« 新年互礼会 | トップページ | バザー »

2011年2月12日 (土)

エジプト

110212 エジプトでムバラク政権が崩壊した。チュニジア蜂起からエジプト革命が始まった。この情勢は、全世界の労働者、特に青年労働者を激しく突き動かしているにちがいない。

今回のエジプト革命の主役は、青年労働者と労働組合だ。いわゆる「イスラム主義者」ではなかった。今やアフリカには、資本が進出し工場が建ち、労働者が圧倒的に増えている。

ここに世界大恐慌が起き、この情勢を生み出した。高い失業率、食料の高騰、長い政治的抑圧、貧困などが拡大し、ついに爆発した。中心にいるのは、若い青年労働者だ、労働組合だ。官製労働組合の支配を打ち破って、初めて蜂起できた。

エジプトの新しい労働組合は声明で「人々を動かしているのは、どこかの野党やイスラム主義者ではなく、権利を求める青年たちによって組織された社会全体の行動(革命)だ」と言い切っている。この間、繊維工場やスエズ運河、鉄道、バスの労働組合がストライキで闘っている。全国に拡大して蜂起を生み出した。そしてインターネットが威力を発揮した。マルクスは「鉄道の発達が世界を近くした」と言ったが、インターネットも同じだ。資本主義をひっくり返す武器に転化している。

大恐慌は収まるどころか、拡大している。失業と食料危機、そして戦争の危機、世界中同じだ。そして国家財政破綻が日本、アメリカ、ヨーロッパで迫っている。アフリカで始まった革命は世界とつながっている。確実に拡大していく。国家権力や資本家がどうあがこうが、止めることはできない。

|

« 新年互礼会 | トップページ | バザー »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/38868948

この記事へのトラックバック一覧です: エジプト:

» 現代のナチス=日本国憲法違反の犯罪組織・公安警察の黒幕・山田秀雄らによるネット規制について [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
★a href="http://blog.with2.net/link.php?177159">ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください 3月4日、菅民主党政権が共謀罪法案の一部であった「コンピュータ監視法案」「強制執行妨害罪改悪法案」の閣議決定・即日国会提出の強行を策動したのに対し、治安立法と闘う仲間は国会闘争に決起し、当日の閣議決定を阻止しました。この間の攻防で反対の声を広げ、支配階級に分裂を強制してきた中で、強行を「延期」せざるを得なかったのです。しかしあくまでも菅政権は... [続きを読む]

受信: 2011年3月 7日 (月) 08時01分

« 新年互礼会 | トップページ | バザー »