« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

賃下げ条例可決は、闘いの始まり!

28日、午前中に職員給与を8~12%下げる条例案の採決が予定されていました。

私は、本会議開始冒頭から「松浪武久議長不信任動議」を自席から手を挙げて突きつけました。予測できなかった議員、市長ら理事者は驚いた様子でしたが、私は予定通りにやりました。松浪議長が5月24日議長選立候補時に本会議場でみんなに約束した公約「給与条例を提出するときは労使合意できていると思っている」という、労使合意公約を破ったこと、今回の「訂正」案では、職員への説明も協議も行われなかったのに、審議に応じたことに抗議して「不信任動議」を出したのです。1人以上の賛成があれば、動議は採決されるので、成功しました。

すぐに議会運営委員会が開かれ、動議が採決されることが決まりました。本会議場で演壇から議員と傍聴者、職員、市民に向かって、松浪議長が議長になりたいためにだけ述べた公約に違反したことを弾劾したのです。誰か、質問か討論があると思ったのですが、ありませんでした。日本共産党は、松浪武久に投票したようだから、一番強く弾劾しなければいけないのに、何もせずに賛成しただけでした。投票結果は、3:14で採決されませんでしたが、傍聴者と職員は支持してくれたと思います。

次に、8~13%削減する条例「訂正」案の採決になりました。真っ先に私が、反対討論に立ちました。千代松市長が提案した職員給与を大幅に下げる案は、根拠が示せず、ともかく公務員を適し、労働組合をつぶしす攻撃であ留ことを弾劾しました。給与は生活給であり、職員の生活を破綻させることを具体的に追及してきました。市長は全く知らず、知ろうともせず、労働者が死んでも平気な資本家階級の人間であることがはっきりしました。労働者が生きていくためには、打倒するしかないことをはっきりとしました。採決では、15:3で可決されましたが、闘いの構図ははっきりしました。市職労働者の未来を市長と議会に決められてたまるか、ということです。

闘いは、これから激しくなることもはっきりしています。千代松市長は、この後さらなる賃下げと民営化・外注化を進める姿勢を隠してもいないこと、闘いはこれから激しくなることを述べました。保育所を今ある7園から、1園に減らす民営化、ごみ収集車の3人乗車から2人乗車に減らし、民営化を進める攻撃も迫っていること、さらに窓口業など、絶対に阻止する闘いを呼びかけます。

この間はっきりしたことは、市職労が全く闘えない労働組合であること、保育所など現場の労働者の怒りを押さえ込むことにやっきになり、闘いを裁判などにそらしていくことを批判してきました。本庁、出張所、現場の職場にこれだけ大きな怒りがありながら、全く組織できないで敗北に導く路線であることを批判してきました。

勝利できる路線は、現場の労働者の怒りを闘いに、動労千葉や関西生コン支部のように、労働者の決起でストライキでも何でもやれる労働組合に作り替えていくことです。千代松市長との闘いは、始まったばかり、これからみなさんと一緒に闘うのです。勝てる展望、自信はあります。やりましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

息継ぎのための条例「訂正」

24日、総務産業委員会が8日ぶりに再開されました。冒頭、千代松市長から「20%削減議案を訂正させていただきたい。27日の議会運営委員会にはからせていただきたい」と、発言した。北谷委員長と裏で話は付いていたような雰囲気であった。

私が市長に「新たな案を出すのであれば、労使合意が必要だ。どうするのか」と質問すると市長は「私の責任で提出する。労使交渉は考えていない」と居直った。

「訂正」案は、一時的に削減率を下げる息継ぎ案で、再び削減率を20%にしようとするのは、火を見るより明かだ。闘いは、これからますます非妥協になっていくことは明らかだ。

市長が「私の責任」とあえていったのは、担当課から「労使協議が必要」との意見を聞かずに出すからだ。つまり千代松市長は労働組合つぶしの確信犯なのだ。

議会を通すために「訂正」するsign02 そんなご都合主義など許せないsign03 職員給与は市長と議会だけで勝手に決めるものじゃないぞsign03 

「訂正」を言うのなら、これだけでたらめをやってきたことを、職員に対して謝罪しなければいけない。その上で、「訂正する」根拠を示さなければいけない。職員の生活と市政運営がかかっているのだから、そんないい加減なやり方は許されるはずがないsign03

謝罪もしないで、しかも労働組合と交渉もしないで、議会に出すとは、全職員に対する挑戦であり、愚弄である。この経過に、職員はすごく怒っている。当たり前です。人の未来をもてあそぶなpunchannoy みなさん、怒って闘いましょうup \(*`∧´)/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

