« 三里塚現地闘争 | トップページ | 相模原市議選、西村さんの応援に行ってきました »

2011年3月31日 (木)

3月議会ー1 赤字予算をチェックできなかった予算委

来年度予算案は、当初から25億円もの赤字予算でしたが、予算委員会がチェックできず、議論もほとんどされず、通してしまったことが、大問題です。

議会の一番大事な役割は、市長ら執行部の不正や暴走を許さないことです。今回の赤字予算を認めてしまうとどんどん赤字がふくらみ、赤字再建団体に陥ってしまう危険があるのです。再建団体ラインは、40億円ですから、あと15億円です。こういう危機感を持って委員会に臨まなければいけないのです。

予算委員会ではそういう議論はされなかったので、私は、本会議場で赤字予算の危険性と議会の役割について、討論しました。以下、大事なところだけ抜粋します。

「一般会計予算は、まず何よりも実質収支25億円の赤字予算、単年度で13億円の赤字予算を組んでいることに強く反対します。

辞めていく新田谷市長は、『骨格的予算』と言いながら、25億円もの赤字予算を組むとは、まったく信じられないやり方です。そもそも行政の予算は、単年度主義だから、収支均衡が原則です。これは基本中の基本です。赤字予算を組むこと自体が禁じ手です。前年度の赤字を残すのは仕方がないとしても、来年度に13億円もの歳入不足予算を組むことなど論外です。財政担当でこんなことも検討せずに出すこと自体が失格です。仮に赤字予算を組むとしても、財政再建計画を明らかにした上でしかやってはいけないことです。財政健全化計画修正計画では、来年度は単年度黒字で実質収支は7億円の赤字になっており、まったく予算案と違っています。予算も健全化計画も全部やり直さなければいけないような深刻な内容です。

新田谷市長は記者コメントで『市民に厳しい状況を理解してもらうために、あえて歳出超過予算を組んだ』と述べている。なんと傲慢なコメントでしょうか!辞めていく市長が、大赤字予算を組んで『これだけ赤字を残してやったぞ』と言って、次の市長に引き継ぐのでしょうか。私にはまったく理解できませんし、常識はずれで恥ずかしい限りです。

こういう予算案であるのに、予算委員会でこういう内容のチェック議論がされていないことが残念でなりません。議会はチェック機関が一番の役割だから、こういう予算の組み方を議論しないのでは、市民から『何をやっているんだ』と言われても説明できないでしょう。こういう議論をしないで『附帯決議』を付けるやり方もおかしなやり方です

予算委員の名は、議会に聞いてください。

|

« 三里塚現地闘争 | トップページ | 相模原市議選、西村さんの応援に行ってきました »

「議員活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/39431232

この記事へのトラックバック一覧です: 3月議会ー1 赤字予算をチェックできなかった予算委:

« 三里塚現地闘争 | トップページ | 相模原市議選、西村さんの応援に行ってきました »