« 共産党の正体が出てきた | トップページ | 新年互礼会 »

2011年1月 1日 (土)

2011年新年のあいさつ

 新年あけましておめでとうございます

 1101012011年は、日本で、世界で、社会を根本から変える年になるでしょう。私は、皆さんと一緒に、職場や地域に、とくに自治体に団結を作るためにがんばります。

 昨年11月23日の北朝鮮の砲撃事件で世界情勢は根本から変わりました。アメリカは、北朝鮮と中国に対して戦争を決断したとみなければなりません。日本に対しても体制解体的な争闘戦をやってきている。沖縄米軍基地の強化と、関空や成田の軍事空港化も不可避で、決戦が近づいています。

 菅民主党政権はぐらぐらです。外交も内政も混乱と迷走、ほとんど政権の体をなさず、分裂状態に陥っています。そこから凶暴化し、新防衛計画大綱で「南西防衛戦略」、自衛隊派兵恒久法の検討、消費増税など、自民党でできなかったことをやって延命しようと、資本家階級=経団連の先兵になりきろうとしています。他方、労働者、民衆は、民主党の大転向に怒り、闘いの激突は不可避です。そんな中、連合や全労連は体制転覆を死ぬほど恐れ、最悪の裏切り者になっています。日本航空の労働組合のストを圧殺した裏切りは、歴史に残る裏切りです。こういう既成労働運動の指導部を打倒して、新しい労働運動、闘う労働運動をよみがえらせることに、すべての未来がかかりました。今年はそういう次の社会を準備する年になるでしょう。がんばりましょう。

 皆さんは、いかがお過ごしでしょうか。今年も心のこもった年賀状を多くいただきありがとうございました。毎年にいただく方、初めていただく方、それぞれの方に思いを巡らしながら読んでいます。今年もよろしくお願いします。

|

« 共産党の正体が出てきた | トップページ | 新年互礼会 »

私のページ」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
ふくろうさん、前にもコメントをいただきました、ありがとうございます。早く仕事が見つかるといいですね。祈っています。
私は、格差是正、雇用対策など、労働者の問題に、今年はよりいっそうがんばって取り組んでいきたいと考えています。
格差や失業の問題は、民営化・外注化と非正規化の問題といってもいいと思っています。企業=資本家は、少しで多くもうけようとし、外注化するし、給料を下げてくる。不況になればなるだけ、そういうやり方が増えてくる。これは資本主義の末期症状で、必ず恐慌が起きるのです。
結論を言いますと、私は資本主義の体制を変えるしか生きられる道はないと考えています(o^-^o)。

投稿: 国賀 | 2011年1月 8日 (土) 11時57分

明けましておめでとうございます。

私は 1970年2月生まれで 現在 失業中で 求職中です。
高校を卒業した18歳から 定年の年齢よりも上のかたまで 求職者 全員が 就職できる 日本を 期待しています。
本年も 議会でも 格差是正 雇用対策を 提案して下さい。

本年も よろしくお願い致します。

投稿: ふくろう | 2011年1月 7日 (金) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/38332614

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年新年のあいさつ:

« 共産党の正体が出てきた | トップページ | 新年互礼会 »