« 父の墓参りに淡路島へ | トップページ | 「新システム」で質問しました »

2010年9月26日 (日)

28日に「子ども・子育て新システム」について質問します

 9月議会の一般質問が27日~28日まであります。私は、28日午後1時ころの予定です。質問は、「保育行政」です。1、子ども・子育て新システムについて、2、保育士の配置基準について、の2項目です。本会議場ですから、誰でも傍聴できます。興味のある方は、傍聴に来てください。

 「子ども・子育て新システム」は、究極の民営化攻撃です。民主党政権がすすめている「新成長戦略」に位置づけ、「幼保一体化で多様な事業主体の参入、雇用の拡大」と言っている。来年通常国会での成立を目指し、再来年からの実施を目標にしているという。要綱を6月29日に決定したばかりで、来年春までに法案化するというドタバタだsign03 こんなデタラメなやり方で決められたらたまらない!

 内容がとんでもないsign03 保育所と幼稚園を廃止し、「子ども園」に一体化するというのだが、保育所は国の措置制度から、子ども園との契約へ、サービスに変えられる。まるで介護保険制度と同じようなものに。そして短時間保育、早朝、深夜保育を導入すると言う。つまり、民間企業が参入してきて、個人と契約し、短時間の保育士を雇って(まるで介護ヘルパーのように)低賃金でこき使うというのだsign03 雇用の拡大だとsign02 正規職を解雇して、短時間・低賃金の「子ども士」(保育士、幼稚園教師を統合して言うらしい)を雇って「雇用の拡大」とはよく言ったものだdown

 すでに民間保育所は「つぶされる!」と悲鳴を上げている。公立保育所もつぶし、民間企業のもうけの餌食に差し出すというのが、政府の方針だ。国の補助金を減らし、公立保育所と幼稚園をつぶし、民間企業が参入しやすくしていくというのが基本的な考えのようだ。「こんなことをしたら、無茶苦茶になる!punch」と怒りの声が上がり始めています。

 政府は「待機児の解消」とか「多様なサービス提供」とか言っていますが、うそばかりです。言ったとおり、民営化と非正規職化で、労組をつぶして金儲けしようという新自由主義のやり方です。泉佐野市はじめ、すでに少子化で待機児が解消されている自治体が多くなっていると思います。民主党のやることは、経団連と一体化した新自由主義そのものです。絶対に許さない闘いを全国的に作りましょうsign03

|

« 父の墓参りに淡路島へ | トップページ | 「新システム」で質問しました »

「議員活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/36938687

この記事へのトラックバック一覧です: 28日に「子ども・子育て新システム」について質問します:

» 日中対立と小沢攻撃は、米帝金融資本による日中ガイドライン遂行とドル防衛のための策動だ! [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
★a href="http://blog.with2.net/link.php?177159">ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください 9月8日に中国漁船衝突事件が起き、日本と中国は領土紛争の様相に陥り、せっかく進んできた日本と中国の経済交流、いいかえれば東アジア経済共同体にひびが入る状況になってきている。 また、日本と中国の政治・経済交流を掲げ、東アジア共同体構想をあげた小沢一郎さんに対するバッシングが同時進行的に起こっている。 これは、日本と中国の政治・経済交流から東ア... [続きを読む]

受信: 2010年10月 8日 (金) 09時16分

« 父の墓参りに淡路島へ | トップページ | 「新システム」で質問しました »