« 八尾市の住宅追い出し、年金差押え許すな! | トップページ | バザーに来ていただいてありがとうございました! »

2008年2月29日 (金)

老人に「死ね」という後期高齢者医療制度

0802151  2月15日、後期高齢者医療制度の広域連合議会が府庁別館であったので、抗議と傍聴に行ってきました。

 写真は、入り口で職員とガードマンがずらっ~と並んで傍聴者を威圧しているのでしょうが、みんな下を向いて恥ずかしそうdownwardrightにしています。抗議しているのが戸田・門真市議、抗議に対して横を向いているのが九鬼事務局長です。連合議会は抗議や傍聴に来て欲しくない態度がみえみえpunchです。

  この日は、予算議会でした。来年度の保険料を決め、高齢者から取り立てていくための議会です。880万府民の命運を決めるのに、議員はたったの20人です。野党は共産党の2人だけです。予算議会だというのに、18人の与党議員はただの一言も発言せずに2時間黙って座り、予算と議案に賛成しただけです。傍聴席から、「何しに来たんや!黙って座っているだけか!」「賛成意見があるのなら言って見ろ!」「恥ずかしくないんか!」とヤジが飛びます。それでも黙って座っているだけ!府民のみなさん、こんな広域議会、必要がありません!

 国は、75歳以上を「後期高齢者」、65才~74才を「前期高齢者」と名付け、4月から75歳以上の後期高齢者を別立ての保険にすると決めたのです。夫婦であっても1人1人別々の保険にして両方から保険料を取るようにしたのです。しかも年金から強制的に天引きします。介護保険と同じです。大阪府は平均の保険料が年10万1449円=月8500円と全国で3番目に高いのです。これまでは子供の保険に入っていた人も別立ての保険にされ、保険料を取られます。こんな悪い制度なのに、自公ら与党議員は黙って賛成しているのです。

 問題は、強制加入、高い保険料、診療を制限する、滞納したら保険証の取り上げ、入院しにくくするなど、高齢者は「はよ死ね!」というひどい制度!こんなものは絶対反対!撤回しかない!(下に続く)

 28日、議員ネットで勉強会をしました。この制度のねらいは①なるべく入院させない、②入院したら早めに退院させる、③薬を出きるだけ少なく、④死ぬときは在宅で、⑤生きているうちに死に方を決めておく、などであるということで意見がまとまり、絶対反対!撤回させるまで闘う!となりました。

 この制度は、小泉時代に骨太方針で「5年間で医療費を1兆1千億円減らす」と決め、毎年2200億円づつ削減しているのです。その柱が後期高齢者医療制度で、75才以上を分離して、つまり世代分離して、医療費を負担させるということです。相互扶助制度を根本的に破壊するということです。年取れば身体が弱り病気になるのは当たり前です。しかし小泉は新自由主義の考えそのもので「働けない人間に企業、国は使う金はない」「働けなくなったら、はよ死ね」と言っているのです。高齢者は労働者家族です。この問題は、労働者の問題そのものです。

 日本は「高齢化社会になり、医療費の負担に耐えられない」という意見を聞きますが、日本の医療費は、OECDの中では最低水準です。医師の人数も最低です。「医療費が多い」というのはウソですpunchdash

 小泉よ、福田よ、ウソをついて高齢者、労働者から金を取るな!絶対反対で闘いましょうsign03

|

« 八尾市の住宅追い出し、年金差押え許すな! | トップページ | バザーに来ていただいてありがとうございました! »

「議員活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/10835947

この記事へのトラックバック一覧です: 老人に「死ね」という後期高齢者医療制度:

« 八尾市の住宅追い出し、年金差押え許すな! | トップページ | バザーに来ていただいてありがとうございました! »