« 関空ー伊丹空港の統合問題 | トップページ | 2011年新年のあいさつ »

2010年12月29日 (水)

共産党の正体が出てきた

 12月議会に共産党から「北朝鮮に抗議する決議(案)」が提案されました。11・23ヨンピョンドへの砲撃に抗議する内容ですが、自民党あたりから出てくると予想していたのですが、何とsign01共産党から出てきたのですsign03 考えてみれば、共産党が本性を現しただけで、驚くに当たらないかもしれません。戦争情勢に直面した時、1930年代がそうでした。スターリンは世界の革命運動を裏切り、圧殺し、参戦しました。1970年闘争では全学連の学生のバリケード破壊に来たのは共産党の「暁行動隊」でした。

 共産党の決議(案)に反対討論したのは私だけでした。決議(案)の内容は、北朝鮮を非難するだけで、アメリカの戦争策動、軍事演習には何もふれていません。実質的にアメリカを擁護し、日本の参戦を尻押ししているようなものです。北朝鮮に対する米韓、米日韓、米単独、韓国単独など切れ目のない軍事演習で、戦争挑発をやっているのであり、北朝鮮を国家丸ごと押しつぶそうとしているのです。軍事力の差は、10000:1くらいの圧倒的な差があり、米第7艦隊だけで北朝鮮を100回も壊滅するほどの軍事力を持っていると言われています。

 今回の事態を「アメリカ帝国主義の侵略戦争の開始」ととらえないと本質がわからない思います。世界恐慌に追いつめられたアメリカ帝国主義が、対中国、対北朝鮮への戦争を始めたもので、引き返ししがきかない過程に突入したとみなければいけない。北朝鮮の砲撃は卑劣で決して許せないものではある。北朝鮮の内部崩壊状況と、アメリカの軍事重圧が起こしたものと思われる。が、アメリカの戦争を同列に論じることはできない。アメリカの11月23日は、歴史的な日となった。戦争と革命の時代が本格化した。万策尽きて絶望的な戦争を始めたのは、帝国主義者の方だ。我々は、ついに訪れた革命の時代だ。これから新しい歴史が始まるsign03

 そういう時に、日本航空の整理解雇攻撃に対してストライキで闘おうとしていいた労働組合の闘いを、日本共産党と全労連がつぶした。この情勢で日航の労組がストライキで闘ったら情勢はひっくり返っていた。動労千葉や関西生コン支部のようにストで闘えば、民主党政権を倒すような闘争に発展していただろう。共産党は、政権崩壊を恐れ、救済者として登場している。革命期には必ず闘争の圧殺者として現れる。これと闘って前進しない限り労働者、民衆の勝利はない。

 闘いは、11・23で火蓋を切った。いよいよ待ちに待った闘争の情勢に入ったのです。帝国主義者には未来はない。我々には、未来がある。これからだnoteup

|

« 関空ー伊丹空港の統合問題 | トップページ | 2011年新年のあいさつ »

「議員活動」カテゴリの記事

コメント

日本共産党は とても 恐ろしいよ。

投稿: 日本共産党めっちゃ大嫌い男 | 2011年1月 6日 (木) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/38259796

この記事へのトラックバック一覧です: 共産党の正体が出てきた:

« 関空ー伊丹空港の統合問題 | トップページ | 2011年新年のあいさつ »