« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月20日 (金)

「君が代」

橋下大阪市長が、「君が代」斉唱と起立を強制する条例を出そうとしています。大阪府では、すでに出しています。

私は断固反対します。泉佐野市議会でも論争がありました。昨年9月決算委員会で、辻野議員が「起立」を求めた質問が始まりでした。「来賓で着席している者はいいのか」との質問に、中藤教育長が「個人的に話した」と答弁した。これは、私のことだったので、私が質問と追及をやりました。

主旨は「『君が代』の歌詞の意味は、天皇の治世が千年も万年も続きますように、小石が岩になり苔が生えるほど長く続いてほしい、という意味で、この歌には、国民も民衆も出てこない。天皇だけが幸せになるように、願って働け、命を捧げろ、という意味で、こんな歌を強制すべきでない」と主張して、教育長に「歌の解釈はこうだろう、こんな歌を強制すべきではないだろう」「憲法で国民が主権者になった。当然にも国民の幸せを願う歌でないといけないのに、まだ君が代ですか?」と質問したのです。

教育長は、苦しそうに「戦後は憲法が変わり、『君』の解釈も『象徴天皇』となった」と小さい声で答弁しました。私は、「象徴でも天皇は天皇で、国民はどこにも出てこない。基本的に変わっていない」と追及したのです。私は、教育長が心底そう思っていないだろうと確信しました。聞いていた他の議員も歌詞を考えたことがないような様子でした。

千代松市長は、もちろん「君が代」確信的な推進派で、辻野議員の質問にも「同じ考え」と答弁し、「起立しない来賓は招待しないことを検討する」と答弁するまでに至りました。「『君が代』の意味と、強制された歴史を考えろよ」と私は考えて腹を立てて質問したわけです。

君が代の歌詞は「君が代は 千代に八千代に 細石(さざれいし)の 巌(いわお)となりて 苔(こけ)のむすまで」という短いものです。歌詞の意味は、「天皇の治世が、千年も万年も続き、小さな石が岩になり苔が生えるまで永遠に続きますように」というような内容です。1888年(明治21年)に政府が決め、教育勅語と共に学校で普及させたのです。

この歌には、天皇しか出てこず、「天皇のために命を捨てることが国民の義務であり、喜びである」と教えるために教育勅語と一対で進めた統治の仕方だったのです。それは「皇民化教育」であり、その過程は暴力的に進めたのです。その結果が、特攻隊であり、集団自決なのです。このことを真剣に考えなければいけない。

朝の連ドラ「カーネーション」でも戦時中のシーンが何回も出てきました。『いや』も言わせない、「ぜいたくは『非国民』」と張り紙されるようなむごさです。あの戦争で240万人の尊い命が失われましたが、その7割は『餓死、病死』です。補給もできない戦場に青年を多数送り出した結果です。開戦後、6ヶ月のミッドウエー海戦敗北でもう勝負はついていたのです。NHKでも昨年12月に当時の書類と証言を元にやっていました。「天皇を助ける」ために、240万人が殺されたのです。

これでは、北朝鮮の金体制を批判できません今は金正恩をたたえる歌を作って、人民に強制しているとの報道です。「これはひどい独裁国家だ。ひどい世襲制だ」とみんなが批判します。その通りです。それなら、「君が代」についても、しっかりと批判すべきでしょう。

まして暴力的に強制するとは、橋下市長は「独裁国家」「戦争国家」を作ろうというのかsign03 そうでしょう。みなさん、考えてくださいsign03 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

初体験スノボー

1201151日曜日、会の仲間たちと滋賀県の箱舘山に行って来ました。この年になるまで、スキーというものをやったことがなかったので、雪の上のスノーボードに乗ったとたん、ずでーんweepと何回もこけてしまいます。1201153立ち上がっては転ぶ、若い人たちのうまいこと!

