« 関実問題に関する経過報告 | トップページ | 泉佐野市の「財政健全化計画」に反対! »

2009年9月 4日 (金)

関空開港15年、空港反対宣伝

090904 今日9月4日は、関空開港してから15年目、宣伝カーで市内を回りました。15年たって関空はボロボロになっています。

 関空は大赤字!毎年90億円もの税金投入と関空労働者のクビ切り、賃下げ! 泉佐野市は関空のために破綻寸前の早期健全化団体!空港病院として作った市立病院は大赤字で倒産の危機、4病院統合して独法化=民営化する協議を始めた!市長は財政再建のために職員200人も減らす計画を発表した!

 関空のツケをすべて労働者と市民に押し付けようとしている。これが開港15周年の実像です。関空は労働者や市民のために作ったのではなかった!ことがはっきりしました。資本家にさんざん儲けさせるために作ったのです。今も1兆1千億円もの借金で金融資本に年230億円も利子を払って儲けさせています。こんな空港はつぶしてもいいのです。

 関空を救済するために橋下知事が登場し、道州制の中心に据えて侵略拠点、軍事空港にしようとしています。政権が民主党に変わると、橋下と同じように道州制を進め、ますます悪くなると思います。

 他方で、自民党政権を倒した労働者、民衆の怒りは、これからますます大きくなると思います。資本主義の破局が政権を倒す情勢にまできたのです。民主党も資本主義を延命させる政党だから、破産し、労働者の敵になるに違いありません。

 宣伝カーでこれらのことを訴えてきました。駅前やスーパーで手を振って応援してくれる支持者や労働者がたくさんいました。みんな関空に反対なのです。関空反対運動は、労働者と住民の運動です。資本主義を倒すまで続く運動です。関空反対がますます拡大する情勢になりました。みなさん、ともに闘いましょう。

|

« 関実問題に関する経過報告 | トップページ | 泉佐野市の「財政健全化計画」に反対! »

「空港問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/31235749

この記事へのトラックバック一覧です: 関空開港15年、空港反対宣伝:

« 関実問題に関する経過報告 | トップページ | 泉佐野市の「財政健全化計画」に反対! »