日本共産党の屈服と裏切り

職員給与20%カットとの闘いで、日本共産党の屈服と裏切りがすご~くはっきりしてきました。議員と市職労幹部は、労働者の現場からの闘いは抑えるし、絶対に闘わない連中であるいうことです。昨年末の日本航空の整理解雇の時も、スト前夜に日本共産党指導部がストをつぶしました。そして裁判にもってったのです。裁判なんか国も日航も恐れていない。ストライキをやったら、全社会問題になり、国と日航資本を完全に追いつめ、多くの労働組合、労働者の支援陣形を作れたのです。本当にひどい裏切りです。

1、窪議員、山下議員の質問、討論は、千代松市長と対決していない。「ひどい、ひどい」と泣くだけで、最後は「要望しておきます」で終わり。14日本会議、16日総務産業委員会での情けない質問を聞きましたかsign02 全く怒りがないし、問題の本質をはぐらかしている。私は、職員の張り裂けんばかりの怒りを市長にぶつけました。市長は切れていました。 

2、日本共産党議員団は、5月臨時議会で、市長ら特別職の給与削減案に賛成しました。これは、6月議会で職員給与の20%削減案を通すためだということは明らかであるにもかかわらず、賛成しました。これは、20%カットに賛成する道につながっているということです。本会議場で堂々と反対討論して反対したのは、国賀だけでした。市職員はこの条例案に10人中10人が「反対」と言っていました。

3、市職労幹部は、公開団交に応じました。これは千代松市長への屈服です。対決姿勢がなく、その団交でも終始押されっぱなし。組合員に怒りを表明させない。言葉遣いも本当におとなしい。傍聴していた組合員が悔しがっていました。

4、議会への傍聴も組織しない。議場で職員本人らが市長に抗議のヤジをたたきつけ、退場させられたら、職員全体に闘いは絶対に広がるのに。また職場集会もやらない。職場の団結を作らない。座り込み、ストライキもやらない。市役所の労働者が怒って闘ったら、1人の孤立した市長に負けるはずがないsign03 

 日本共産党が最悪なのは、日本共産党を批判して闘う組合員が出てきたら、恫喝し孤立させる卑怯なやり方を取ることです。自分たちは闘わないで、他の闘う団体や組合員に襲いかかる、本当に卑怯な反革命です。私がこれまでどれほど多くの裏切りを経験し、みてきたことか、怒りを抑えられません。

 職員のみなさん、日本共産党、市職労幹部を乗り越え、打倒して、この闘いに勝利しましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

総務産業委員会

16日、総務産業委員会があり、職員給与を20%削減する条例案が出てきました。

審議の結果、反対したのは私と窪さん。あとの6人(中藤大助副委員長、中村哲夫、松浪武久、布田拓也、岡田昌司、辻中隆)は、「判断できる材料がない。労使合意できていない」と退席した。その結果、北谷育代委員長と国賀、窪の3人しか残らず、採決する人数が足らず、採決できない事態になりました。休憩を挟んで最後に北谷委員長は、多数決で延会にしました。

松浪武久議長、辻中隆副議長までもが退席するのは異常であり、批判は免れません。「判断材料がない。労使合意できていない」というのであれば、松浪議長は、「議案審議できない」と千代松市長に議案を突っ返すべきです。国会では、西岡参院議長が公務員給与10%削減法案の審議をしないと言っています。

次に審議内容ですが、まず私が聞いたのは、「ウソをついて20%削減するな!」ということでした。

1、【国賀】 昨年度決算で赤字が6億円減った。今年度も1億円くらいになるとのことだが、間違いないか。3年で再生団体に転落する根拠はあるのか。

【行財政課長】 そういうことで決算で6億円改善したということです。私の方で、3年で再生団体に転落すると予測できるものはありません。

【国賀】 市長は、「3年で転落する」とウソを言って、労働組合を脅して20%削減するのか。

【千代松市長】 不確定要素を積み上げていったら再生基準を超えていくという予測になった。

【国賀】 2ヶ月前に市長になった人の予測にしかすぎない。財政課長の意見を無視した根拠のない暴論だ。

2、【国賀】 職員はみんな、「私らが何か悪いことをして20%カットされるのか」と怒っている。

【千代松市長】 職員にも一定の責任はある。

【国賀】 一定の責任が20%カットか。懲戒処分より重いではないか。

3、【国賀】 20%カットしたら生活が破綻する職員も出てくる。どう責任取るのか。

【千代松市長】 堪え忍んでがんばってほしい。

【国賀】 破産する職員が出たら、どう責任を取るのか。

【千代松市長】 それで生活してほしい。

【国賀】 それが市長の言うことか。自分が職員を破産させておいて、「堪え忍べ」とはいったい誰に言っているのか。それでも人間か!

