« さくら幼稚園と泉佐野保育所の幼保一元化 | トップページ | 8・6広島反戦・反核集会 »

2010年7月28日 (水)

辻元清美はやっぱり裏切ったか!

 昨日、辻元清美が社民党を離党すると朝刊に出た。午後に記者会見、情けない姿だった。記者会見で「反対だけでは日本は変わらない」「政策実現を果たしたい」「副大臣の経験」と言った。何だ、これは?帝国主義権力の一員になって、労働者人民を支配するのが、そんなに面白いのかsign03これが辻元の正体だった。昨年9月に副大臣になった時から、我々はこのことを見抜いていた。「社民党を離党し、次の選挙は民主党から出るのではないか」と。

 辻元は「JAL再建問題」「JR不採用問題の和解」を自慢するが、恥かしくないのかsign01JAL問題では、何の責任もない1万6千人もの労働者を解雇するではないかsign01これが解決かsign03 

 「JR問題の和解」は最悪だsign03戦後労働運動に汚点を残すとんでもない最悪の内容だ。24年間も闘ってきた1047名闘争を根絶する内容だ。国家的不当労働行為を謝罪しない、不当解雇に対する年金がない、わずかな解決金のみ。その本質は、「解雇撤回」を闘う労働運動を根絶しようという悪らつな攻撃だ。民主党政権のねらいは、大恐慌時代に突入した情勢で、労働者の闘いを恐れているが故に、破壊に出てきたということだ。その先兵が辻元清美だった!!国鉄を分割・民営化し、1047名解雇した張本人の中曽根にほめられて喜ぶ辻元、そこまで落ちたか、もはや労働者の手で打倒されるしかなくなった。

 しかし国鉄労働者はつぶされない、全国陣形で起ち上がっている!6月13日、東京で大集会を開き、「国鉄闘争の火を消すな」「国鉄分割・民営化反対!1047名解雇撤回」新たな全国運動がスタートした。動労千葉争議団9人、国労闘争団4人の13人で起ち上がった。大恐慌時代に通用する新たな労働運動のスタートだ。24年前の国鉄分割・民営化こそ、中曽根が、レーガン、サッチャーをまねて日本で新自由主義を始めようとしたのだ。国鉄分割・民営化から、労働組合破壊を拡大し、派遣や非正規を始めた。闘いの原点は、ここにある。動労千葉と1047名闘争は、新自由主義の完成を阻んできた!だから動労千葉と国鉄闘争に世界の労働組合が注目し、闘う路線を学習しているのだ。

 闘いは進む。辻元の裏切りなど踏み潰して進んでいく。また昨年衆議院選挙と今年参議院選挙で社民党と辻元を推薦してきた連中の破産も明らかになった。

|

« さくら幼稚園と泉佐野保育所の幼保一元化 | トップページ | 8・6広島反戦・反核集会 »

「議員活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/35931060

この記事へのトラックバック一覧です: 辻元清美はやっぱり裏切ったか!:

« さくら幼稚園と泉佐野保育所の幼保一元化 | トップページ | 8・6広島反戦・反核集会 »