« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月27日 (木)

入院患者が減っている

独法化した市民病院に行ってきました。医師や看護師、患者などの様子を見学するために、毎月行っています。

今回、驚いたのが、入院患者の減り方でした。9月は、1日平均245人で、前年より30人少なく、病床稼働率は70.5%にまで落ちています。これは衝撃的な数字です。これまでは80%前後でしたから、この落ち方は尋常ではありません。だから収入も減って赤字が増えています。

独法化するまでは、新田谷前市長、種子田理事長ら、そして事務局長や理事らは、「独法化したら、意志決定を迅速にして、医師を確保できるようになるし、病院の運営は改善する」と言ってきましたが、半年でこの結果です。よくなるどころか、悪くなっています。

独法化の中期計画では、病床利用率は、今年度目標が86.9%で、4年後が92%です。とても達成できるような数字ではありません。したがって赤字も減らず、運営は厳しくなっていきます。

入院が減っている診療科は、循環器科、整形外科、腎臓内科です。それぞれ理由があるのでしょうが、やはり独立行政法人にしたことに一番大きな原因があるように思います。病院全体と各科が金もうけに走り、バラバラになって、病院組織は崩壊しているようです。

私が批判してきたことが現実になったようです。独法化は、金もうけを優先するやり方で、公的医療にそれを導入するのは間違いだし、必ず破綻すると、言ってきました。独法化するまでは、市長や理事らは、「病院はよくなる」と言えましたが、実際に独法化すると、もうごまかしはききません。

この責任はどうするのか、どうやって病院を建て直すのか、ますます大きな問題になっています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

これ、タウンミーティング?

10月17日から、千代松市長は市内14カ所でタウンミーティングを始めたようです。

聞きに行こうかと思って、担当課に聞くと、「各町の代表3~5人を選んでもらってやります」とのこと。これじゃあ「町会代表者との懇談会」であって、「タウンミーティング」とは言えないでしょうsign02 

「タウンミーティング」と言うのであれば、誰でも参加できて、意見交換できるという企画だと思いますよねwobbly 町会代表者との懇談会を「タウンミーティング」とは言わないでしょう。

こんな懇談会だと、町会の要望ばかりが出てくる「ご用聞き」懇談会にしかならないと思います。ある町会の人に聞くと、市長の説明に対する意見・質問は出なくて、日頃から言っている町会要望ばかりが出たそうです。

やっぱりsign01 「もう4年後の市長選を始めたのかsign02」と批判する人が何人もいます。何ともおもしろくない「タウンミーティング」でしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

三里塚集会

111009210月9日、成田市東峰で、三里塚全国総決起集会が開かれ、参加してきました。全国から1045名が参加し、秋晴れの天気の中、すごく元気のいい集会になりました。

主催した三里塚反対同盟は、原発反対・再稼働阻止、農業を壊滅させるTPP絶対反対、市東孝雄さんの農地死守決戦への突入をアピールしました。

住民の会の代表だった森田さん(現在は佐倉市在住)が94才になられましたが、お元気で開会あいさつされました。北原事務局長が主催者あいさつ、萩原寿務局次長が基調報告、「市東さんの農地を死守する。福島農民の苦闘に一歩でも近づくような闘いを!」と訴えました。

さらに「市東さんは農地強奪攻撃を意気揚々と迎え撃っている。これが反原発闘争、反戦闘争、労働者の現場での闘いを限りなく鼓舞激励している。この力が空港の完成を阻んできた。ヘゲモニーはこちらにある」と力強く呼びかけました。

大きな拍手に迎えられ天神峰の市東孝雄さんが登壇しました。「福島農民の苦境を思うと、胸が張り裂ける思いだ。自分の農地を守ることが、私が福島と連帯する道だと思う。団結街道封鎖、第3誘導路建設と圧力は日々高まっているが、こんなものには絶対に負けない」と不動の決意を述べました。

動労千葉の田中康宏委員長が特別報告。最初に、動労水戸が放射能汚染労働を強いる当局に抗議してストに立ち上がったことを報告。「とにかくまず原発を止めろ!」と激しく訴え、今こそ労働者が自らの職場で闘いを開始する時だと訴えました。そして労基法適用除外の「復興特区」構想を震災に乗じて進めようとする野田政権を断罪し、反原発・反失業を掲げ労農連帯を打ち固める11・6全国労働者総決起集会への大結集を要請しました。

全学連の若き新委員長の斎藤郁真委員長が初めて三里塚でアピールしました。斎藤君は三里塚での敵の攻撃に心底怒りをたたきつけ、ウォール街占拠などの全世界の激動を革命の時代の到来として語り、全国の大学から学生の総決起をつくり出し、11・6大結集の先頭に立つことを明らかにしました。

1110093最後に団結ガンバローを三唱し、デモに出発しました。私たち泉州から参加した仲間と一緒にデモでました。秋晴れの中、畑の中を市東さんの農地までデモしました。里芋やネギ、ショウガなど、三里塚の大地でよく育っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

オムライスおいしかった(^_-)

111007きょうは、市内のレストラン「リンデンバウム」にランチに行ってきましたよ~happy01 きのことチキンの秋風オムライスがおいしそうだったので、食べてきました。 

写真は、一口食べたところです。中に見えるのがチキンライス、卵の上にきのこのスープをかけています。チキンライスにはしっかり味が付いていておいし~いnote 上にかけてあるきのことの相性はどうかなmobaq と思ったのですが、あっさりしていてよく合っていましたよ―restaurant 

