« 決算委員会ー1 | トップページ | 9・19反原発集会に6万人! »

2011年9月17日 (土)

決算委員会ー2

たばこ税については、さんざん問題になりましたが、昨年度は23億6352万円も税収がありました。しかしこの中から、7億4936万円を今年度に府に納めなければならなくなっています。実質的な税収は、16億1416万円です。

これは、国が税法を変えて、昨年度から人口割の3倍までたばこ税を認めていたのを、2倍までに引き下げ、超す分を都道府県に納めて全域に使うとしたためです。

また、たばこ税を納める業者への奨励金も同時に廃止になりました。だから最大2億円と決めていた奨励金は払わなくなりました。

ちなみに、一昨年度は、たばこ税21億8505万円で、府へ120万円(税制変更前)を納めただけで、業者は奨励金を申請しなかったそうで、税収は21億8495万円だったそうです。それ以前は9億円くらいだったから、すごく増えています。

ところで、昨年度の予算委員会では、当時の新田谷市長は「橋下知事と掛け合って、たばこ税から市が納める分を市への支援策として、何らかの形でもらってくる」と答弁していたので、この件を聞くと、行財政課長は「要望したが、制度上だめだった。それで府貸し分の上乗せになった」と答えていました。新田谷前市長も口ほどのことはなかったdown 

ところで、この件で別の議員が千代松市長に「前の市長に続いて、市への支援策として府から取ってくるべきでは」と質問したところ、千代松市長は、あまり事情を知らないような様子で「要望してきます」と言うだけで、やる気は感じれられなかった。連絡橋の減収分について、国に要求する件についても「国がやるべき。行く必要はない」と答弁したのと同様と感じた。つまり国や府に出かけていって交渉するのは、苦手でやりたくないようだ。議会答弁を聞いていても相手と議論して説得する姿勢はなく、「こうだ」と言うだけで、質問を変えても進展がない。これでは国や府と交渉できないと感じている。市長は、市役所にこもって部課長を呼びつけて、命令する方が楽だから、市から出ようとしない。他の件でもそのようで、府内の市長らが出る会議にも、ほとんど出ないようだ。内弁慶で、威張っている○○○○のような市長でした(ノ∀`) アチャー

|

« 決算委員会ー1 | トップページ | 9・19反原発集会に6万人! »

「議員活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/41773070

この記事へのトラックバック一覧です: 決算委員会ー2:

« 決算委員会ー1 | トップページ | 9・19反原発集会に6万人! »