« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月29日 (金)

労働相談、ひどい弁護士!

生活、市政相談と労働相談が増えています。新自由主義政策のために、ワーキングプアが増え、市民への福祉施策が切られ、苦しめられている人、怒っている人がものすごく増えています。

最近の労働相談で、ひどい弁護士がいました。大阪労働弁護団に所属しているのに、会社の顧問弁護士になり、資本の手先になって労働者と労働組合に対決してくるのです。名前は、『浅野省三』という弁護士です。

10年間も賃上げしないで安い賃金で働かされいる労働者の件で団体交渉しました。雇い入れ時の職安の条件は「基本給155000円~200000円。毎年7000~12000円賃上げ。ボーナス20~40万円」となっていたのに、10年間賃上げなし。手取りは13~14万円です。「生活できない。賃上げせよ!」と要求しています。ところが社長は「不況で賃上げできない」の一点張り。組合は「生活出きる給料を出せ!不況というなら決算書を出せ!」と当たり前の要求をしているのですが、弁護士は社長と一緒になって「決算書は出せない。出す必要はない。経営が苦しいから賃上げできない。それで充分だろう」と言い張るのです。社長よりもむしろ弁護士の方が強行に言うのだから腹が立つsign03

まさに不誠実団交=不当労働行為です。どこの会社と団交しても決算書くらいは示します。口だけで「経営苦しい」ですます会社など知らない!労働弁護団の会員でありながら、ブル弁以上に悪い、こんなひどい回答する弁護士は初めてです。いったい良心というものがあるのかsign01と怒って団交をやっています。労弁代表幹事の北本修二弁護士にも、この件は訴え改善を求めましたが、北本弁護士も困っている様子。

前回団交で、ようやく売上額と経常損失額のみ出してきましたが、百万円単位です。数字は何と!黒字sign01です。黒字なのに賃上げしないとはどういうことか!!

最近は、組合員がトイレに行く回数と時間を社員にチェック=監視させていたことが分かりました。「トイレに行く回数が多すぎる。さぼっている」というのです。トイレまで監視するとはsign02 戦前の女工哀史と同じではありませんか。ビラで社員に知らせると、女性社員は「ひどい会社sign03」と怒っているそうです。 昨日の団交で抗議し、謝罪を求めました。追及すると、社長は「事実を確かめんと解雇したらええんかsign01」と言ってきました。やっぱりそれが目的だったのか!「解雇するためだったのかsign02」と追及すると、弁護士があわてて否定してきましたが、社長が一度言った言葉は取り消せないぞ!!徹底的に闘うのみだpunchdash

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2008年8月19日 (火)

臨時議会の結果

今日の臨時市議会の結果を知らせます。空港連絡橋「通行税」(市は「利用税」と命名)をとる新条例案は、賛成12:反対7、退席1、という結果でした。残念ながらshock、賛成多数で可決されました。

反対したのは、国賀、向江、共産党3、民主党2の7人です。賛成したのは、自民党2、公明党4、泉新の会2、正道の会2、新田、布田の12人です。退席したのは松浪議員です。

討論は珍しく6人もありました。反対討論は、伊藤、野口、国賀の3人。賛成討論は、新田、岡田、布田の3人でした。賛成討論は、全面的に賛成する意見ではなく、本来は国の責任だが、やむを得ず利用税に賛成する、という意見です。新聞社、テレビ局は全社来ていたと思います。やはり市議会がどう判断するのか、注目されていたのです。

新条例は、関空連絡橋を通る車に150円の税金をかけるという内容です。これは国が連絡橋を買い上げて国有化するために、市に入る固定資産税が8億円減るために、通行者から減収分を取るという内容です。税収が減る、国は知らん顔している、だから不特定多数の通行者から「利用税=法定外税」を取るというのは、とても世論の支持は得られないでしょう。あくまでも国の責任を追及していくべきです。いったい市長にどれほどの成算があるのでしょうか。はっきりした答弁はありません。新条例を国との交渉の手段にしてくそうです。総務省は「粛々と手続きを進める」そうです。

国有化問題の核心は、国は新自由主義政策で地方自治体をつぶして道州制に持っていく、資本がもっと搾取できるようにしていくためです。関空は救済するが、地方自治体や労働者、住民には「自己責任」だといって犠牲にし、資本の搾取の対象を拡大しようというのです。

こういう情勢は、怒って腹をくくって闘う労働者、住民が次々に出てくる情勢です。「共存共栄なんかウソやった!」「関空が沈む、地元も沈む、誰がもうけたんや。ええかげんにせえ!」「まだ犠牲にするのか」と怒る住民が増えています。国が破綻し、関空政策も破綻している、そして労働者、住民を犠牲にしていく、これが核心です。

さて、他方で橋下知事は関空救済策の先頭に立つと宣言しています。航空燃料の高騰が原因で関空便が大激減しています。このままでは関空は破綻する、と橋下知事は言うのです。私に言わせれば、すでに破綻しているのです。

今後は、国、府、市、関空会社、住民、労働者の対立と闘いがはっきりしてくると思います。反対運動が面白くなる情勢です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

市立病院の医師が減っていく

0808048月4日、市立病院の視察に行ってきました。「泉州広域母子医療センター」が開設されたので議会から視察に行って勉強してきました。写真は特別会議室で種子田総長からの説明を聞いているところです。

新生児集中治療室(NICU)6床、後方支援病室(GCU)12床は5日から稼働する前だったので室内を見てきました。分娩室1部屋は使っていなかったので入れましたが、他の分娩室、LDR室、産科病室、新生児室などは授乳などのために見れませんでした。ともかく岸和田市以南の出産を引き受けるセンターができたことはよかったです。これですこしは改善できるでしょう。しかしNICU、GCUが本格稼働したら看護士が足りない現状です。15人は必要になるとのことです。また、産科医、小児科医、麻酔科医も足りません。まだ課題あります。

さて、市立病院本体ですが、医師が減り続けています。6月には救急外来をやめました。8月の医師数は93名です。かつては120名いました。20数名減っています。減ったのは内科系です。消化器内科、呼吸器科、麻酔科、皮膚科などです。どうやって医師に来てもらい、診療科と救急外来を再開するのか、まったくめどが立っていません。総長と院長はもっと考えて動くべきです。総長は医師との会話が少ないし、病院内も回らないようです。そして定時には帰るようですから、これでは病院を活性化し、医師を確保するのは難しいでしょう。

ところで、ある病院院長に話を聞いたら、「救急外来をやめたらあかんで。研修医が来んようになる。病院がしぼんでいく」と言われました。研修医は、多くの症例を経験し、指導されて、一人前になっていくので、救急外来をやめたら研修できなくなり来なくなるのです。そこで副院長にそのことを聞いてみると「そうなんです。来年は研修医は3人に減ります」と。ショックですね~annoyこれまで研修医は15人いました。12人も減ると医師数は80人になってしまい、ますます苦しくなります。総長や院長は分かっているのでしょうかね。

別の病院院長に市立病院の現状についての意見を聞いたら「外科医がそれだけ充実しているのなら、外科医を中心に救急外来を再開できるでしょう」と言っていました。私は「外科医は内科を診られるのですか?」と聞くと「開業したら診るでしょう。できますよ」と言っていました。なるほどsign03 しかし問題は、「訴訟を起こされたらどうするのか?」と医師から言われたらどうするのか、ということです。院長は「事故はないと思う。どの医師も慎重だから。そういう質問には、『私が責任を取る、やれ』と院長、総長が言えるかどうか、だ」と言っていました。そうなんだsign02 そこが市立病院の一番の欠陥かsign03 よく分かりました。しかしどうすればいいのかdownwardrightthink

また同じ院長は内科医の獲得についても「市立病院ほどのネームバリューと設備があれば、しっかり全国にアピールすれば内科医を獲得できる」と言っておられました。どうでしょうかpasssign02

医師のみなさん、医療関係のみなさん、意見を聞かせてください。コメントに意見を書き込んでください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

「通行税」で臨時議会を19日に

11日、議会運営委員会があり、8月19日(火)午前10時から臨時市議会を開いて、空港連絡橋の通行車両に150円の通行税をかける条例案を審議することに決まりました。これは新田谷市長から提案されてきたことによるものです。

条例の名称は「泉佐野市空港連絡橋利用税条例」としています。「通行税」を嫌ったのか「利用税」になっています。しかし名称を変えても取られる側の受けとめは変わらないでしょうにpout

さて、問題の本質はなにか?関空と地元の「共存共栄はなかった!」ということが衝撃的にはっきりした、ということでしょう。連絡橋国有化で泉佐野市の税収が年8億円減る、泉佐野市にとっては大変な事態ですが、国にとっては「それが国のルール」だと言うのでしょう。これが新自由主義=「地方は自立せよ」というのです。「関空救済がすべて」そのためには「地元自治体などどうなってもよい」これが国の姿勢ですsign03 大阪府も同じ、連絡橋買い取りに65億円も出すのですからsign02

連絡橋の国有化は、「アジアゲートウェイ構想のもとで関空を国際貨物ハブ空港にするために、通行料金を下げる」ことが目的です。普通車1500円、大型車2700円、特大車4700円などです。マスコミは普通車を取り上げますが、むしろ大型車の料金引き下げが目的でしょう。貨物便を関空に集めるためです。「関空と地元は非和解」これが今回はっきりした事態です。国と闘うしかありません。

新田谷市長は、国と闘いません(自民党市長だから当たり前か('_'))。「通行税」は、8億円の減収分を国から取るのではなく、市民を含めた不特定多数の通行人に税金をかける、いわば「関所」のようなものです。「強い」国から取れないから、「通行人から取る」というのでしょう。しかしこれは筋違いで、市民や通行人から強い反発が出るでしょう。私の周りの人は、たいてい反対です。だいたい市民に何の説明もしていないし、意見も聞いていません。市長と副市長ら幹部だけで進めているのです。

議員の賛否は分かれています。「やむなし」「筋違い」「国か関空会社か取るべき」「非常識」などなど意見は色々ですが、賛成する議員の方が多いようです。議員はこの問題をしっかり考えて判断すべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

8月6日広島反戦集会に行ってきました

08今年も8月6日広島に行ってきました。毎年8月6日は、ヒロシマ大行動に参加して、世界から戦争と核兵器をなくすために闘う決意を固めてきます。今年は戦争を起こす末期的な帝国主義を打倒するぞ!と決意してきましたpunchhappy01

今年で10回目を迎えた8・6ヒロシマ大行動(上の写真)、平日にもかかわらず全国から1900人が参加しました。今年は、青年労働者、学生の熱烈なアピールが多く、集会全体をけん引しました。アメリカからアーリーン・イノウエさんが参加し、8・6ヒロシマは文字通り「万国の労働者団結せよ」の訴えを全世界に発信する闘いとなりました。

08_2 集会後のデモでは完全武装の機動隊が出てきて、二重の壁をつくって広島市民との合流を阻もうと規制してきました。6・29渋谷デモとまったく同じです。しかし、デモ隊は負けません。あちこちでこぶしをあげ、手を振り、デモ隊に合流する人々があらわれました。本通り商店街には団結・革命・福田打倒のコールがとどろき渡り、「解放区」となりました。広島のデモは、商店街を通れるのがいいですねnotegemini去年は、逮捕されそうになった青年を市民や商店主らが取り返しのですよscissors (下に続く)

続きを読む "8月6日広島反戦集会に行ってきました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »