« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月25日 (日)

三里塚公開講座

071122 22日午後6時半から大阪市内で「三里塚公開講座」がありました。三里塚空港反対同盟の顧問弁護士である葉山岳夫さんが「農地死守・空港廃港、裁判闘争に勝利しよう!」という題で講演されました。

多くの裁判をやっていますが、講演では6つの裁判闘争の報告をされました。そのうちでも市東孝雄さんの農地取り上げに対する裁判闘争が中心になりました。全てを覚えていませんが、市東さんの農地問題で印象に残ったことを書きます。

市東さんに立ち退きを要求している農地は、明治の時代から4代90年にわたって耕作してきた農地です。日本の敗戦で農地解放したときに、たまたま東一さんが捕虜になりシベリアにいたために帰国が遅れ、小作のままできた農地です。これなら民法の好意による占有10年以上で、普通なら市東さんの農地になっているはずです。また農地法は農業、農民を保護するための法律ですから、農地法で小作地を取り上げたことなどなかったはずです。こんな理不尽なことは絶対に認めてはいけない。

三里塚には法律はない!憲法も農地法も全部なしにして、国家権力が本性をむき出しに暴力で襲いかかってくる階級闘争の最前線なのです。だから世界的に有名ですし、韓国の民主労総も学びにくるのです。すごい闘争なのです!だから私は絶対に勝利させるために闘うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

後期高齢者医療 広域連合議会に抗議!

0711222 11月22日大阪府庁別館で後期高齢者医療制度・広域連合議会があり、「史上最悪の医療制度」「無茶無茶高い保険料」を決めようとするので、抗議に行ってきました。

議場と称する会議室は狭く、約200人が傍聴に来たのに、事務局職員がたった「30人しか入れない」と言うために入り口で「入れろ!入れろ!」「俺たちの問題だぞ!当事者を入れろ」「こんな大事な問題でたった30人とは納得できん!」と怒って職員にぶつかっていきました。最後は警察とガードマンを動員して強引に排除しましたが、許せない!もっと広い会場を確保して、誰でも傍聴できるようにしろ!下に抗議する様子をデジカメでとった映像を添付しましたので見てください。

「ビデオ-1.wmv」をダウンロード  「ビデオ-2.wmv」をダウンロード

続きを読む "後期高齢者医療 広域連合議会に抗議!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

ビラ配っています

「窓76.」をダウンロード 10月末から議会報告『市政の窓』を配っています。今回は、民営化の問題とごみ有料化した問題を中心に、監査請求を棄却した結果、市長が答弁拒否した恥ずかしい事態、後期高齢者医療制度問題、労働相談などを載せました。内容は豊かになったと思っています。

毎日毎日、各地域にポスティングしています。評判は上々です。手伝ってもらえる方を募集しています。よろしく!(^_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

北中小学校の視察

071113 先月から議会で小学校の視察を始め、8校と給食センターを回りました。今日は北中小学校でした。グランドは体育館の建て替え工事中(築後50年で、一番古い体育館だった。再来年2月完成予定)で狭くなっていましたが、子供たちは元気に体育の授業をしていました。私達の姿を見ると、早速あいさつしてくれました。さすが北中小!あいさつ運動の成果でしょう。副田校長から説明を受け、授業を参観しました。子供たちは授業に集中して熱心に勉強していましたね~(^_^)。1年生から6年生まで、どのクラスも先生の方を向いて集中して勉強していました。視察した小学校の中でも最もいいクラスに入ると感じました。しかし中学校へ行くと、どうして荒れるのでしょうかね(-_-;)

校舎は築後25年~30年です。やっぱり古い印象でした。それでも市内の小学校の中では中くらいの古さ、第1小学校は築後50年の校舎で勉強したいる。教育にお金をかけてこなかった市行政が実感され、早く教育環境を抜本的に改善すべきと決意を新たにしました。

北中小学校のHPは3年連続で大阪府の代表に選ばれたそうです。私達の視察ももうアップされています。北中小HPhttp://www.ed.city.izumisano.osaka.jp/es-kitanaka/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

ナヌムの家からニュースレター

071112 「ナヌムの家」って知っていますか? 1月末からナヌムの家からメールでニュースレターが届き始めました。感激しています。私は2年前の11月、民主労総大会に参加したとき、広州市にあるナヌムの家に行ったことから交流が始まりました。日本軍によって誘拐され、軍隊慰安婦にされた9人のハルモニたちが共同生活しています。彼女たちは、日本帝国主義による侵略戦争を告発し続ける生き証人です。日本帝国主義は、アジア諸国を侵略し、殺し尽くし、奪い尽くし、焼き尽くした「三光作戦」など言語に言い表せないほどのひどいことをやってきました。ハルモニたちは、二度と侵略戦争をやらせないために世界各国を講演して回っています。注目して下さい、カンパを寄せてください、共に闘いましょう。

連絡先:ナヌムの家 464-840 大韓民国 京畿道 広州市 退村面 元堂里 65 E-mail:  nanum365@gmail.com   Web:  www.nanum.org  Tel: +82-(0)31-768-0064   Fax: +82-(0)31-768-0814

「ナヌムの家」とは太平洋戦争末期、日帝 によって性暴力を強いられた日本軍「慰安婦」被害の生存者であるハルモニ たちが集まり生活している場所です。1992年6月に結成された「ナヌムの家建立推進委員会」は日本軍「慰安婦」の被害女性たちに生活の場を用意してあげたいという趣旨から、仏教団体及び各市民団体に募金活動を呼び掛け始めました。 その結果1992年10月、ソウル市麻浦区西橋洞で初めて「ナヌムの家」開所式を行いました。以後には明倫洞や恵化洞での活動を経て、1995年12月チョヨンジャ氏より寄贈して頂いた、京幾道広州市退村面所在の650坪余の土地に、建坪180坪(生活館二棟と、仏堂及び修練館として使用する一棟)の高齢者居住福祉施設を新築しました。現在は850坪の土地に98年開館した「日本軍『慰安婦』歴史館」を含む300坪の施設があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

決算委員会が終わった

決算委員会が11月7日~9日まであり、3日間集中してやったのでへとへとになりました。(/_;) 昨年度の決算ですが、問題は多々ありました。

①次世代育成施設=第三中学校区集会所の件で、予算流用していたことを追及したところ、市長は市民の訴えた裁判に「『よくやるなあ』という感想だ」と市民を愚弄しています。「よくやるなあ」じゃあないだろう!違法だと訴えられるような予算流用したことを隠して事業を進めようとしたことをこそ、反省すべきです。※もっと驚き、怒ったのは「19年度では難しくなったので、20年に宝くじ助成をいただくようにする」と言ったことです。来年度で宝くじ補助金をもらえるのなら、何もあわてて予算を流用しなくてもよかったのです。職員をかり出して業務を急がせる必要はなかったのです。この点でも、宝くじ補助金をもらえるかもしれないと喜んで、あわてて事業を決めてやった出発点から失敗したことがよくわかります。

②ごみ有料化してごみ袋代の収入が1億4千万円もあるのに、たった1500万円しか余らない、廃プラスチックの再資源化に回せないのはおかしい、無駄な使い方をしていることが明らかになりました。ごみ袋製作費などに約7千万円、人件費と不法投棄監視に2600万円も使っていることが問題です。やはり再資源化を先に始めずに、赤字補填のために有料化した間違いが出てきているのです。やり直すしかありません。

その他の問題点は、次回以降に載せます。よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 6日 (火)

すごかった11・4集会・デモ

071104 11月4日東京日比谷野音で日韓米の労働者が集まった決起集会があり参加してきました。今年は5700人が参加し、戦闘的な発言が相次ぎ、国際連帯が一段と進みました。

圧巻だったのはデモです。警察が規制・弾圧し、右翼街宣車がつっこんでくる中、デモ隊はそれをはね返し、一番人通りの多い銀座・数寄屋橋交差点付近では車道いっぱいに広がり、解放区を作りました。デモ隊 が銀座を解放区0711042にしたのは40年ぶりのことだそうです。1人の仲間が逮捕されたようですが、参加した人たちは「警察をけちらしたデモははじめて。おもしろかった!」(笑)と言っていました。写真上は、アメリカ、韓国・民主労総のデモ隊です。下が銀座あたりのデモ隊。交差点道路いっぱいに広がって市民がデモに参加しています。やっぱりデモは警察をぶっ飛ばして道路いっぱいに広がった開放的なものがいいですね!

集会とデモはhttp://www.geocities.jp/nov_rally/http://www.doro-chiba.org/で見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

全国労働者総決起集会に参加しよう

P061105_011 11月4日(日)正午から、東京の日比谷野外音楽堂で「全国労働者総決起集会」が開かれます。写真は、昨年の集会です。URLはhttp://www.geocities.jp/nov_rally/です。

毎年11月第1日曜日に開かれています。年々参加者が増え、アメリカ、韓国の労働組合の参加も広がっています。今年は「改憲・戦争・貧困・格差社会をぶっ飛ばせ!」をスローガンにしています。

何よりも、沖縄12万人集会の先頭に立った沖縄県高教組の松田寛委員長が来て特別アピールします。またアメリカからは、「生徒を軍隊に渡さない」闘うロスアンゼルス統一教員組合の労働者が新たに来て発言します。他にILWU、AMFAの労働者も来ます。韓国からは、民主労総ソウル本部、イーランド一般労組律動グループ、全国公務員労働組合が来ます。

今こそ、国際連帯を強め、アメリカのイラク戦争を止め、労働者が主人公の社会に変革するために闘う時です。集まってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

市民が市長を訴える!

10月30日、市民6人で市長を訴えて行政訴訟が起こされました!訴訟は「泉佐野市次世代育成地域交流施設整備事業公金支出事件」です。予算流用した公金5826310円は「違法支出であるので、新田谷市長は泉佐野市に返還せよ」というものです。

これは、議会で問題になり、8月10日に105名で住民監査請求した事件です。次世代育成整備(子育て支援「つどいの広場」)事業ですが、本当の目的は第三中校区集会所です。これを造るのに、事業認定していない段階に基本設計、測量など5事業を違法に予算流用したものです。

10月1日に監査委員が請求を棄却したので、行政訴訟を起こしたのです。市長は、この事業で宝くじ協会の補助金1億円をもらうために、「単年度事業」という補助金の条件をクリアするために、違法と知りつつ前年度予算を流用して事業を始めたのです。事業費が2億3千万円もいります。財政危機の中で、市民にさんざん負担させておきながら、必要性の乏しい事業に巨額の税金を投じることに異議が起きたのです。

市民が訴訟を起こしてまで異議を唱えている事業に、市長はじめ幹部職員は反省して事業を中止すべきです。

続きを読む "市民が市長を訴える!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »