« 09年は激しく闘いましょう! | トップページ | 関空はボロボロ! »

2009年1月30日 (金)

日本共産党の裏切り

昨年12月議会で日本共産党が市民に対する大裏切りをやりました。それは「次世代育成地域交流センター条例制定」に賛成したことです。条例案に反対したのは、国賀、向江、宮本の3人です。賛成は他の17人でした。

この問題は、一昨年3月議会で建設予算をいったん否決しました。それは三中校区集会所がメインで子育て支援施設を無理矢理くっつけた施設で、2億6千万円も税金を使うことに反対したのです。市長は巻き返しをはかって、6月議会に1票差で可決するという僅差の評決でした。しかし反対する市民と議員が協力して103名で8月に監査請求し、10月には市民6名で市長を裁判に訴えて現在も争っています。

それなのに、賛成討論までして賛成したのです。趣旨は『市議会だより12月定例会号』に載っていますので読んでみてください。訳の分からない内容です。これまで反対してきたが、施設が完成するので賛成する、という内容です。とんでもない大裏切りです。

こんな裏切りをするのが日本共産党です。裁判で争っている原告への背信行為です。原告の中には共産党員もいます。怒らないのでしょうか?これが日本共産党なのでしょう。労働運動でも、学生運動でも、似たような裏切りを見てきました。やっぱり日本共産党はスターリン主義反革命です。

因みに、厚生文教委員会で国賀が追及して明らかになった点をお知らせします。

①使用回数が非常に少ないこと。ホールは年100回程度、和室・料理室は年40回程度しか使わない。こんなものに2億2千万円もかけるのか!②維持経費が高い。年間760万円もいる。他方、使用料収入は年28万円しかない。730万円も持ち出し。さらに運営を任せる地元運営委員会への委託料もいる。金額は協議中とのこと。③子育て支援施設の利用も少ない。1回20組の親子を目標にしている。現在やっている佐野台は1回6組平均しか来ていない。場所がわかりにくく、交通の便が悪いことが原因。この施設も新家町でわかりにくく、交通の便も悪い。駅に近い場所に作れば、もっと来ると思う。他市では「商店街の空き店舗」「小学校の空き教室」「幼稚園の空き教室」「空き家」など、親子が来やすい市内の何カ所かでやっています。こんな場所でやったことを、将来「愚策」と批判されるでしょう。

「作ったんだから仕方がない」では議員と言えません。郵政省の簡保施設が「無駄遣い」「安売り」「民間が大もうけ」と大問題になっていますが、同じです。歯止めをかけるのがチェック機関である議会の役割です。これからも闘い続けます。

|

« 09年は激しく闘いましょう! | トップページ | 関空はボロボロ! »

「議員活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/27637644

この記事へのトラックバック一覧です: 日本共産党の裏切り:

« 09年は激しく闘いましょう! | トップページ | 関空はボロボロ! »