« 泉佐野市の「財政健全化計画」に反対! | トップページ | 関空への補給金と軍事基地に反対の申入れ »

2009年9月28日 (月)

日本航空が破綻!関空を直撃した

090929ついに日本航空が事実上、破綻しているようです。すでに何度も言ってきたように、世界恐慌がここまできたということです。昨秋から本格化した世界大恐慌で便数と旅客が激減し、今年3月期には631億円の赤字、4~6月には990億円の赤字を出し、実質倒産しています。12月末までに2500億円の運転資金を調達できなかったら倒産するということです。アメリカのGMと同じです。民主党政権は、日航に大リストラを要求しているようです。自民党政権と何にも変わりません。

 日航の破綻は、関西新空港と神戸空港を直撃しています。関空の場合、日航の国際線が17路線ありますが、9路線が廃止の対象で半分以下になりそうです。国内線も34都市から7都市に減ったばかりですから、ここまで便数が減れば確実に倒産でしょう。実態は、すでに倒産しています。関空会社は、約1兆1千億円もの借金があるため、金利が年230億円、元金返済が500~600億円という水準で、収入が1000~900億円ですから、運転資金が足りず、一時借入金が1600億円もある状態で日航と同じ、普通の株式会社なら、とっくに倒産しています。

 関空会社を救済するために登場したのが橋下知事。関西州の中心に据えることによって救済しようとしているのです。橋下の関西州構想は、WTCに府庁を移転し、ベイエリアの企業群と合わせて、関空を侵略拠点にすることです。しかしどれも失敗しています。関空との闘いは、いよいよ決戦局面に入ったのです。道州制に反対し、橋下と対決して闘う労働者人民と共に関空反対闘争を闘うのです。

 神戸空港では、日航は来年度から「全面撤退する」と発表しました。神戸空港は今年は22便しかなく、目標より6便以上少ないのに、日航の8便がなくなると確実に赤字になるでしょう。実は今でも赤字で、基金からの取り崩しで表面上は黒字を保っている状態で、借金返済も年々増えていく構造になっているので、来年は3億円増えて14億円になり着陸料収入を上回るのです。 税金を投入しない限り倒産です。反対してきた労働者人民にとって、絶好のチャンスです。神戸空港を廃港にするチャンスです。

 もう一つ、大事な闘いがあります。日航の再建策として、民主党の前原国交相が6800人の解雇の上積みを求め、大リストラをやろうとしていることです。前原のプロジェクトチームは、大リストラチームです。民主党が連合を先頭に立てて約7000~1万人もの大リストラ・首切りをやり、日航を救済しようというのです。自民党よりも激しい労働者切り捨て攻撃です。日航の赤字は労働者の責任かsign01違うだろう!資本主義と国の責任じゃないかsign01労働者を犠牲にして、資本家どもが助かろうなどということが許せるはずがないsign03

 関空会社も、神戸空港も、日本航空も、資本主義の最末期の破綻が激しく現れているのです。労働者の首切りと税金投入、それでも破綻する、そんなやり方は絶対に阻止する。資本主義は、過去に2度も繰り返した世界戦争で破壊するしか延命できないのです。マルクスは、恐慌こそ革命のチャンスだ、革命によって新しい共産主義社会を建設できると宣言しました。そういう情勢にきているのです。

 こういう国家権力と43年間闘ってきたのが三里塚反対同盟です。権力の暴力、懐柔などに屈せずに不屈に闘ってきた労働者人民の闘いの宝です。三里塚のように不屈・非妥協に闘えば勝てるのです。10月11日(日)に三里塚現地で全国闘争があります。参加しましょう。これが私の呼びかけです。みなさん、日航問題、関空問題がつきだしている本質をよく考えて、闘いに立ち上がりましょうsign03

|

« 泉佐野市の「財政健全化計画」に反対! | トップページ | 関空への補給金と軍事基地に反対の申入れ »

「空港問題」カテゴリの記事

コメント

ブログ村でたまたま見ただけです。
高校を卒業した18歳から 定年の年齢よりも上のかたまで 求職者 全員が 就職できる 日本を 期待しています。

投稿: | 2009年10月27日 (火) 03時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/31569599

この記事へのトラックバック一覧です: 日本航空が破綻!関空を直撃した:

« 泉佐野市の「財政健全化計画」に反対! | トップページ | 関空への補給金と軍事基地に反対の申入れ »