« 市立病院の医師が減っていく | トップページ | 労働相談、ひどい弁護士! »

2008年8月19日 (火)

臨時議会の結果

今日の臨時市議会の結果を知らせます。空港連絡橋「通行税」(市は「利用税」と命名)をとる新条例案は、賛成12:反対7、退席1、という結果でした。残念ながらshock、賛成多数で可決されました。

反対したのは、国賀、向江、共産党3、民主党2の7人です。賛成したのは、自民党2、公明党4、泉新の会2、正道の会2、新田、布田の12人です。退席したのは松浪議員です。

討論は珍しく6人もありました。反対討論は、伊藤、野口、国賀の3人。賛成討論は、新田、岡田、布田の3人でした。賛成討論は、全面的に賛成する意見ではなく、本来は国の責任だが、やむを得ず利用税に賛成する、という意見です。新聞社、テレビ局は全社来ていたと思います。やはり市議会がどう判断するのか、注目されていたのです。

新条例は、関空連絡橋を通る車に150円の税金をかけるという内容です。これは国が連絡橋を買い上げて国有化するために、市に入る固定資産税が8億円減るために、通行者から減収分を取るという内容です。税収が減る、国は知らん顔している、だから不特定多数の通行者から「利用税=法定外税」を取るというのは、とても世論の支持は得られないでしょう。あくまでも国の責任を追及していくべきです。いったい市長にどれほどの成算があるのでしょうか。はっきりした答弁はありません。新条例を国との交渉の手段にしてくそうです。総務省は「粛々と手続きを進める」そうです。

国有化問題の核心は、国は新自由主義政策で地方自治体をつぶして道州制に持っていく、資本がもっと搾取できるようにしていくためです。関空は救済するが、地方自治体や労働者、住民には「自己責任」だといって犠牲にし、資本の搾取の対象を拡大しようというのです。

こういう情勢は、怒って腹をくくって闘う労働者、住民が次々に出てくる情勢です。「共存共栄なんかウソやった!」「関空が沈む、地元も沈む、誰がもうけたんや。ええかげんにせえ!」「まだ犠牲にするのか」と怒る住民が増えています。国が破綻し、関空政策も破綻している、そして労働者、住民を犠牲にしていく、これが核心です。

さて、他方で橋下知事は関空救済策の先頭に立つと宣言しています。航空燃料の高騰が原因で関空便が大激減しています。このままでは関空は破綻する、と橋下知事は言うのです。私に言わせれば、すでに破綻しているのです。

今後は、国、府、市、関空会社、住民、労働者の対立と闘いがはっきりしてくると思います。反対運動が面白くなる情勢です。

|

« 市立病院の医師が減っていく | トップページ | 労働相談、ひどい弁護士! »

「議員活動」カテゴリの記事

コメント

文中の【あくまでも国の責任を追及していくべきです。】とはいったいどういうことですかね?
国に責任ありますか?空港を国に助けて作ってもらって,固定資産税をあてにして暮らしている泉佐野市の会計がおかしいんじゃないんですか?
橋ができる前はなかった8億の固定資産税を何に使ってきたんですか?ふってきたお金を貯めずにぜーんぶ使うからこうなるんだろうが,市議会の責任だろ!あほらしすぎる.

投稿: | 2008年8月28日 (木) 23時16分

通行料取るべきです.
泉佐野市は関西空港に依存している以上仕方ないと思います.

投稿: 漢 | 2008年8月27日 (水) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/23089577

この記事へのトラックバック一覧です: 臨時議会の結果:

« 市立病院の医師が減っていく | トップページ | 労働相談、ひどい弁護士! »