、この程度なのだ。選挙と現実の攻防とは違うぞ!橋下市長は一人!やられる方が無抵抗な時だけ通用するようなやり方は長続きしない! 労働者の方が圧倒的の多いし、本気で反撃し始めたら、団結した方が強いに決まっている。 

メールの無断極秘調査問題も同じ。弁護士であるのに、国の決めた個人情報保護基準を知らずに、しかも極秘でやることなど、絶対に許されない!この連中は、他人には「規律を守れ」と強要するが、自分たちは法律も規則も破ってくる。言っていることとやっていることは矛盾だらけででたらめだ!橋下市長は、最後はいつもどおりに「間違っているのは国の方」と開き直って見せたsign01笑止千万happy01  

「船中八策」も同じ。矛盾だらけで、保守反動政治家の石原らが言ってきた事を寄せ集めただけにすぎない。石原慎太郎都知事は「別に目新しいものはない」と素っ気ないコメントだった。ちなみに「船中八策」は現存しない。坂本龍馬は明文化していないそうだ。だいたい、明治維新は、封建主義から資本主義に、社会の生産様式が根本的に変わる時代、それに合わせた国の制度に変えようとしていた。が、橋下市長の目的は、崩壊寸前の資本主義を延命させることだから、龍馬とはまったく逆の事をやろうとしている。名前だけまねしても内容は逆になっている。 

いずれにしても、現実社会に責任を持たない、マスコミ向けの放言で労働者、民衆を押さえ込めると思ったら大間違いである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

空港反対バザー

26日(日)午前10時から、泉の森ホール1階ギャラリーで「空港反対リサイクル・バザー」をやります。

120226021安くて、値打ち物、掘り出し物がたくさんありますので、買いに来てください。誰でも買えますよ。いい物は30~40分で売れますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

職員基本条例

泉佐野市でも、千代松市長が橋下大阪市長のまねをして、施政方針に「職員基本条例の制定」が出てくるようだ。維新の会をまねする政治家が増えている。時代は、維新の会が成功するほど簡単ではないのに、情けない連中だ。 

昨年4月に市長になった千代松は、自民党員だが、維新の会に入って、国会議員になりたくて仕方がない連中の一人のようだ。 

昨年6月には、職員給与8~13%カットをやり、12月には「こども部」を作って「こども園」をめざすと言った。 

そして今度は「職員基本条例」で職員の首切りをやろうとする。その成果で維新の会に入れてもらって、国会議員になるという、自分の欲望、野心で動いているように見える。新自由主義を推進する軽蔑すべき市長だ。

3月議会に出そうとしている「施政に関する基本方針(案)」が庁内イントラで配信されている。

最後のページに「今年度は、泉佐野市職員基本条例の制定をめざし、引き続き公務員改革に取り組む」と書いている。

橋下維新の会が、大阪府と大阪市で出している条例をまねするのだろう。 

橋下市長は、大阪市役所で圧倒的に孤立している。労働者を恐れているから、あんな違法で、えぐい意図が露骨なアンケート調査をやるのだ。ものすごーい反発が起きている。みんなで拒否して闘う情勢が来ている。 

泉佐野市長・千代松も、全職員を敵に回して、圧倒的に孤立を深めている。維新の会に行く手柄のため、国会議員になる野心のために、平気で解雇し、賃下げし、労働者家族の生活をどん底に叩き込む。 

全職員が、こんなやり方に唯々諾々と従うと思ったら大間違いだ。 

今こそ、徹底的に孤立させ、労働者の団結で倒すときが来た。私はそう確信している。rock

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

2・3橋下打倒集会

1202032月3日、エルおおさかで「道州制粉砕・橋下打倒!    2・3打倒集会がありました。

会場いっぱいに220人が集まり、感動的な集会になりました。大阪市職の青年、大阪市の教育労働者、八尾北労組と西郡支部、国鉄労働者などが、橋下と闘って勝つという発言が続きました。

大阪市職の青年は、「現場では、橋下に対する怒りは大きい。市役所前でビラまきしたが、多くの労働者から激励された。労働者は屈服していない。健全だ!」と。

大阪市の教師は「次々に繰り出す橋下の攻撃を、現場ではみんなで反撃している。卒業式のピアノ伴奏を拒否したら、教頭が練習している。今こそ不起立闘争をやる。」と意気軒昂だ。

西郡支部と八尾北労組は、「橋下らの新自由主義のやり方は、破綻的だ。住宅と診療所の破壊、更地化攻撃に決死の闘いをやる。労働組合と地域の団結を拡大して絶対に勝つ」とすさまじい戦闘宣言を発した。

橋下に屈服しているのは、自治労や連合など、既成の労働組合だ。こいつらが橋下を支えているのだ。こいつらを倒して闘う労働組合を再生させれば、絶対に勝てる。橋下など1人ではないか!何もかも破壊するだけで、青年の未来などないことは、すぐにわかるのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

視察

12013121月31日、総務産業委員会で泉大津市と柏原市に視察に行ってきました。目的は、「防災」についてです。

泉大津市は、「広域連携を図るネットワーク型災害協定」を昨年6月に全国15自治体間で結んでいる、防災に熱心な市でした。一府県に1自治体の参加で、その後も拡大して18自治体になっているそうです。

また自主防災組織については、世帯数で81%も加入しているとのことで、自治会加入率61%より高いのには、驚きました。

泉大津市は山がなく、面積が小さい自治体なので、津波予想では全市の3分の2が被害を受けるとされているので、毎年津波避難訓練をやっているそうです。沿岸部を2つに分けて隔年ごとにやっているそうで、昨年は東日本大震災の影響があって、例年の3倍くらいの参加者があったそうです。

柏原市は、自主防災組織加入率は86%で非常に高い自治体でした。危機管理課職員4人と元消防長の非常勤嘱託員1人の5人体制でやっているそうです。元消防長の嘱託員が各自治会を熱心に回って、自主防災組織の立ち上げを組織しているとのことで、今年度は10自治会も加入したそうです。

柏原市は、奈良のとなりなので、津波の心配はなく、市内を流れる大和川の氾濫と、山崩れ対策に力を入れているようでした。

私の感想は、自主防災組織への勧誘は、強引なような印象を持ちました。名前だけ加入しても、実際に災害時にどれほど効果があるのか、そこまでは聞けませんでしたが、疑問が残りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »