« 沖縄の宮城選挙に応援に行ってきました | トップページ | 父の墓参りに淡路島へ »

2010年9月16日 (木)

小学校を統廃合する審議会条例

100228  9月8日総務産業委員会で小学校の統廃合を審議する「泉佐野市教育問題審議会」を設置する条例案が出てきました。

 理由は明らかです。新田谷市長が以前から言ってきた小学校の統廃合、外部監査を受けて指示し、教育委員会が審議会を設置するのです。財政が赤字なので小学校まで減らす!のです。目的は、第三小学校と佐野台小学校の廃校です。

 私は、以前から反対を表明しています。私の質問に対し、学校教育部長は「市長から依頼があった第三小学校と佐野台小学校の統廃合について審議していただくために審議会を設置する」「来年5月ころまでに答申いただきたい」「審議が完了したら解任する」と。中藤教育長は「別の課題が出てきたら、別の新たな委員を決めてやっていく」と答弁しました。

 これほどはっきりした目的を持った審議会はありません。関空投資で借金を作り、財政が赤字になった、それで小学校も保育園も廃校にする。こんなことを許すことはできません。「1クラス20人を割る」小規模校のどこが問題なのかsign02少人数学級のほうが教師の負担が少ないし、子供たちも教師に疑問や意見をぶつけられ、いい学校になっています。学力テスト日本一の学校は、秋田県の小規模校です。だいたい世界の平均は1クラス20人です。1クラスに40人も入れる国はありません。

 ところが委員会では日本共産党・窪議員は賛成しました。自民党の千代松議員は動揺して退席しました。反対は私だけでした。議員も財政問題から教育、子育てを考える人が多いのが現実です。教育に金をかけるのがそんなに価値のないことなのかsign03 私は声を大にして皆さんに訴えたいrock

|

« 沖縄の宮城選挙に応援に行ってきました | トップページ | 父の墓参りに淡路島へ »

「議員活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/36774787

この記事へのトラックバック一覧です: 小学校を統廃合する審議会条例:

« 沖縄の宮城選挙に応援に行ってきました | トップページ | 父の墓参りに淡路島へ »