一緒に行った仲間は、相当のベテランが2人いて、スーイスイsnowと滑っていましたよsign01 

それでも、左足だけをボードに縛って、右足は自由にして乗ったり1201152降りたりして、やっと滑れるようになりましたよーtyphoonscissors  翌日は筋肉の痛いことwobbly 足はもちろん、腕が痛ーい!腹筋が痛~いsign01

還暦になって初めてのうれしい体験でしたshock 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

「こども部」と「こども園」

12月議会で、突然「こども部」「こども園」が出てきました。

「こども部」は、現在ある「児童福祉課」を「健康福祉部」から独立させて、「こども部 子育て支援課」にするもので、「1部1課」という最近の行革路線の逆のやり方です。

私が、12月総務産業委員会で「目的は何か。効率化・スリム化の逆をいく再編ではないか」と追及すると、市長公室の担当課長は「定員削減を図っていくので組織のスリム化・効率化といったのです」とはぐらかす答弁でした。私は「僕の質問と違う答弁だ。1部1課つくり、部長も一人増やした。これでスリム化か? ごまかしてはいけない」と追及しました。市長公室は、この件についてまったく確信がない、市長の指示なので、嫌々やっているような印象でした。

また「目的は何か?」と聞くと、同じ担当課長は「国の方で検討している、こども・子育て新システムの関係ですが、実施は25年4月と予定されているので、それに対応していくため」と答弁。私は、「国の方では、細部も財源も決まっていない、一元化どころか、三元化になるようで、今の段階で始めるのは、別の理由があるのではないのか」と追及しました。千代松市長が強引にやっている「見える成果」のために形を変えるのではないのか、と思っているのです。

「こども園」は、幼稚園と保育所を一体にする、国が検討している「子ども・子育て新システム」の先取りです。問題点は、①基本的に民営化し、株式会社に参入を促す。保育士はこども士になり、だいたい非正規の低賃金労働者にされる。②公立保育所の保育士は分限免職にされる可能性が高い。③保育料は、利用料にされ、所得に関係なく一律になり、金持ちも貧乏人も同じ保育料になる。非常に不平等になる。④こども園をさがすのは、保護者で、市は「必要性を認定」するだけ。契約も保護者が園とする。だから、あいている園を探し回らないといけなくなる。

こういう問題点があります。国は、介護保険制度を見本にしています。福祉をやめ、庇護者の自己責任にします。保育料は利用料に変更され、金持ちも貧乏人も時間単位で同じになります。これこそ大期な不平等です。こども園は、保育する園ではなくなり、こども預かり所のような場所に変えられてしまいます。まるで介護施設と同じです。

中曽根首相時代(約25年前)に世界的に始まった新自由主義政策、小泉時代に全面展開し、規制緩和=競争の激化で強い会社だけが生き残る世界に変えられる。その結果が、今の世界で貧富の格差が巨大になり、市場が縮小し、ついに恐慌に至ったのです。

新自由主義政策は、子育てや高齢者施策に金をかけない、企業の金もうけの対象にし、保護者の自己責任にしてしまうのです。

この先に何があるのか?一部の企業=資本家だけが金を持ち、99%が貧困化し、結婚も子育てもできなくなり、社会の再生産構造が壊れ、衰退していく、そういうことです。資本主義になって約300年、急速に発展し、急速に壊れていく、この最終局面にいるのです。しかし終わりにするには、墓堀人がいります。それになろうとするのがわれわれです。われわれ労働者、民衆にこそ、社会を変える力があります。われわれが本来の人間らしい団結を取り戻し、闘えば必ず勝てます。われわれこそが希望になるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 4日 (水)

新年のあいさつ

明けましておめでとうございます。

昨年のご支援ご協力に感謝の気持ちでいっぱいです。その気持ちに応えるために、今年はよりいっそう団結を固め、みなさんと共に社会を変えるためにがんばります。

年頭にあたり強く思うことは、若者たちが希望を持てる社会に変革することが、これほど重要な時はない、ということです。小泉から橋下の新自由主義政策は、若者から夢も希望も奪い、社会を壊し、貧困化し、戦争に向かう道です。

昨年末に、橋下維新の会が大阪市長選と大阪府知事選で勝ってから、日本はますます危ない方向に突っ走っていると感じます。大阪都にすれば、二重行政の無駄を削って、関西の景気はすぐにでもよくなるようなことを言います。私は、ウソばかりだと断言できます。世界が、日本が、恐慌が深まり、経済全体が底なし沼に沈み込んでいる最中に、大阪だけがよくなることなどあるはずがないのです。

二重行政の無駄とは何なのか?彼らがはっきり言うのは、水道事業くらいでしょう。道路建設に二重行政はなかった。大阪府と大阪市は別の区域でやっていたし、他の34市も府道と市道は別々でした。これを全部「大阪都道」に変えるのか?あるいは「全部市道にしろ」とでも言うのか?名称を変える事務仕事だけでも大変な無駄だろうsign01 その他、何があるのか?

また、大勢の公務員の首を切って、「雇用を増やす」とは何なのか?中身は何か?結局、民営化して、非正規の低賃金労働者をこしらえることでしかない。そしてピンハネする企業=資本家だけがもうける。小泉がやった「派遣労働者」よりひどくなる。

橋下維新の会は、小泉がやった新自由主義政策(規制緩和、派遣、構造改革などで、強い資本だけが勝てる社会にした)をもっと拡大しよう、スピードを上げてやろうということにすぎない。橋下維新の政策は、関経連の要求と同じですよ。

小泉は首相時代に、自民党を壊したが、同時に社会も組織も労働法制も壊しました。見てください、酒屋、米屋、たばこ屋、商店街などは、規制緩和で大型スーパーに全部つぶされました。それで商店主は低賃金労働者になったのです。もうけたのは大企業、大資本にもうけが集中しただけです。

一番ひどいのは、郵政民営化です。26万人働いていた正期職員は、今は4割に減り、6割が時給の非正規職員(期間契約、ユウメイトなど)に変えられ、ものすごい低賃金で働かされています。もっと悲惨なのは、年賀状のノルマです。テレビのニュースでもやっていましたが、正規職は、1人8000枚(40万円)、非正規職でも3000枚(15万円)もノルマを押しつけられ、仕方なく金券ショップに売りに行っているニュース。ノルマを達成しなかったら解雇、仕方なく引き受けるが何千枚も売れるはずもない、金券ショップに売って損金を少なくする、しかし1割以上は自腹になる。郵政資本は、二重に搾取している。

元々郵政事業は黒字で、4000億円も国庫に納めていた。民営化してこの4000億円は民間会社の利益に取られているのです。

これが郵政民営化で起きている状態です。これで若者に未来が描けますか?低賃金で不安定雇用。結婚もできない、まして子供を産んで育てられない、車も買えない、社会を壊しているのです。労働者からとことん搾り取り、1%の支配階級が富を独占しているのです。1%が99%を搾取し貧困化するため、次の世代を生めなくて、労働者がどんどん減っていく、工場はあっても働く労働者がいない、買う人間がいなくなる、自滅していくのです。こういう社会体制に生命力はないsign01 マルクスが資本論で言っているとおりです!

橋下維新の会が、言っていること、やろうとしていることは、小泉のやった規制緩和、民営化、低賃金化、貧困化をもっと大規模に、短期間にスピードを上げてやろうとしているのですよ。社会を壊し、革命に起ち上がる労働者、民衆をどんどん増やすでしよう。

次の社会を担う世代、労働者を再生産できないような社会は、もう未来がないですよ!若者達が結婚して子供を産み、育てられる、人間らしい希望を持てる社会にしなければいけない。それこそ、真の革命ではありませんかsign03年頭にあたり、私は強くこのことを願い、闘う決意です。

| | コメント (1) | トラックバック (15)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »