« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

大阪航空局と大阪府に申入れ

11112929日午前11時から、関空問題で大阪航空局と大阪府に申し入れに行って来ました。毎年予算が決まる前にやっています。今年も泉州住民の会と関西労組交流センターで14人が参加してやりました。

今年は、関空・伊丹の統合問題、南海・東南海地震問題を中心に、利子補給金75億円の撤回、地元住民・労働者の犠牲問題、関空の軍事空港化に反対、医療ツーリズムに反対する、など6項目を申し入れました。

関空・伊丹の問題の核心は、新自由主義政策としての民活方式が失敗したのに、誰も責任を取らず、破綻を先延ばしするために、伊丹と統合しようとしていること。さらに悪どいことは、民間ファンドに売却し、さらに民間資本に金もうけさせようとしていることです。もちろんうまくいくはずがありませんが、111129_2大阪空港の利益や土地をねらっていることも明らかです。労働者の非正規化・低賃金化と安全と環境を金もうけのために売り渡すやり方で、許せません。 

永友課長は、「破綻とは思っていない」と開き直ります。しかし1600億円もの社債借換を毎年やっている事実を突きつけると、黙ってしまいました。 

南海・東南海地震問題では、東日本大震災並みの地震がきたら関空はターミナルビルが崩壊し、津波で石油タンクや飛行機が流され、大惨事になる可能性があること、そうなれば関空で働く1万5千人の労働者と利用客など約2万人の生命が危険にさらされる。福島原発事故を経験したなら、海上空港の危険性を認識し、撤退するよう申し入れました。 

永友関空課長と湯本大阪府空港戦略室総括補佐は同じような回答でした。「関空会社が昨日、対策を発表した」と答えました。内容は報道の通り、「護岸かさ上げはできないので、警報が出たらターミナルビルの2~3階以上に避難する」と言うのです。しかも決定的なことは「地震の強さは、従来と同じで「M7.9~8.6、震度5」と変えず、「津波だけ倍の5m」にした、というので、あきれてしまいました。地震の強度は同じなのに津波だけ大きくするとはsign02 あり得ない話です。それに3.11東日本大震災を経験した後に、まだ従来と同じにするとはまったく無責任極まりません。 

結局、震度予測を上げればターミナルビルが壊れるし、津波で飛行機が流され空港が壊滅することを認めざるを得なくなるからではないのでしょうか。責任逃れもいいとこです。しかし現実は強烈です。海上空港の最大の問題点です。

これ以上は長くなるので省略します。興味のある人は問い合わせてください。下にも続きます。

続きを読む "大阪航空局と大阪府に申入れ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月28日 (月)

ダブル選挙

橋下維新が勝って、支配階級とわれわれ労働者階級との対決の構図がはっきりしたので、「もう我慢できないsign03」と怒る労働者がついに起ち上がる時が近づいたと考えています。闘う側から言うと、「大阪市決戦になった。ここを舞台にみんなで闘うぜsign03」ということで、決戦が早まったのです。 

橋下は、必ず破綻するsign03 今までは平松市長ら他人の責任にして失敗を口先で乗り切ってきたが、知事と市長を取ってしまったら、もう誰の責任にもできなくなったsign03 もう逃げられない。 

だいたい「大阪都構想」ってなんや? 世界と日本の状況は、大恐慌で国がつぶれているのに、大阪都にして大阪だけがよくなると思っているのか? ちゃんちゃらおかし~いsign02 橋下は喜んではしゃいでいたが、松井は沈み込み顔色が悪かったsign03 未来を暗示していると感じたね~happy01  

公務員労働者のみなさん、特に大阪市役所で働く職員と大阪市内で働く教師のみなさん、もう闘うしかないですよsign03 腹を決めたら、仲間はいっぱいいます。大阪維新の会なんて、元自民党ばかり。選挙で当選したいから入っただけのような、根性のない連中ですよ。我々の団結の方がよっぽど強いですよsign01

みんな驚いているのは、予想以上の大差がついたからでしょう。資本主義の危機から来る現状に対する怒りが大きいから、こういうとんでもない方向にいったのですよ。連合や全労連という闘わないで、資本の手先になっている労働組合が中心にいるからこんなことになっただけですよ。それにしても日本共産党が候補者をおろして平松を応援したのは、大恥だったsign03 自力で闘えなくなった政党だwobbly  

労働組合や多くの闘いが盛り上がれば、大丈夫sign01 絶対に戦争は止められるsign03 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

消防音楽隊第12回演奏会

1111272今日午後、泉の森大ホールで「泉佐野市消防音楽隊第12回演奏会」があり、参加してきました。

大ホールが満員で立ち見が出るほど大盛況でした。最初は小ホールから始まったのですが、年々参加者が増え、大ホールでやるようになったのです。

退職者不補充で定員が減らされる中、消防隊員は仕事の合間に練習に励んできたのでしょう。

上手だとは言えませんが、熱心に演奏している姿が感動を呼んでいます。

また、一丘中学校吹奏楽部や市内の幼稚園児や少年消防クラブが参加して歌って踊る3部構成になっていることも参加者を増やしているのだと思いました。

知り合いも大勢来ていました。来年も是非がんばってもらいたいものです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

市民との意見交換会

21日午後7時から、議会改革に向けて、市民のみなさんとの意見交換会がありました。

2年間、毎議会に傍聴に来られている方の意見がすごく参考になりました。その意見は、さすがに具体的で説得力に満ちたものでした。

その意見は

①傍聴席に議案書、補正予算書などを持ち込ませてくれない。入り口においてあるのに、そこで見てくれと言われる。どうして持ち込ませてくれないのか。議案書がないと傍聴していても、何を言っているのかよくわからない。

②委員会の傍聴では、隣の部屋で傍聴するので、顔が見えず誰が発言しているのかわからない。それで興味が半減する。

③それに同室にいる市職員(部長、課長、課長代理らが待機している)が雑談するので、傍聴していても、うるさくて聞き取れないことがある。

④委員会での議員の質問内容のレベルが低すぎる。もっと下調べをするべき。

⑤議会ホーム・ページがリアルタイムで更新されないので、見てもおもしろくない。あんな古い情報ではインターネットHPの意味がない。また表現も堅すぎる。

などなどでした。

議案書は、事務局長に聞くと「3部しかないので、傍聴者が大勢来ると見られない人が出るので、入り口で見てもらっています」とのことでした。しかし対決議案がない時は、傍聴者は1~3人だから持って行ってもらってもいけるのですが。傍聴者にもっと来てもらうためには、議案書、補正予算書はもっと部数を増やして、持って傍聴してもらえるようにしないといけないと、痛感した次第です。次の改革検討委員会では、是非実現していきたいと考えています。

他にも耳の痛い意見が多かったのですが、開かれた議会にし、傍聴者が増えるためには、改革するべきことが具体的に見えてきたようです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

11・6全国労働者総決起集会に5950人

1111062_26日東京日比谷野音で今年の全国労働者総決起集会があり、5950人が集まりました。特に被災地・福島から大挙結集して野田政権を糾弾し、今すぐ原発止めよう!と呼びかけました。今年も世界中から労組が集まり、ものすごく高揚した国際連帯集会になりました。

また、主催者でありスト決起で新自由主義との闘いの先陣を切る動労千葉や動労水戸、4ヶ月余のストを闘い勝利している関西生コン支部の闘いを先頭に、日本の階級的労働運動が復権していることを実感しました。

さらに、韓国やアメリカなど世界の闘う労組の代表が参加し、あいさつしました。全世界で労働者、労働組合が決起し、プロレタリア世界革命に合流しつつあることを確信する集会となりました。 

111106集会は、呼びかけ4団体のあいさつから始まりました。
全日建運輸連帯労組関西地区生コン支部の高英男副委員長は、7月から4カ月に及んだ産業ゼネストで関西の建設現場の8割をストップさせた闘いを報告しました。全国金属機械労働組合港合同の中村吉政副委員長は「現在の労働組合の責任と課題は、どんな社会をどう作るかの展望を明らかにすること、団結こそ命」とアピールしました。

さらに動労千葉の田中康宏委員長は、運転基地統廃合反対の指名ストに突入したことを報告し、「大失業と原発事故の根っこは同じ、職場から新自由主義に立ち向かおう」と呼びかけました。また国鉄闘争全国運動の呼びかけ人・伊藤晃さんは「資本主義を揺るがす世界の民衆運動と合流を」と訴えました。

世界の革命情勢と合流した集会になりました。韓国、アメリカ、ドイツから代表が参加し、世界11カ国からメッセージが寄せられました。いま世界は大恐慌の2番底、世界の帝国主義は、世界革命の足音に恐れています。ギリシャは、もう完全に革命情勢です。国家権力が崩壊し、労働者が社会情勢の決定要因に躍り出ています。EUの権力者は、ギリシャ大連立で危機を繰り延べしようとしていますが、EUの危機はもっと根本的であり、そんな簡単に解決できません。イタリア、フランス問題に完全に拡大しています。労働者の闘いは、急速に拡大しています。

集会の後、みんなで銀座を通り、東京駅の先までデモしました。警察機動隊と私服警官が異常な数で弾圧体制をしいてきましたが、圧倒し、東電本店を弾劾し、銀座―東京駅を通るデモをやりました。右翼が宣伝カーで挑発してきましたが、軽く粉砕してデモを最後までやりました。

詳しくはhttp://www.zenshin-s.org/zenshin-s/index.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

連絡橋利用税の陳情

10月25日に千代松市長と議員11人が、国土交通省、総務省に陳情に行ったとのことです。

どうだったのか?何人かから聞いてみると「がっかり…_(_^_)_ 」「あんな人数で行く必要なかった」と言うのです。

私なりに集約してみると、国土交通省政務官は、「国土交通省は、危機的な関空の存続と発展に責任を取っている。関空の発展が、しいては地元の発展になる」と、利用税などと言わず、関空の発展に協力せよ、という主旨の回答であったようです。

総務省政務官は、「連絡橋利用税、そういう問題もあったな。国土交通省の意見も聞いてみないと何とも言えない」と、まったく認識していない、今初めて聞く話のような対応であったらしい。

紹介議員は長安たかし衆議院議員です。事前の根回しはなかったようです。

国にとっては、関空が唯一であって、「地元は関空の発展に協力しろ。それが義務だ」という立場です。以前から国はそういう立場を明確にしています。

つまり「関空と地元の共存共栄はない」と、国がはっきり言っているのです。それどころか、地元自治体は「関空発展のために協力せよ」「犠牲になって当たり前」というのです。

歴代の空港推進派の市長らは、「共存共栄」するとウソを言って空港に賛成してきたのです。その結果が、今の泉佐野市です。財政赤字です。一体どう責任を取るのか、明らかしなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

関空は便数増えても収入増えず

関空会社は、今年度国際線の冬季スケジュールは「過去最高」と発表しましたが、週792便しかなく、着陸料収入はほとんど増えないことがわかりました。

昨年より週64便増えますが(1日9便しかない)、新規就航と増便は、着陸料金は0円になるからです。関空会社が80%割引き、全体構想促進協(府や財界)が20%割引くからです。ですから、新規分と増便分は1年間は0円で、収入にはつながらないのです。

関空会社は、便数が減る一方で、離着陸回数が10万6千回と過去最低レベルに低迷しているので、印象だけでもよくしようと必死なのでしょう。関空会社のHPhttp://www.kiac.co.jp/data/index.html

増便の内容もぱっとしません。中国路線が週18便増えて33便に。LCCのエアアジアX(クアラルンプール)が11月30日から週4便で新規就航。貨物便が21便増え172便に(日航は1便減らす)。近距離とLCCが中心で1日9便しか増えていません。しかも着陸料は0円です。

 

来年4月から就航予定の「ピーチ・アビエーション」もLCCで、初年度は着陸料は0円。次年度から10%割引きです。使う機種はエアバスA320ということなので、着陸料は17万円×90%=15.3万円しか入りません。ターミナルビルも使わないので、収入はありません。(ボーイングB777であれば着陸料は52万円)

 

関空会社は、倒産会社です。1兆3千億円も借金を抱え、金利を183億円も払い、毎年1700億円も借りては返済する自転車操業状態です。総売上が900億円弱しかない会社が、1700億円も毎年借り換えすることなどあり得ません。国が保証するからできているだけで、国の信用がなくなれば、明日にでも倒産する会社です。関空会社社の決算 http://www.kiac.co.jp/company/ir/fin/pdf/H22.pdf

 

世界金融恐慌の2番底が始まり、ギリシャが実質的に破綻し、ヨーロッパから世界中にドミノ的に拡大する段階に入っています。これだけ借金を抱え、自転車操業状態の関空会社が持つはずがありません。国がデフォルトの危機に陥るのですから。伊丹との統合は、目先をごまかす手法にしかすぎず、展望はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »