« 市職員の給与20%カットに断固反対する! | トップページ | 市役所にビラ »

2011年4月30日 (土)

20%賃下げに怒りが広がる

千代松市長が「職員給料20%カット」方針を出したことに、市職員全体に怒りが広がっている。「20%も下げられたら生活できない」「ローン、教育費が払えない」「これまで賃下げに辛抱してきたことをどう思っているのか。もう我慢の限界pout」「市長も37歳の職員給料で20%下げられて生活してみろsign01」などなど、怒りが充満している。

怒るのは当たり前です。20%賃下げられたら、40歳で6~7万円になり、手取り月収は20万円を切る。50歳管理職で10万円を超え、手取りは20万円そこそこにまで下げられてしまう。新入職員は、初任給が18万600円で府内最低だが、14万4480円にまで下げられ高卒以下になる。まさに最低賃金にされるのだ。まさにワーキングプアに落とされ、結婚も子育てもできなくなる。

千代松マニフェストでは、「国・府の支援などという『とらぬ狸の皮算用』ではなく、確実性の高い財源を確保していきます」と20%カットの考えを述べている。給料を『財源』とは、何という認識かsign02 これは、私に言わせれば、「人の財布に手を突っ込んで金を取っていく泥棒」の考え方そのものではないか。

職員給料は職員が生活するために必要な給与であり、職員のものです(実際には、働いた分の4分の1しか受け取っていない。もっと受け取る権利がある)。その給料から「取る」というのは「盗人」だ。『蟹工船』に出てきた奴隷頭と同じではないか。

こんな無茶苦茶な生活破壊を許せるはずがないsign03 労働者をなんだと思っているのか。奴隷のようにしか考えていないのではないかsign03 資本家=会社経営者が儲けるためには、働く労働者は最低賃金でいいという傲慢な考なのか。いつまでも労働者が黙っていると思ったら大間違いだ。

市職員のみなさん、もう黙っていては生きていけないsign03 立って闘おうsign03 赤旗を立てて闘おうsign03 私はみなさんと共に闘うsign01 決して裏切らないsign01

|

« 市職員の給与20%カットに断固反対する! | トップページ | 市役所にビラ »

労働運動」カテゴリの記事

コメント

5月6日に俺は、國賀事務所で中川氏のお話お聞きして、本当に千代松は、悪魔の様なやり方をしてます(`_´)

投稿: 中川育子氏の部下 | 2011年5月 6日 (金) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/39809833

この記事へのトラックバック一覧です: 20%賃下げに怒りが広がる:

« 市職員の給与20%カットに断固反対する! | トップページ | 市役所にビラ »