« 28日に「子ども・子育て新システム」について質問します | トップページ | 「メデイカル・ツーリズム」は金持のための医療 »

2010年9月30日 (木)

「新システム」で質問しました

 28日、予定通り午後1時から30分間、保育行政ついて、特に「子ども・子育て新システム」について質問しました。泉佐野市議会では、初めての質問で、傍聴者、議員、市長ら理事者も驚いていました。

 国賀の質問は、「新システムができたら、保育所と幼稚園はなくすのか? 株式会社に「子ども園」を経営させるのか? 保育士を短時間パートの非正規職に置き換えるのか? これが民主党の言う「雇用政策」か? という内容です。

 八島理事は、「保育所と幼稚園を一つにして「子ども園(仮称)」にする。そういう意味では保育所、幼稚園はなくなる。保育サービス供給のための制度を利用者と事業者の直接契約制度に切り替える。 民間企業の参入を認め、競争できるように価格を1本化し、自由選択権を与える。 働く側からの問題はあると思う」と答えていました。

 市長は最後に「所得に応じて今やっておる保育料を根底から変えるのであれば反対です。それであれば保育に対する国の責任をまるで放棄した形になりますので反対です」と答えていました。 

 まとめると、菅民主党政権が進めている「子ども・子育て新システム」は、公立保育所と公立幼稚園を全廃し、「子ども園」に1本化する。「子ども園」は株式会社が参入できるように規制緩和し、金儲けできるようにする。保育料は所得制を廃止し、一律の利用料に変える。それは、介護保険のように、保育サービスは1時間000円、訪問保育サービスは000円、幼児教育サービスは1時間000円といった具合に。そして利用者は施設と直接契約し、利用料を支払う。保育士は、正規職を解雇し、時給のパートを基本にした非正規職に変えていくようにするのです。まるで介護保険と同じか、もっと悪くなるでしょう。民主党政府はこれを「雇用の拡大」というのです。小泉のやった「派遣」よりももっと悪い低賃金の非正規職を拡大しようとしているのです。

 そして公立保育所、公立幼稚園、民間保育所もつぶし、全部を株式会社に運営させる。公立に勤務する保育士、幼稚園教師、約20万人を解雇し、数十万人の非正規職に置き換えるのです。

 こんな労働者の貧困化、使い捨て化を許すことはできません。労働者がまともに生きていけないような資本主義システムは、生命力をなくし、終わっているということです。労働者は決して唯々諾々と殺されることはありません。歴史的にも資本主義の300年間は、闘いの歴史でした。世界中で労働者のストライキが闘われています。日本でも、動労千葉と関生支部がストライキで闘い、勝利しています。闘いは必ず起こり、勝利するでしょう。

|

« 28日に「子ども・子育て新システム」について質問します | トップページ | 「メデイカル・ツーリズム」は金持のための医療 »

「議員活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/37005987

この記事へのトラックバック一覧です: 「新システム」で質問しました:

« 28日に「子ども・子育て新システム」について質問します | トップページ | 「メデイカル・ツーリズム」は金持のための医療 »