本当に怒りに耐えない答弁の連続でした。職員はみんな怒り、千代松市長は完全に孤立しています。我々が団結したら、負けるはずがありません。

今の時代は、こういう種類の人間が首長になる時代になってきたと思います。橋下知事もそうです。しかしそれは資本主義時代の最末期であるということでもあります。ナチスが出てきたときもそうでした。革命派とナチスの激突、ナチスが勝利したとたんに戦争に突入し、敗北していく。そして再び革命期が到来しました。

そういう時代ですから、私たちこそが団結して闘いましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

千代松市長との対決

14日市政方針に対する質問をやりました。予告したとおり「職員給与20%削減問題」です。

泉佐野市の20%賃下げを徹底的に批判して、これが新自由主義攻撃の最先端にあると暴露して質問しました。

私が「財政赤字の原因は関空関連事業。市長ら理事者と国、府、企業の責任だ。職員に何の責任があるのか。賃下げするな」と批判し反対しました。実際、1700億円もの事業をやり、1200億円も借金を残しました。税収が200億円の市に払いきれる借金ではないのです。事業で企業はぼろもうけし、そのおこぼれをもらった利権屋もいます。市職員は、残業続きでまじめに仕事をしてきただけです。

千代松市長は「公務員は、税金で給料もらっているのだから、赤字になったら税金を返すのが当然」と言った。新自由主義者たちはいつもこう言う。自分たちがもうけ、自分たちが赤字を作った責任を棚上げし、全部労働者に押しつける。この点は、民間も同じです。他方、公務員も民間も労働者の給料は、生活するために不可欠の給料です。しかも社長と株主=資本家や市長らにピンハネされて、働いた分の4分の1しかもらっていない。4分の3もピンハネしておいて、まだ足りないのか!

結局、資本家とその手先の政治家は、自分たちのもうけを増やすために、こういうことを言って賃下げしてくるのです。資本家にとっては、金もうけが目的ですから、失業者が増え、労働者が貧乏になればなるほど、賃金を下げて働かせることができるから利益になるのです。労働者の不幸が、資本家の利益になるのです。絶対に和解できない関係です。

私は、市職員に向かって「こんなことを言われて我慢できますかsign02 職員は食えなくなっても働けと言われているのですよ。もう我慢する必要はない。一緒に闘おう」と議会で呼びかけました。

多くの職員が支持してくれました。議会が終わった後も、各階で支持されました。市職労働者の怒りは確実に大きくなっていると感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

明日、質問します

 明日14日(火)15:30頃から、私が千代松市長に本会議で質問します。誰でも入れますので、応援に来てください。

 私の質問は、市職員給与20%削減することに反対する質問です。

 いったい市職員は「何も悪いことはしていないのに、何でこんなひどいことをするのかsign01angry」と怒っている気持ちをぶつけていきたいと考えています。

 20%も賃下げされたら、生活が破綻する職員が大勢出ますが、千代松市長はそれを知っているのか。sign01 知ってやっているところに悪質さがある。「いやならやめたらええ」と言うらしいから。ふざけるなsign03 いったい市役所を誰が回してきたと思っているのか。4月に市長になったばかりの者が、そんな偉そうにいって、市をつぶすのか!

 千代松市長のやっていることは、民主党政権と資本家の先頭を行っている。今の日本はこういうやつがいっぱい出てきた。むき出しの奴隷支配のやり方で、労働者が次々に怒る。「蟹工船」のような世界に戻っている。それはもう倒されるしかない市長、首相、知事、社長ら資本家連中ばかり。

 さあ、みなさん!これから仲間が増えるばかりだ。がんがん行こうぜsign03

 それにしても、今日の布田君の質問は最悪だったwobblydown 千代松市長を尻押しして「計画を立ててくれたら20%削減に賛成する」「計画ができたら、職員も自発的に協力してくれる」と言っていた。後で職員はみんな、「これ以上、1円も給料を取られたくない」「誰がこれ以上協力するかpunchannoy 」と怒っていた。

 明日は、職員のみなさんの気持ちをめいっぱい出していきたい。共に闘いましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

38人全員取り返した!

 5月20日に三里塚天神峰現闘本部裁判控訴審判決に抗議して、闘っていた仲間38人全員を取り返した、との連絡がありましたsign01 大勝利sign03 当然といえば当然ですが、逮捕そのものが、絶対に許せない弾圧だsign01 警察権力は何をやってもいいのかsign03 絶対に許さないぞsign03 

 不当逮捕された私としては、無茶苦茶腹を立てているpunchannoy どないかして、あいつらをやっつけてやりたいthunder 

 我々は、裁判所の中で裁判長に要請していた当然の行動だ!弁護士と共にやっていただけだ。

 三里塚闘争の爆発で、国鉄闘争の爆発で、関空闘争の爆発で、思い知らせてやるぞsign03typhoon

| | コメント (2) | トラックバック (8)

みなさん、20%カットに絶対反対で闘おう!

 今日もビラまきしました。市役所本庁と出先支所に配ってきました。

 職員は、みんな怒っています。民間労働者にも真実の話をすると、「それはひどい。俺らと同じや」と応じてくれます。やっぱり当該の市役所職員が自分で声を上げ、闘いを始めることが一切を決めると思い、ビラで呼びかけました。

 多くの職員と話すると、「市長はなぜ、こんな無茶苦茶を始めるのか、さっぱりわからない。腹が立って仕方がない」「これを、どう考え、どう行動したらいいのか、わからない」という声が多い。

 私は、「千代松市長だけが特殊じゃない、橋下知事はじめ、今の時代はそういう連中が出てくる時代だ」と、我々が腹をくくって闘うことが肝心だと言っています。世界大恐慌と3・11大震災で情勢は一変しました。資本主義は終末を迎えています。そのために、資本家連中とそれを支える政治家は、労働組合と労働者を敵視し、賃下げ、解雇して、全部労働者に犠牲を押しつけて延命しようとしている、というのが本質です。第2次世界大戦前がそうでした。

 市職労が、「千代松市長だけが、市長としての資格も見識もない」と批判して「良識」を求めたところで、それを聞くような連中じゃない、日本も世界もこういう連中が増えている、「労働者は貧民窟にいて、やっと食えるような生活をさせた方がいい」と考えるのが資本家です。「生活が破綻し、家を売って、貧乏になった方がおとなしく働く」と千代松市長や資本家連中は考えているのです。こいつらは、吸血鬼のような連中です。自分は働かずに、労働者に死ぬほど働かせ、贅沢をする。

 だから、千代松市長や橋下知事を説得しようとしても、無力です。労働者多数の団結を拡大し、労働組合を闘う組合に変え、闘って打倒するしかないところまでいっています。エジプト革命をみて下さい、世界に拡大しています。労働者多数の決起は必ず起きるし、必ず勝利する。私は、そういうつもりで、議会内外で闘っています。みなさん、本当に腹をくくって闘いましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

給与2割カット条例案を議会に出してくる。決戦だ!

 5月31日、6月議会で審議する議案、補正予算、新市長の施政方針などが議i員に配られました。

 その中に、「職員給与を一律2割カットする条例案」が入っています。いよいよ大決戦です。千代松市長は、労働組合と決裂したが、あくまでも押し通そうとする強引なやり方です。「職員=労働者が死のが苦しもうが、知ったことではない、市長と資本家のために働けsign01」と言っているのです。

 「資本家に人格はない。資本家は、利潤追求する資本そのものになる」とマルクスは弾劾しました。その通りに市長はやってきている。千代松市長に、理性や人間性を求めても無駄sign01 闘って倒すしかない! これが新自由主義者との闘い方、世界中同じです。全国全世界の労働者と団結して、倒す覚悟を決めて闘いましょう。

 私は午後、松浪議長に申し入れをしました。本会議場でみんなの前で「労使合意が必要。合意がなされて議会に出されるものと思っている」と表明した以上、労使合意のないまま議会に出してきた条例案など「突っ返すべき」「労使合意してから出してくれと言うべき」だと申し入れ、市長にその旨言うことを約束させました。

 31日は、早朝から市役所本庁で職員にビラまきし、その後、出先のクリーンセンター、上下水道課、保健センター、図書館、歴史観、生涯学習センター、体育館、施設組合などを回って、職員にビラを配って、話してきました。「やっぱり出ましたか」「ついに出てきたか」「どうしよう」「否決してください」等々、怒り、とまどい、困惑、様々な反応が返ってきます。毎回ビラまきしていますが、怒りを表明する人、闘いを表明する人がだんだん増えています。

 もう一つ職員が怒っていることがあります。先々週の部長会で、市長が口頭で「金髪、ピアス、ネックレス、スリッパ等々、見苦しい身だしなみはしないように」と指示したらしい。それを副市長名で「服装、身だしなみに注意するように」文書で出したらしい。「まるで中学校の校則。市職員も中学生のように命令されている。我慢できない」と怒る職員ばかりです。

 給与カットの上に、なんやかやで、「もう千代松市長の元ではやっていけない」「どうやってやめさせたらいいのか」という職員が増えてきた。市長に当選してから1ヶ月余。あっという間に、倒すか倒されるのかの決戦情勢になってきた。こういう情勢こそ、私らがもっとも得意とする情勢、時代です。もう世界中でそうなっている。労働者の方が圧倒的に多いのだ。何も恐れるものはない。闘いましょうsign03

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »