« ワカーズアクション関西に330人 | トップページ | 10・5三里塚集会 »

2008年9月30日 (火)

アメリカ発の世界金融恐慌だ!

マルクスが資本論で書いたとおりに、資本主義は末期を迎え、恐慌に陥っていく。これは誰も止められない。そして労働者階級が中心になって農民、民衆とともに革命を起こし、新しい社会を作らない限り、何度でも恐慌を繰り返すのが資本主義だということ。目の前で起きている情勢はそういうことに間違いない。革命を起こさなかったら、再び戦争で世界を破壊し尽くす。どちらにあなたと人類の未来をかけますかsign02

毎日夕刊(9/30)『近時片々』が面白い。「世界をとてつもない妖怪が徘徊している。金融不安という妖怪が。」と、まるでマルクスの『共産党宣言』の書き出しと同じだhappy01。そして「英国教会の大主教も『マルクスの資本論は部分的に正しかった』と。」書いて終わっている。

9月30日毎日夕刊「米国発 世界同時株安」の大見出し、リードで「米国発の世界金融恐慌が現実味を帯び始めた」と書いている。アメリカ議会下院で金融法案を205:228で否決したことが引き金になっている。株価が777ドルも暴落した。1929年恐慌の時よりも大きく、史上最大の下げ幅らしい。ヨーロッパも銀行が倒産、イギリスのB&Bやオランダ・ベルギーのフォルティスが国有化された。まだまだ序の口でこれから広がりそうだ。サブプライム・ローン問題から発展しているが、実体経済が破綻している。カジノのような金融資本が世界中を荒らして回っている。破滅するのは時間の問題だったのだ。

金融法案を否決したのは、労働者の抗議闘争があったからだ。法案を出した直後に1000人以上の労働者がウォール街にデモで抗議した。「ウォール街と戦争に、これ以上税金をつぎ込むな!」「救済ではない。奴らを監獄にぶち込めsign03」「家を追い出される我々を救済しないのかsign02」などなど、ブッシュ政権と資本家どもを糾弾した。このような声は全国にあふれている。

さて問題は労働者のことだ。恐慌が起きたらどうなるのか、1929年恐慌以降は世界中で倒産が相次ぎ、失業率は25%を越え、街頭は労働者であふれた。食えなくなった労働者が争議を起こし、工場占拠、街頭デモ、ゼネストへと発展していった。

今度はどうなるのか、労働者の闘いが中心になって世界情勢が動いていくことは間違いない。初めての経験、全身の神経を集中して立ち向かっていこうup 今度こそ、勝利して戦争を止めようsign03 革命を起こし、労働者が主人公になって、搾取のない、自由な社会を作ろうsign03

|

« ワカーズアクション関西に330人 | トップページ | 10・5三里塚集会 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/24152658

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ発の世界金融恐慌だ!:

« ワカーズアクション関西に330人 | トップページ | 10・5三里塚集会 »