« 反原発討論集会 | トップページ | 市長は国に1回も行かず、連絡橋利用税条例案か? »

2011年9月 5日 (月)

イスラエルで40万人デモ

 9月3日夜、イスラエルで政府の新自由主義政策に抗議する「40万人行進」が行われたとの報道が入りました。デモは、これまで史上最大だった8月6日の30万人デモをさらに上回る全国的・全人民的大運動に発展しているそうです。イスラエルのような反共軍事国家で、このような大規模デモが起きるとはsign02 本当に衝撃ですsign03 もうどこの国ででも起きるということではありませんかupscissors 

 イスラエル紙ハアレツ電子版によると、エルサレムのデモには、イスラエル史上最大の50万人以上が参加したとのことです。イスラエル各地で、生活費の高騰に抗議し、政府に社会改革を求めるデモがあったとの報道で、全国で40万人規模になるとのことです。

110904 イスラエルのデモは7月、アラブの民衆デモに影響されたテルアビブの若者たちが、住宅費の高騰に抗議する運動を始めたのがきっかけです。各都市にデモ隊のテント村が設置され、ユダヤ教の安息日が明ける毎週土曜日夜に集会が開かれています。

 デモに参加した臨床心理学の実習生は「毎日働いても少しも楽にならない」「いくつも仕事をしないと生きていけない」と犠牲を労働者になすりつけてボロ儲けしている資本家どもへの怒りをぶちまけた。
 決定的なのは「社会正義=入植地からの撤退!」のプラカードがいくつも見られたことである。パレスチナ人もまだ少数ながらデモに参加した。8月下旬のガザをめぐる軍事衝突の激化にもかかわらず、政府・資本への階級的な怒りの爆発が、排外主義をうち破る基礎を確実に拡大していることです。

 

 この歴史的事態は、明らかにエジプト革命の波及です。しかも、アメリカの中東支配に欠かせない拠点、歯まで武装した反革命軍事基地国家でこのような闘いが爆発したということは、日本でもあっという間にこうなりうる時代が来ていることを示しています。新自由主義をめぐる最先端の闘いとして、反原発・反失業の闘いに猛然と突入し、世界の仲間と団結しましょう!

|

« 反原発討論集会 | トップページ | 市長は国に1回も行かず、連絡橋利用税条例案か? »

「戦争反対」カテゴリの記事

コメント

イスラエルのデモの人数は、勿論今迄に行った東京や広島より一番多いっすよw(^o^)w

投稿: がばいばあちゃん | 2011年9月 8日 (木) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/41513536

この記事へのトラックバック一覧です: イスラエルで40万人デモ:

« 反原発討論集会 | トップページ | 市長は国に1回も行かず、連絡橋利用税条例案か? »