« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

関空はボロボロ!

関空の便数が今年はもっと減ることが明らかになりました。昨夏は、原油高騰で減便、秋からは世界恐慌で廃止・減便、今年は恐慌情勢が深まるために、さらに廃止・減便が増えるといことになりました。今年度は関空会社が公約していた年13万5千回はとうてい不可能になり、来年度は12万回をはるかに割り込み、一気に倒産情勢に入るでしょう。

29日の各新聞に「減便・休止、計30路線に」「日航・全日空 関空国内線が軸」と出ました。日航と全日空は、関空の国際線では、ロンドン便、大連便を廃止。国内線では、北海道便、東北便を廃止し、羽田便と四国便、九州便を今春以降に減便すると発表しました。

すでに関空の北米路線は、ノースウエストが3月からデトロイト、サイパンの2路線を廃止すると発表しています。北米路線が残るのは、ユナイテッド航空のサンフランシスコ便、エバー航空のロサンゼルス便の2路線となります。98年には8路線ありましたが、1/4に減ります。もう国際ハブ空港とはとても言えないボロボロの状態です。

最大の原因は、民間会社にしたことです。22年前に中曽根首相が「民活第1号」として関空会社を設立しました。国鉄分割民営化と並んで、日本の新自由主義の始まりです。労組破壊と規制緩和⇒「企業に自由に儲けさせる」。レーガン、サッチャー、世界中で始まりました。関空の利権=2兆4千億円を民間企業が取り、大もうけしました。しかし関空会社は1兆円を超す借金を抱えて赤字経営。今も銀行資本に利子と元金あわせて年500億円も返済=儲けさせています。そして必要ない二期工事をやって土木・建設業をもうけさせています。

つまり、関空会社は新自由主義政策で作った会社で、トコトン企業にもうけさせて労働者から分捕っていく政策です。それが破綻したのは、恐慌と同じです。一握りの資本家だけがボロ儲けし、社会全体が貧困になった、その結果世界恐慌が起きたのです。こんな関空会社にこれ以上税金をつぎ込ませはしないぞ!そんなお金があるのなら労働者のために使えsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

日本共産党の裏切り

昨年12月議会で日本共産党が市民に対する大裏切りをやりました。それは「次世代育成地域交流センター条例制定」に賛成したことです。条例案に反対したのは、国賀、向江、宮本の3人です。賛成は他の17人でした。

この問題は、一昨年3月議会で建設予算をいったん否決しました。それは三中校区集会所がメインで子育て支援施設を無理矢理くっつけた施設で、2億6千万円も税金を使うことに反対したのです。市長は巻き返しをはかって、6月議会に1票差で可決するという僅差の評決でした。しかし反対する市民と議員が協力して103名で8月に監査請求し、10月には市民6名で市長を裁判に訴えて現在も争っています。

それなのに、賛成討論までして賛成したのです。趣旨は『市議会だより12月定例会号』に載っていますので読んでみてください。訳の分からない内容です。これまで反対してきたが、施設が完成するので賛成する、という内容です。とんでもない大裏切りです。

こんな裏切りをするのが日本共産党です。裁判で争っている原告への背信行為です。原告の中には共産党員もいます。怒らないのでしょうか?これが日本共産党なのでしょう。労働運動でも、学生運動でも、似たような裏切りを見てきました。やっぱり日本共産党はスターリン主義反革命です。

続きを読む "日本共産党の裏切り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

09年は激しく闘いましょう!

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。今年は、危機にのたうち回る資本主義をうち倒すべく、労働者と共に闘います。関空闘争もグレードアップして闘いますので、よろしくお願いします。

昨年末、関合労の組合員が解雇されたが、ストと実力闘争で27日、解雇撤回させました。年末にクビを切り、路頭に放り出すことは「死ね」というヒドイやり方です。怒るのは当たり前です。詳しくは次のブログを見て http://blog.livedoor.jp/kangourouosaka/archives/1186771.html http://blogs.yahoo.co.jp/bkdtm710/47426741.html

今年は、もっと多くの労働者がクビを切られたり、賃下げされて、生きていけなくさせられることも予想されます。革命闘争を中心にやるとしになるでしょう。
今年は世界大恐慌がますます拡大するでしょう。CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)という問題が巨大です。6000兆円もの残高があるといわれています。AIG、シテイなど金融資本が巨額に持っています。アメリカが国家財政をいくら投入しても支えきれない額です。
したがって今年は恐慌がもっともっと深まり、倒産、解雇が世界中で続出すると思われます。つまり資本主義が完全に命脈がつきているということです。
しかし考えてみてください。巨額借金といっても金融商品にすぎないのです。食糧と物資はいくらでもあるのです。労働者が工場を回せばいくらでも生産できるのです。

つまり資本主義という体制が終わっているということでしょう。
インターネットを見ると、ヨーロッパではゼネストと暴動、アメリカでも工場占拠と大デモ、世界で革命運動が起きています。
今年は日本の闘いも「生きさせろ!」ゼネストが全国で爆発するでしょう。関空もそういう情勢の中で、労働者、住民の怒りの的になるでしょう。
遅れないように、闘いましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »