« ワーキングスクール・アソシエ | トップページ | 第2回泉州ワーカーズスクール »

2008年4月 1日 (火)

3月議会が終わりました

27日、最後の最後になってとんでもないことが起きた!当初予算が通った直後に、補正予算を出してくるとは!downwardright一般会計補正予算(第1号)、次世代育成地域交流施設整備事業費2億1726万1千円の追加です。普通なら当初予算に入れて、予算委員会で審議すべきです。それを急きょ補正予算にして、全員協議会で質疑し、本会議で採決するなどというデタラメが通るのが、当市、市議会なのです。絶対に変えないといけない!と強く決意した議会でした。

何のことか?というと、宝くじ協会の補助金1億円をもらうために、「府の指導・助言」で慌ててこうしたとのことです。「08年度予算に次世代育成地域交流施設整備事業費を入れないと補助金がもらえない」ということらしいのです。何故かというと、宝くじ補助は「単年度で事業を完了すること」が条件です。現状は、12月議会で「繰越明許」したままで、08年度当初予算にはどこにも出てこないのです。つまり予算組みでは、「07年度事業を年度をまたいで08年度にやる」としか解釈できないからです。これでは「単年度事業」という条件をクリアできないので、慌てて大阪府が指導・助言したということが真相です。

昨年12月議会でも私は、「繰越明許で単年度事業になるのか」と質問しました。坂田市長公室長は「府と調整できている。万全を期す」と言っていたのですから。厚生文教委員会でも同趣旨の答弁をしています。今回の補正は、ミスの連続であり、議会と市民を愚弄したやり方です。

根本問題は、2億3千万円もかけるような事業なのか、今必要なのか、ということです。次世代育成施設「つどいの広場」はどこの市でも、駅に近い空き店舗や保育所空き教室、空き家等でやっており、そんなに税金をかける事業ではないのです。本当の目的は、三中校区集会所ですが、これも今すぐ必要なものでもありません。上の篭池を埋め立てればそこに作った方がよっぽど安くできます。どこから考えてもムダな事業です。

私と高道議員が反対討論した。さすがに賛成討論はなかった!反対したのは、6議員これまでより増えた。しかし以前に反対した公明党が賛成に回り、裏切った。勝ち馬に乗るような選択で、思想も信念も感じられないやり方です。市民のみなさん、議会での議論、チエック度をしっかり見てください。私はビラや宣伝カーで暴露しながら、市民のみなさん、労働者のみなさんとともに闘います。

|

« ワーキングスクール・アソシエ | トップページ | 第2回泉州ワーカーズスクール »

「議員活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/12155384

この記事へのトラックバック一覧です: 3月議会が終わりました:

« ワーキングスクール・アソシエ | トップページ | 第2回泉州ワーカーズスクール »