« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月23日 (月)

空港反対の宣伝をやっています

0911211 航空局に申入れに行って来た翌日から『空港反対ニュース』と宣伝カーで市内を回っています。また日根野駅、泉佐野駅、市役所などにも早朝からビラ配りをやっています。

住民や労働者からの反応はすごくあります。関空に米軍を持って来るという話しには、「えーっ、そんなことsign02 やっぱり反対せなあかんね。黙っとったら大変なことになるね」と言う人が多かったです。「ニュースを見た」と言う人もいて、「こわいわsad あんなこと言う国会議員もいるんやね」と言っていました。

0911212 市民の中には「関空の赤字を埋めてくれるンなら、米軍に来てもらってもええんとちがうん」と言う人もいるらしく、私は宣伝カーから「関空赤字を埋めるために、人殺しする米軍を呼ぶのですか?金のために人殺しを認めるのですか?今の世の中、たいていの犯罪は金のためと違いますか?私らは、戦争も犯罪もなくすために闘っています。米軍基地は沖縄にも関空にもいりません。一緒に反対しましょうsign03」と訴えました。

関空に160億円も税金を投入するという話は、民主党の「事業仕分け」ニュースを見ている人が多く、けっこう知られています。「もう凍結になったんと違うの?」と言う人もいました。私は「まだわからへん。あれは民主党の話しやから。年末の政府予算原案の段階にならないとわからないので、こうやって反対しているのです」「だいたい160億円も税金を投入しても全部銀行にいってしまうのですよ」というと、みんな怒っていました。「税金は私らの仕事や生活のために使えsign03」と怒っています。当たり前やrocksign01

これからも宣伝カーで回りますので、一緒に回りましょう。そして見かけたら応援してください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

関空への補給金と軍事基地に反対の申入れ

091119 19日午後、関西空港への「利子補給金160億円を出すな!」下地議員の「普天間米軍基地を関空に」発言に出てきた軍事空港化について、抗議申しれに行ってきました。

行った先は、大阪航空局、近畿財務局、大阪府です。毎年申し入れをやっていますが、今年は民主党政権になっても、破綻している関空に税金を投入しようとするなど許せない事態に怒って抗議の申し入れに行ってきました。

関空会社に利子補給金を従来の90億円に加えて70億円、合計160億円も税金で出すなど認められません。この税金は全部銀行への利子払いに使われるのです。銀行を儲けさせるために我々の血税を使うなど絶対に反対です。皆さんはどう思いますか?

民主党は「事業仕分け」で「凍結」としましたが、我々は「破綻している関空に1円も出すな。関空会社は廃止しろ!」と申し入れました。

大阪航空局では関空課長、管理課長など6人が出てきました。泉州住民の会は4人で行きました。航空局は「関空会社の財務構造上、必要なものと考えている。西日本に取って必要な空港」と答えていました。

しかし関空会社は、1兆1千億円もの借金をして毎年230億円も利子を払い、1600億円も一時借入れを毎年くり返さなければ回らない。もし銀行から一時借入れができなくなれば、その途端につぶれてしまう倒産会社です。これからどれだけ税金を注ぎ込むのかわからない。航空局にそのことを追及すると「……」と答えられないsign01 ふざけるなsign03

下地議員が国会予算委員会で「普天間基地を関空に移転しろ。二期は使っていない。米軍基地に適している」と言った発言に対して、「我々は米軍基地は沖縄にもどこにもいらないと考えている。国土交通省はどう考えているのか、反対するのか」と追及しました。関空課長は「私も聞いたが、びっくりしている。米軍基地にするのは……です」と答えました。住民の会は「はっきり答えろ!」と追及しましたが、答えられないsign02 我々は怒って1時間追及しました。

つぎの大阪府はひどい対応angryでした。4人出てきましたが、「関空は我が国の発展のために必要。160億円は過渡的には意義がある」「平時においては軍事使用しない、国が言っているので、軍事使用はないと考えている」とまともに答えない官僚答弁に終始しました。住民の会は「160億円は10万規模の市の税収にあたる。10万人を犠牲にしてでも関空会社を助けるのか」と追及しました。しかも「160億円は銀行への利払いに消えてしまう。それでも賛成するのか」本当にふざけた官僚達です。中心で答えているのは、40歳前後の官僚です。全く現実感覚がない。約1時間に渡って怒りを込めて追及しました。

091026 住民の会はこの間、ビラや宣伝カーで活動してきました。住民や労働者の怒りの声を代表して、航空局と財務省、大阪府に抗議の申し入れに行ってきました。関空が破綻して税金で救済することには、みんな反対しています。さらに関空のために泉佐野市が破綻して「早期健全化団体」に落ち込み、労働者と市民に犠牲を強いることにみんな反対していました。この声を代表して抗議に行ってきたのです。

前原大臣と国土交通省、橋下知事と大阪府、どこも労働者、住民を犠牲にして、関空会社と資本家を救済しようと出てきたのです。我々とは相容れない敵です。彼らには展望がありません。恐慌は深まり、破綻している日航を救うために何の責任もない労働者1万3000人を解雇しようとしている連中です。少数者のために、多数の労働者が犠牲にされることをいつまでも許すはずがありません。世界中が同じ状況です。闘いは盛り上がっていくでしょう。がんばりましょうsign03

「航空局申入書.doc」をダウンロード 「大阪府申入書.doc」をダウンロード

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »