« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月28日 (月)

泉佐野市立病院、二次救急までやめる!

080429 1週間前に「一次救急をやめる」と書きましたが、25日の病院問題委員会では、「6月から二次救急(内科、外科)もやめる」と種子田総長、川野院長が表明しました。左の「お知らせ」が25日の委員会に提出してきたものです。

「循環器科と産婦人科は従来どおり」と言いましたが、救急外来はほとんどが内科、外科です!結局、市立病院は「救急車の受け入れを中止した」に等しい決定をやったのです。

この決定は、市民にとっては生命に関わる重大なものです。少なくとも、市長と総長は記者会見を開いて、事情を説明し、救急外来を中止するについての釈明とお詫び、そして再開の約束をすべきです。それをしないのは無責任です。

この決定は、よく検討されずにドタバタと変更したために、市報5月号の原稿は前のままで、「一次救急はやめるが、二次救急は続ける」という意味の原稿です。読んでもわかりませんが…sad

 1週間前に丹治事務局長が議会に説明に来たときは「1次救急をやめるが、2次救急は続ける」ということでした。1週間で方針が変わっています。しかもこんな重大な方針が!委員会で私が「どうして、こんな重大な方針が1週間で変わるのか?」と質問すると、川野院長が「内科医が疲弊している。部長は3月は家に帰っていない。これ以上の負担は無理だと判断した」との答弁でした。後日聞いてみると、大野部長はただ一人糖尿病担当なので、帰れなくなっているそうです。他の内科医はそうでもないようでした。しかし、内科医が減り、医師への負担がきつくなり、限界に来ていることは理解できます。根本的には、内科医を確保するしかありません。

私は、「1週間前までそんなことがわからずに決定したのか?いったい医師団は会議をやっていないのか?」と質問しました。院長は「毎月部長会はやっている。各科も毎週会議している」との答弁でした。それなのに医師の意見も集約できず、やる気も引き出せないのはどういうことか?結局、総長、院長には組織を掌握し、活性化させる力がないのか。これでは病院はだんだん崩壊していくしかないのか、とすごく危機感を持ったのでした。以前はもっとしっかりと会議がやられ、医師団を掌握し、叱咤激励していたように思います。

安易に救急医療をやめると、ますます医師がやめていく。病院崩壊の始まりになる」。先日のテレビの病院特集で出てきた病院院長の言葉でした。「歯をくいしばってでも救急医療を続ける、そのために必要な医師は集める。救急医療を続けることで患者の信頼がまし、患者が増える」と言った言葉が印象的でした。

泉佐野市立病院のように、医師が減ったからといって、安易に救急医療をやめると、市長、総長の熱意が疑われ、ますます医師がやめていき、病院が崩壊する方向にいくと思います。そうならないように、市長、総長、院長は、病院の再建に全力を挙げるべきです。駆け回ってでも医師を確保すべきです。市民の命と健康を守るために、私は声を上げ、批判し続けます。市民のみなさん、職員のみなさんも共に頑張りましょう!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年4月24日 (木)

後期高齢者医療制度は、「老人は、はよ死ね」というひどい制度!

これまでも何度も「撤回させよう!」と批判してきた後期高齢者医療制度!4月から始まり、15日には年金を強制的に天引きされたお年寄りがものすごく怒っていますpout。当たり前です。全国で怒りまくっているひと、困り果てている人、ともかく75歳以上のお年寄りを福田政権が「はよ死ね!」と、うば捨て山に急き立てているのですから。医師会も全国で抗議声明を出し、協力を拒否する決定をした医師会が続々とでてきています。絶対に撤回させることができます。

私は、国会で強行採決された2年前から、一貫して反対してきました。議員ネットで勉強会をやり、広域連合議会には実力で抗議してきました。2年前の12月市議会に初めて補正予算がでてきたとき、長い反対討論をして反対したのは私だけでした。実際に4月から始まって、とんでもない制度だと浸透してきました。闘いはいよいよこれからです。

問題点をまとめると、①75才になったら強制的に加入させられる。夫婦でも別々の保険にされ、2人分保険料を取られる。世界で初めての別立て保険制度。②保険料が高い。大阪は年平均10万1449円で全国で2番目に高い。③年金から天引きされる。否応なしに取られる。国が人の財布に手を突っ込んで取っていくようなもの。④年金のないお年寄りが、1年間保険料を滞納したら保険証を取り上げる。今までは、生存権の保障から取り上げられなかった。⑤保険で受けられる医療が制限される。診療回数を減らされる。検査を減らされる。生命が削られる。 

このように、国はお年寄りが医療を受けることを憎み「枯れ木に水をやるようなもの」と、働けなくなった人間をじゃまもの扱いし、「早く死ね!」というのです。資本主義の本性が出てきたということです。これは最末期帝国主義の政策=新自由主義で「国と企業は、競争力を阻害する医療、保険の負担はしない」という政策です。アメリカ、イギリスが80年代からやり始めています。労働組合が闘っています。労働者とその家族を食わせられなくなった政府、資本主義は、生命力がつきたということで、もう終わっているのです。

みなさん、労働者と家族を食わせられない資本主義など一刻も早く倒してしまいましょう。そして「生きさせろー!」「生きてやるぞ~!」と生命力がある労働者に政権を渡せ。労働者は搾取しないから、子供からお年寄りまで全員安心して暮らせる社会を作れます。いよいよそれしかない時代です。お年寄りも一緒に闘いましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

市立病院、1次救急をやめる!

最近わかったことですが、泉佐野市立病院が6月から1次救急の受け入れをやめると決めたとのことですsign01市報5月号に載せるそうです。

1次救急とは、入院や手術が必要のない患者のことです。しかし、いったい誰がそれを判断するのでしょうか?医師でもない者が入院が必要か必要でないか、判断しろというのでしょうかsign02。「腹が痛くて死にそうだ」「木から落ちて骨折した」「血を吐いた」などなど、入院が必要かどうか、まず医師に診てもらい検査しないとわからないではありませんか。

では病院は外来患者を、どうやって判断するのか?救急車は受け入れるが、自家用車や歩いて自力で来た時間外の患者は断るということらしいです。救急車でも症状を聞いて断るような気もします。市民の命と健康を守る砦であるはずの市立病院、ここまで落ちたか!という印象です。

原因は、内科医がやめていくことです。市長の方針で総長を変えた昨年4月の前に、消化器内科医7人が全員やめました。昨年9月に呼吸器科をやめました。今回は、肺腫瘍内科医が3人やめるのです。3年前には120人いた医師が、90人にまで減ります。こんなことでは地域医療を守れません。

新田谷市長と種子田総長は、お手上げ状態で放置せずに、責任を明確にして、もっとしっかりとして、医師確保に駆け回るべきです。国や府の責任を明確にすべきです。さらに医師団、看護士、職員、議会にも訴えて、市役所・病院が総力を上げて取り組むべきです。

25日には病院問題特設委員会があります。厳しく臨んでいきたいと考えています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

泉州住民の会総会

みなさん、今年も住民の会総会の季節がやってきました。今年は4月27日(日)にやります。場所は泉の森ホ-ル2階大会議室です。誰でも参加できますから、来て下さいねーpaper

今年の総会は、関空二期が開港してから初めての総会になります。関西新空港が開港してからもう14年たちますが、みなさん、何かいいことがありましたか?ほとんどの住民は「いいことは何もなかった」と言います。タオル、ワイヤーロープなど地場産業は壊滅して仕事がありません。失業率は高く、関空の仕事は非正規職ばかりで、先端産業は来ませんでした。他方、泉佐野市は空港関連事業でだまされ失敗し、赤字再建団体寸前までいきました。市民と職員が犠牲にされて、やっと赤字を解消しました。保育料、水道料金など公共料金は全部値上げされ、家庭ごみまで有料化さました。市民は怒り、反対運動を起こし、新田谷市長を厳しく批判しました。さらに空港連絡橋まで国有化されることになり、8億円もの税金が減収になります。10年間で50億円も減免しながら、新田谷市長は何をしていたのか!市長は「だまされた」weepと慌てて国に陳情に行きましたが、軽くあしらわれたようです。「だまされた」というのなら、今からでも50億円を取り返してこい!と言いたい。結局、関空と地元の「共存共栄」はなかった!ということがはっきりしたのです。

私が一番反対しているのが、関空の軍事空港化です。すでに米軍は昨年から「民間空港の優先使用」を要求し、国は認めて調査をしたようです。すでに計画ができているのです。が、公表していません。連絡橋の国有化も、軍事使用のためです。警察は真っ先に警備するのが連絡橋です。関空の最大の弱点であり、関空の軍事使用にとって国有化は不可欠だということです。国は、軍事のためなら地元のことなど何も考えていません。昔も今も同じです。この問題が一番大きな問題です。

しかし、関空で働く労働者、自治体労働者、地元住民が反対して闘えば、関空は止まってしまいます。結局、労働者と住民が関空の運命を握っているのです。闘えば勝てるのです。

今年の総会は、これまでの運動を総括し、新たな空港反対運動に乗り出していきたいと考えています。参加してください。

日時:4月27日(日)13:30~ 所:泉の森ホール2階大会議室

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

京都で入管交流集会

0804201 4月20日、京都大学で第17回外登法・入管法と民族差別を撃つ関西研究交流集会が開かれました。毎年4月に開かれています。今年は、韓国民主労総ソウル地域本部からイジェヨン本部長を招いて開かれ300人以上が参加し、教室が満杯で立ち見が出ました。他にビルマ、イラク、クルドの滞日労働者が参加しました。集会は、非常に盛り上がり、「労働者に国境はない。世界の労働者は団結しよう!」と締めくくりました。

0804202基調報告は、在日の実行委員会メンバーがやりました。これまでの交流集会を引き継ぎながら、「支配階級によって築かれた分断の壁をうち砕き、民族・国籍・国境を越えた労働者階級の団結を固めてゆくのが、新たな、そして本来の入管闘争です」と高らかに宣言しました。

写真は、イジェヨンさんです。「労働者は国境を越えて」と題して約40分の講演がありました。「民主労総ソウル本部は、資本主義を超える新たな社会建設に向けて、労働者が国境を越えて団結しなければならないと考える。資本家たちの搾取と抑圧、分断支配の戦略を乗り越えて、人種、民族、宗教、雇用形態、性別を越えて闘うとき、新たな世界への希望を切り開くことができる。トゥジェン!」と熱烈に訴えられました。

0804204 写真は、田中康宏・動労千葉委員長です。イジェヨンさんのつぎに講演しました。「階級的労働運動の前進」という題で、参加者にわかりやすく講演しました。

帝国主義の最末期の政策である新自由主義、資本家だけが生き延びるために世界中の労働者を犠牲にしている。それに対して世界中で労働者が立ち上がり始めている。ストや食糧暴動が起きている。イラクでは労働者がアメリカの石油支配を止めている。新自由主義は帝国主義の最後の姿。世界中の労働者が国境を越えて団結すれば、革命ができる。国際連帯は、闘う労働組合同士が出会えば、すぐに団結できる。韓国の民主労総、アメリカのILWUなど。もっともっと拡大する情勢が来た、と訴えました。

つぎは、5月11日(日)横浜市教育会館ホールで東京集会があります。参加できる人は参加してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

第2回泉州ワーカーズスクール

080405 5日に堺市内のおしゃれなカフェで第2回ワーカーズスクールをやりました。前回と違い、今回は暖かかったので、店のシャッターを開けていて、きれいな夕日とヨットが見える抜群の景色を横に見ながら、学習しました。すごくよかったですよ~happy01yacht 

労働組合法、労働基準法の基礎を勉強したのですが、色々具体的な問題を交えて説明してくれたので非常にわかりやすかったです。労働者の権利は「与えられた権利でなく、血を流して闘いとった権利、自ら行使しなければ、誰も守ってくれない権利」です。労働者は、買いたたかれ、賃下げ競争・首切り競争に巻き込まれてしまわないために、労働者は団結して闘う。民法や刑法だけでは労働者は常に不自由・不平等・従属に追い込まれていくので「契約自由」を労働法で規制するのです。

労働組合が、資本の「不当労働行為」を最大限に使って闘うことは非常に有効なのです。例えば、「会社は赤字、賃上げできない」と10年も同じ給料、「根拠を出せ」と言っても「現場にいればわかるやろ」と拒否する。社長は高級外車に乗っているのに。腹が立つが、なかなか勝てない事例があります。

しかしこれは、許されません。社長は赤字の根拠を示さず、資料も出さずに、言い張るだけ、しかも外車を乗り回してぜいたくしている、このような事例はたくさんあります。資本家は、自分の利益だけが目的ですから、いつも賃下げを考えているのです。これこそ不誠実団交=実質的な団交拒否であり、不当労働行為です。労働組合法違反です。労働者は腹を立てるが、言うだけでは資本家は聞きませんから、職場に訴え、団結を広げ、資本家がいやがる闘いをしていくです。

参加した人からの経験談がありました。例えば、「○○社長は労働者いじめをやめろ」と書いたゼッケンをつけて、社長の家の周辺道路を清掃する。何十人も動員して掃除する。当然、目立つから近所の人が見に来る。噂になる。社長は警察に訴えるが、掃除活動を取り締まる法律はないから警察も手出しできない。社長が音を上げるまでやり続けるというのです。闘う者からは、色々知恵は出てくるものです。scissors

勉強の後は、同じ場所で懇親会です。カフェで学校をやる一番いいところは、場所を変えずにそのまま懇親会に移れることです。みんな帰らずに楽しく過ごしました。自己紹介や職場のこと、腹の立つこと、痛快なこと、よかったですよ~sign04

次回は、6月14日(土)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

三里塚闘争に1520人

080330 3月30日、三里塚闘争が成田市の現地でありました。主催は、42年間不屈に闘う三里塚芝山連合空港反対同盟です。この日は、全国から1520人が集まり、熱気ある集会、デモになりましたsign03

集会は、成田空港B滑走路の東横にある市東さんの畑で開かれました。広い畑を埋める農民、労働者、学生、住民など様々な団体、個人の参加ありました。始めて三里塚に来た青年も多数いました。それぞれ旗やゼッケン、プラカードを持って参加していました。

私は、毎年3月と10月の全国集会には参加しています。しかし今回は、みんなの意気込みが違っていました。国が「市東さんの土地を取る」という緊迫した情勢で、これを絶対に阻止するsign03という決意がみなぎっていました。関西からも多数参加していました。

また今回は労働組合やゼッケンをつけた労働者が多かった。末期帝国主義である新自由主義が、労働者も農民もワーキングプアー状態にしていることに対し、「生きさせろ!」と命の叫びをあげて闘う、労農連帯が急速に広がっているのです。

関西新空港に反対するわれわれは、三里塚闘争に学んで30数年闘ってきました。三里塚闘争の勝利が全国の空港反対闘争、農民闘争、権力闘争の未来を開くのです。ともに闘いましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

第2回泉州ワーカーズスクール

4月5日(土)午後6時から、第2回泉州ワーカーズスクールをやります。flair 今回は、前回に続いて「労働者の権利~こんなこともできるんや! その2」です。 

いよいよ労働組合法、労働基準法の内容が、実際に現場で起こっていることをどう考えるのか、どんな権利があるのか、どんなことができるのか、具体的に勉強したいと思います。質疑の時間を十分に取ってあるそうなので、誰でも来てもらっていいし、何でも質問してください。

また勉強の後で、楽しい交流会もありますよ。おしゃれなパンゲアの料理noodleもでます。楽しみですね~wink

と き:4月5日(土)午後6時~8時

ところ:コミュニティーカフェ パンゲア (堺市堺区戎島5丁9)

参加費:500円(ドリンク込み)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

3月議会が終わりました

27日、最後の最後になってとんでもないことが起きた!当初予算が通った直後に、補正予算を出してくるとは!downwardright一般会計補正予算(第1号)、次世代育成地域交流施設整備事業費2億1726万1千円の追加です。普通なら当初予算に入れて、予算委員会で審議すべきです。それを急きょ補正予算にして、全員協議会で質疑し、本会議で採決するなどというデタラメが通るのが、当市、市議会なのです。絶対に変えないといけない!と強く決意した議会でした。

何のことか?というと、宝くじ協会の補助金1億円をもらうために、「府の指導・助言」で慌ててこうしたとのことです。「08年度予算に次世代育成地域交流施設整備事業費を入れないと補助金がもらえない」ということらしいのです。何故かというと、宝くじ補助は「単年度で事業を完了すること」が条件です。現状は、12月議会で「繰越明許」したままで、08年度当初予算にはどこにも出てこないのです。つまり予算組みでは、「07年度事業を年度をまたいで08年度にやる」としか解釈できないからです。これでは「単年度事業」という条件をクリアできないので、慌てて大阪府が指導・助言したということが真相です。

昨年12月議会でも私は、「繰越明許で単年度事業になるのか」と質問しました。坂田市長公室長は「府と調整できている。万全を期す」と言っていたのですから。厚生文教委員会でも同趣旨の答弁をしています。今回の補正は、ミスの連続であり、議会と市民を愚弄したやり方です。

根本問題は、2億3千万円もかけるような事業なのか、今必要なのか、ということです。次世代育成施設「つどいの広場」はどこの市でも、駅に近い空き店舗や保育所空き教室、空き家等でやっており、そんなに税金をかける事業ではないのです。本当の目的は、三中校区集会所ですが、これも今すぐ必要なものでもありません。上の篭池を埋め立てればそこに作った方がよっぽど安くできます。どこから考えてもムダな事業です。

私と高道議員が反対討論した。さすがに賛成討論はなかった!反対したのは、6議員これまでより増えた。しかし以前に反対した公明党が賛成に回り、裏切った。勝ち馬に乗るような選択で、思想も信念も感じられないやり方です。市民のみなさん、議会での議論、チエック度をしっかり見てください。私はビラや宣伝カーで暴露しながら、市民のみなさん、労働者のみなさんとともに闘います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »