« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月11日 (金)

病院特別委で市立病院独法化の「定款」を撤回させる!

 今日、午前10時から市立病院問題対策特別委員会があり、市立病院の「独立行政法人」設立に向けた「定款」が提案されました。結果は、市立病院の名称及び所在地が入っていない不備を追及され、最後に市長が定款を撤回して終わりました。大勝利sign03

 独法化に向けた最初の関門である定款の審議で撤回に追いこんだことは、市長に「出発からつまずいた」結果を強制し、これまで反対してきた病院労働者はじめ、多くの労働者、住民にとって幸先のよいスタートになりました。

 審議では、T議員が「法に書かれている事項で病院施設の名称と所在地がない。これは定款として不備なのではないのか」と質問した。これに対し、道下次長が「府立病院は複数あるので名称と所在地を書いているが、那覇市立病院は一つなので書いていない。コンサルも『これでいい』と言っていたので問題ない」と開き直りました。「コンサルが言っていた」という答弁ほど、実態を示す無責任な答弁はないsign03全部丸投げで、病院と職員の未来に責任を取らないと言っている!こんなやり方を許せますかsign02

 国賀が那覇市立病院の定款を持っていたので、「その答弁は事実と違う。那覇市立病院の定款があるが、15条で(病院の設置)という項目を起こして名称と所在地を書いている。ウソの答弁をするな」と追及しました。その後、定款のコピーを配り、休憩して討議を重ねた。K委員長が「ここで修正と言うことでどうでしょう」と提案があったが、国賀はじめ複数議員から「本会議で提案された議案である限り、本会議からやり直さないと違法になる」と反論した結果、市長が定款の不備を謝罪し、撤回する表明をした。改めて定款を議会に提出して、最初からやり直すことになりました。

 この事態は、独法化を急ぐあまり、病院職員との話し合いもせず、労組との協議もせずに、コンサルタントに丸投げでやってきた、必然的な結果です。「まず独法化ありき」で、病院や職員の将来を考えずに、コンサルに丸投げして無責任に進めた結果ですsign01

 市長のやり方はデタラメです。病院独法化の仕事は道下次長に集中し、さらに市本体の「財政健全化計画」まで道下次長が中心でやっている有様です。だから道下次長は「市が借金して病院に資本金100億円を出して、それをすぐに市本体に返してもらって、宅造などの借金を返済する資金に使うと、国が厳しいことを言ってきても乗り切れる」と病院の独立法人をトンネル会社のように使う発想まで出てくるのです。

 病院の独法化=民営化は、経営優先で職員と市民の未来を考えないとんでもないやり方です。国が医療を切り捨て、府も市もそれに従い、資本の金もうけの手段として病院を運営していくあり方に根本的に変えるものです。これこそ資本主義の行き着く先です。労働者も子どもも高齢者も生きさせられない資本主義downを労働者が決起してうち倒すときが近づいています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

橋下発言に抗議申し入れ

0912031 3日午後、大阪府空港戦略室に抗議申し入れに行ってきました。11月19日に続き2回目です。

2日には下地幹男衆院議員(国民新党政調会長)と阿部知子衆院議員(社民党政審会長)が府庁に来て橋下知事と会談しています。社民党は、与党になって、早々と関空の軍事基地化に賛成したのかsign03普天間基地の関空への一部機能移転が迫ってきたという危機感を持って抗議申入れに行きました。

申入れは、11月30日橋下知事が記者会見で「(米軍普天間基地の関西空港への移設について)政府から正式に話があれば、基本的に(議論を)受け入れる方向で検討したい」と、民主党政権に関空移設を誘導していることについて抗議し、米軍基地化に反対するよう強く申入れました。空港戦略室から4人出てきて、若い官僚が答えましたが、核心をはぐらかすふざけた内容です。「安保・防衛政策は国の専権事項。府が答えられる立場にない」と言うのです。

住民の会は怒かりまくって「これまで歴代知事は何と言ってきたのか知らないのかsign03関空は純粋民間空港、軍事使用はしない、と明確に述べてきたではないか」と批判し、次々に追及しました。その間約1時間半に及びました。

住民の会の立場は、「戦争のためにいる米軍基地は、沖縄にも関空にもいらない。即時撤退すべきである」ということです。これまで沖縄名護市の辺野古にも何回も闘争に行きました。宜野湾市にも行って伊波市長の考えも聞いてきました。その結果の見解です。

当日は、記者達も来ていました。夕方のニュースになりました。

泉州住民の会は、結成当初から関空の軍事使用に反対してきました。開港から15年目、ついに出てきた米軍基地化問題です。最初は岸知事も向江市長も「軍事空港は“ためにする議論”」と言って否定してきましたが、この事態を前にどう責任を取るのかsign02反対するのか。 我々は今こそ労働者、住民と共に強く反対運動を起こしていく決意です。泉州住民の会を追い出した関実はどうしているのでしょうか。「米軍基地再編に反対する」「関実は関空闘争の主体だ」と言っていましたが、関空の軍事基地化に反対しないのでしょうか?

世界恐慌が深まる中、資本主義の危機は底なしに深まっています。民営化と首切り、そして戦争に突入するしかなくなっています。われわれ労働者、住民の闘いは、資本主義を打倒する闘いにどんどん絞り上げれています。関空の軍事空港化との闘いもいよいよ重要になってきました。みなさん、ともに闘いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

人勧分の賃下げに反対

070926_2 11月30日、臨時市議会があり、人勧分の賃下げ議案を市長が提案してきましたが、私一人で反対し、堂々と討論しました。賃下げの中心は、期末手当=ボーナスを0.15ヶ月分=平均6万円下ることです。その上に、給与0.18%、住宅手当の廃止です。 夏のボーナスが約8万円下げられていますので、年間15万円ほど下げられることになります。

 私は、反対討論の中で、「自治体も民間も、財政危機になったら労働者の首切り、賃下げ、つまり労働者を犠牲にして乗り切ろうとする」ことに強く反対しました。資本家も行政も労働者が働いてこそ利益を上げ、行政を回しているのです。これまでの利益はすべて労働者が稼ぎ出したもので、資本家が作りだしたものではありません。それを利益が下がったら、資本家の取り分を減らさないために、労働者を切ってくるのが資本主義のあり方です。働かない者が贅沢し、働いている者が食うや食わずの生活、この資本主義のあり方をひっくり返さない限り、人口の大多数を占める労働者の生きていける道はありません。このことを強調しました。

 自治労も共産党系の自治労連も、団交で合意したため、日本共産党議員団も賛成するという体たらくsign03私一人だけが反対討論を堂々とやりました。多くの職員から賞賛と激励のあいさつがありました。 「反対討論.doc」をダウンロード

 また、たばこ税で「不交付団体」になり、臨財債の償還費3億6千万円、生活保護費の4分1分6億8千万円が入らなくなったことで国に財政支援を求める決議案にも反対しました。甘い話に乗ってこっぴどい目にあっているような「たばこ税」のやり方はおかしいのです。この点は、議会で初めて批判しました。多くの職員が支持してくれました。一度読んでみてください。  「反対討論.doc」をダウンロード

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »