« 関空反対集会(27日)に170人 | トップページ | 府立母子センターに勉強に行ってきました »

2008年2月 1日 (金)

関空連絡橋問題で陳情は失敗に

 市長と15人の議員が1泊2日(1月29日~30日)国交省と総務省、厚労省に陳情に行ったことが新聞に出たので知っている方も多いと思います。色々書かれていますが、誤解も多いと思いますので私の考えを書きます。

 税減収分の4分の3を交付税で国が出すのは交付税制度そのもので、連絡橋に限ったものではありません。

地方交付税は、基準財政需要額-基準財政収入額=地方交付税です。税収が多い市は、基準財政収入額が大きいので、地方交付税はもらえません。泉佐野市は、07年、08年はもらっていません。06年度は6億5千万円、07年度は2億8千万円でした。岸和田市は税収が少ないので131億円もらっています。貝塚市も36億円もらっています。

報道では「連絡橋の税収8億円のうち4分の3のに当たる6億円が補填される」ように書いています。これを取りに陳情に行ったのなら、笑われます。わざわざ市長と15人の議員が1泊2日もかけて行く必要がない、行かなくても補填されるからです。

 陳情に行った議員から聞いた話では「成果はなかった。とにかく陳情したということやな」との報告でした。6億円を交付税でもらうだけなら行く必要がないからです。しかも、2009年度はたばこ税が10億円ほど増える見込みで税収が基準財政需要額を超えそうなので、交付税はもらえない不交付団体になる可能性が高いからです。そうすると、税収は8億円減るばかりで、6億円も入らないのです。

 今回の陳情は、松浪健四郎・議員を通して国交省、総務省に行ったようで、国賀と共産党3人には声をかけず、他の議員で行ったようです。しかし各省との交渉はできておらず、よい回答はもらえなかった。「8億円の減収分は交付税の制度で。泉佐野市だけ特別扱いはできない」と言われたようで、失敗に終わったようです。

 結局、「空港と地元の共存共栄」はなかった!ということだ!向江前市長、新田谷市長、2人とも「共存共栄」を理由に連絡橋を減免してきました。減免額は10年間で50億円にもなります!しかし10年の期限が終わったら、1年後に「国有化」を言い出したのです。最初から国は「共存共栄」なんか考えてもいなっかっということです。軍事空港にするために、国有化したのであり、軍事空港と地元が「共存共栄」するはずがないということです。

|

« 関空反対集会(27日)に170人 | トップページ | 府立母子センターに勉強に行ってきました »

「空港問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/287753/10189348

この記事へのトラックバック一覧です: 関空連絡橋問題で陳情は失敗に:

« 関空反対集会(27日)に170人 | トップページ | 府立母子センターに勉強に行ってきました »