« 連絡橋利用税の陳情 | トップページ | 市民との意見交換会 »

2011年11月 7日 (月)

11・6全国労働者総決起集会に5950人

1111062_26日東京日比谷野音で今年の全国労働者総決起集会があり、5950人が集まりました。特に被災地・福島から大挙結集して野田政権を糾弾し、今すぐ原発止めよう!と呼びかけました。今年も世界中から労組が集まり、ものすごく高揚した国際連帯集会になりました。

また、主催者でありスト決起で新自由主義との闘いの先陣を切る動労千葉や動労水戸、4ヶ月余のストを闘い勝利している関西生コン支部の闘いを先頭に、日本の階級的労働運動が復権していることを実感しました。

さらに、韓国やアメリカなど世界の闘う労組の代表が参加し、あいさつしました。全世界で労働者、労働組合が決起し、プロレタリア世界革命に合流しつつあることを確信する集会となりました。 

111106集会は、呼びかけ4団体のあいさつから始まりました。
全日建運輸連帯労組関西地区生コン支部の高英男副委員長は、7月から4カ月に及んだ産業ゼネストで関西の建設現場の8割をストップさせた闘いを報告しました。全国金属機械労働組合港合同の中村吉政副委員長は「現在の労働組合の責任と課題は、どんな社会をどう作るかの展望を明らかにすること、団結こそ命」とアピールしました。

さらに動労千葉の田中康宏委員長は、運転基地統廃合反対の指名ストに突入したことを報告し、「大失業と原発事故の根っこは同じ、職場から新自由主義に立ち向かおう」と呼びかけました。また国鉄闘争全国運動の呼びかけ人・伊藤晃さんは「資本主義を揺るがす世界の民衆運動と合流を」と訴えました。

世界の革命情勢と合流した集会になりました。韓国、アメリカ、ドイツから代表が参加し、世界11カ国からメッセージが寄せられました。いま世界は大恐慌の2番底、世界の帝国主義は、世界革命の足音に恐れています。ギリシャは、もう完全に革命情勢です。国家権力が崩壊し、労働者が社会情勢の決定要因に躍り出ています。EUの権力者は、ギリシャ大連立で危機を繰り延べしようとしていますが、EUの危機はもっと根本的であり、そんな簡単に解決できません。イタリア、フランス問題に完全に拡大しています。労働者の闘いは、急速に拡大しています。

集会の後、みんなで銀座を通り、東京駅の先までデモしました。警察機動隊と私服警官が異常な数で弾圧体制をしいてきましたが、圧倒し、東電本店を弾劾し、銀座―東京駅を通るデモをやりました。右翼が宣伝カーで挑発してきましたが、軽く粉砕してデモを最後までやりました。

詳しくはhttp://www.zenshin-s.org/zenshin-s/index.html

|

« 連絡橋利用税の陳情 | トップページ | 市民との意見交換会 »

労働運動」カテゴリの記事

コメント

皆で力を合わせて闘いましたね(・∀・)heart01

投稿: がばいばあちゃん | 2011年11月10日 (木) 17時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/42913028

この記事へのトラックバック一覧です: 11・6全国労働者総決起集会に5950人:

« 連絡橋利用税の陳情 | トップページ | 市民との意見交換会 »