量は十分noodle 腹一杯になったscissors これが780円だから安いでしょう。パスタランチも安いよsign03 

リンデンバウム 泉佐野市上瓦屋148-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

ニューヨーク ウォール街で連日のデモ

「ウォール街を占拠せよ!」「たった1%の富裕層が、私たち99%を搾取している」と、青年たち、失業者たちが9月17日から公園に泊まり、デモを開始し、連日デモしている。24日には80人逮捕されたが、その後、ITで事態を聞いた人たちが集まり人数が増え、デモは拡大の一途、10月1日には5000人以上が参加し、700人以上が逮捕された。 

若者たちは「1人逮捕されたら、2人参加者が増えるup」と言って呼びかけを拡大している。失業、貧富の格差、もう我慢できないsign03 ついにアメリカから、それも経済の中心ニューヨークのウォール街で起きている。若者たち、失業者たちが中心になって、デモは全米に広がっている。 

ギリシャのデフォルトからヨーロッパ全体に恐慌情勢が拡大、次に8月5日米国債が格下げされ、ドル安ー株価が乱高下しながら急降下している、日本も3.11大震災ー原発事故から大変な危機が続いている。 

今後いつ、世界のどこから、破綻していくか、まったく予測できない過程に入ったと思います。末期症状の資本主義=新自由主義は、破綻し始め、リーマンショック以上の過程に入ったと思います。このことは、労働者に取れば、失業であり、生きさせろ!の必死の要求になるのです。労働者、民衆を食わせられない国家、資本主義は倒されるしかありません。 

みなさんsign03資本主義の終わりは、世界の終わりではありませんup新しい社会の始まりですnote 資本主義と言っても、たかだか300年しかたっていません。日本では明治維新から約130年、それまでの社会(封建制社会、貴族制社会、原始共産制社会)の方がよっぽど長かったのです。

今の状態は、資本主義の元で人間が作り上げた高度な生産力が、ついに資本主義の商品経済様式とぶつかりあい、ついに恐慌を起こし、新しい社会制度を求めているのです。われわれは、それをマルクス主義で認識し、解明している。 

さあ、世界の人と共に新しい社会を作っていきましょうsign03 下のHPは震災本部のニュースです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

何だ!この人事は?

10月1日付で新しい人事異動表が3日(月)に連絡箱に入っていた。

何だ!これは?「市長公室市民協働担当理事」「真瀬三智広」となっている。

市長公室にまた部長級を増やすのか!?これで6人目だ。一方で「行革、行革」と言って部を減らし、部長を減らしながら、他方で市長公室に部長級理事をどんどん増やしている。千代松市長になってから、射手矢理事に続いて2人目、いったい何のための部長級なのか。さっぱりわからない。

報道発表資料には、「『自治振興課』を『市民協働課』に変更し、担当理事を設置します。」となっている。主な業務は「防災」と「タウンミーティングの実施」としている。課長以下、人員はそのままで、部長級を一人増やしただけ。

おそらくタウンミーティングをやるために理事を新設したのだろう。いま、何のためのタウンミーティングなのか?「職員の給料を下げ、やめさせ、減らす方針に市民を動員するため」としか思えない。市役所内では、職員の総反発で孤立し、ぼろぼろになっているから、支持者と反動的な人を動員するしかなくなっているのだろう。それほど千代松市長は追いつめられ、孤立しているということだ。

だれも支持しない人事、新理事本人が一番とまどっているかもしれませんが<(_ _)>……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

10・1「さよなら御用学者!熊取現地行動」

11100121日、午前11時から熊取町の長池公園で集会をやりました。京大の学生中心に、泉州住民の会、労組交流センターなど60人くらいが集まって30分集会をやって、原子炉実験所にデモしました。

集会は、京大の学生たちが発言、京大が島田義也のような原発推進学者を呼んで講演会を開くことに強く抗議する内容の発言が続きました。また9・19明治公園6万人集会で情勢を変えた、野田政権を追い詰めている。今日の闘いは重要だ、と訴えていました。20代の若い学生達のほとばしる情熱、勢い、初々しさ、いいですねsign03

公園事務所や周辺には、熊取町の人たちが集まって学生達の集会を聞いてく111001れていました。              私は、最後に発言、大阪府内では唯一の原子炉、ここで原発推進する講演会をやることに抗議する。政府が9月30日に福島の緊急避難地域を解除して、「もう福島は安全だ、帰れ。原発は再稼働する。輸出する」と言った野田首相の路線を推進するために島田講演会やることに抗議。さらに、府内のある自治体の市営住宅に福島から避難してきている世帯を「6ヶ月の期限が来た。福島は安全になった。出ていってくれ」と迫ってきていることを弾劾しました。

福島は安全だ、原発は再稼働しても大丈夫だ、という路線で走り始めた野田政権と闘う集会になりました。9・19明治公園6万人

1110013jpg会の巨大な闘い、70年代より多い結集、福島の怒り、これに追い詰められた野田政権の許せないやり方に対し、徹底的に闘おう。そしてすべての原発を廃止にしようsign03 

学生たちは、このあと実験所の正門で高橋・副所長に抗議し続けました。中に入る人たちにビラを渡し、訴えました。

京大の高橋副所長ら職員は、京大生らを講演会に入れませんでいた。「反対する者を入れることはできない」と批判精神も失った京大当局の醜い姿です。批判を受け入れないで、学問の自由も発展もない、自滅行為です。

学生たちは講演の終わる最後まで抗議しました。

You Tube に全学連がアップしました。http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=FDDGhfZUrCw

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »